プロの思考・戦術を復刻掲載!【第21回・SLOT魔法少女まどか☆マギカ編】

客判別を駆使した状況推測

パチスロ攻略マガジン内企画「ヘミニクのスロかつ!」2014年4月号より順次転載

この日向かったのは6枚交換のパチ屋。

自宅から電車で1時間、電車賃は往復で約1500円の駅に位置するお店。

交通費がちょいと高めなんですが、よくよく地図を見てみると直線距離なら原付で40分程度の道のり。

ガソリン代なんて微々たるものなので、コスパ的にも原付で行った方が良いのではなかろうか? 

そんな軽い気持ちで原付出動したらば、店に到着した頃にはもう全身がガックブル。

冬の寒空を原付で40分ぶっ通して走行するその意味を、甘く見てましたよ…。

 

さて、ガタガタ震えながら入店したこのお店、本日は指定された3機種の内どれかがニブイチで設定56とのこと。

それを受けて僕がチョイスしたのはSLOT魔法少女まどか☆マギカ。

え? ただ打ちたいだけだろう? 

いや違いますって! 

確かに2014年のマイスロミー賞に選んだりしたけども、ちゃんと理由があるんです。

それは、まどか☆マギカに座った客層(の実力)が強めだったから。

上手い打ち手がみんな粘り続ければその機種が対象である可能性が高くなるし、こぞってヤメた場合はその可能性は低下する。

シマの客層が強ければ、客の動向による押し引きが成り立ちやすいんです。

自分のようにピンで動いている人間には、その打ち手がどの程度設定を意識して打っているかを見抜く客判別と、それに伴う動きで状況を判断するスキルはとても大事だと思うんですよね。

てことで、他の台の挙動が見やすい場所から遊技開始。

早々にART直当たりを2回確認するなど、推測要素的にもかなり順調。

他の台もドル箱を積み始めてるし、これは貰ったんじゃないの!? 

…と思い始めたあたりで、他の打ち手が続々とヤメ。

差枚プラスの台すらヤメてしまったので、この時点で対象シマではない可能性が非常に高い。

こうなると多少挙動が良くてもヤメるべき…なんですが、自分の台を推測ツールにかけてみると設定6の可能性が60%超とやたら高い。

もしや、フェイクを兼ねて1台くらいは設定6を使っているのではなかろうか…? 

そんな淡い期待に願いを込めて、続行!

…が、そう思い通りに事が運べば、どれだけパチスロは楽か。

その後はみるみる推測要素が低下していき、ツール的にも設定4まで低下。

対象シマではないことを考慮すれば、設定56の可能性は激薄。

設定4の可能性は高いものの、6枚交換なので設定4では追えません。

結果、無念のマイナス収支&ツモれず撤収。

ただ、今回追ったのは少なくとも設定4以上はあると思えたから。

最低でも設定4の保障があって追うのはまあアリだと思います。

とはいえ今回のベストなヤメ時は対象シマでは無いと判断したときでしたね。

…いや、決して好きな機種だから続行した訳ではないですよ!?

現在のヘミニクから一言!

このホールも覚えてますね。

5回くらい行った記憶があるけどツモれた記憶全く無し。(笑)

今にして思うと、店内に存在する高設定の数に対して客層がキツかった。

6枚交換てことも踏まえればあまりオイシイホールではなかった気がします。

客判別はメチャ大事ですが、そのホールに通い慣れてないと精度が低いので過信は禁物。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー