2018年の記事ながら今でも十分通用する! 勝つための情報がここに!!【PLAY BACK/優良ホール鑑定術①】

優良ホールを見つけるためのノウハウを本サイトライター陣がガチ伝授!!

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2018年5月号掲載記事

今回のPLAY BACKは2018年5月号の「パチスロ攻略マガジンドラゴン」から。

「パチスロ新生活応援キャンペーン」と銘打たれた記事にある「勝てる!!優良ホール鑑定術」をお届け。

記事内に掲載されている機種名は2018年当時のもののため、現在設置されていない機種が大半を占めるものの、記事内容に関しては今現在でも通用するものばかり。この記事を踏まえて、現在の機種や状況に置き換えていけば、勝率アップの手助けとなるはずだ。

それでは2018年5月の記事をWEB版で完全振り返り!!


ホールの「気づいてほしい」を逃さない!

広告規制により見抜く力が必要になっている

「昔は良かった…」

ことパチスロ業界おいては主に4号機のストック機や高純増AT機時代を懐かしんで使われるワードであるが、最近はホール営業面を指すことも多くなってきたと感じる。

つい数年前まではホール毎に○のつく日はスペシャルデーと大々的に告知し、ホール内においても確定札やリール7揃いでの高設定示唆をバンバン行っていた事実。さらには開店前にボーナスフラグを予め仕込んでおくモーニングも存在し、まっさらなジャグラーシマに足を踏み入れると、全台GOGOランプ点灯でお出迎えなんてこともあったとか。

…が、昨今の広告規制によりこれらは一切行えなくなってしまったのは皆さんご存知の通り。では、これによりパチスロは食えなくなったかと問われると答えはNOである。ホールが発する小さくても何かしらのサインを読み取り、プラス収支に繋げている面々が確かにいるのである。

今回は彼らなりの視点を、特別に皆さんと共有していこう!

パチスロを始めた当初から今日まで、同じ地域の同じ店舗がテリトリーになっています。電車が苦手なので、移動距離は自転車で片道最大30分。競い合うように、ひとつのホールの状況が悪くなると、今まで悪かったホールの状況が良くなるなど、なんだかんだで立ち回れている状況が続いています。

より多くのホール状況を把握しておく事で、普段高設定を使わないホールが急に高設定を使い始めたなどの状況の変化にも気付ける可能性も上がる。またハイエナ面でも1店舗でやるよりも色んなホールを駆使した方が効率良いので、どんなホールであっても多くホールの状況を知っておく事がとても大事。

 

基本的に足は使わないタイプなので、ネットで詳細なデータを公開しているホールが理想。そもそもネットやSNSで出玉情報を公開している店は優良店であることが多い(公開する自信がある)。もちろんダメなホールも存在するが、まったく高設定を使わないという店は皆無だろう。

それ以外だと環境も気にする。体がでかいので足元や台間の広さをチェックし、あまりにも狭いホールは避ける。また冷暖房が直接当たらないか…など、体調に関わる部分は気にしますね。そしてプロは少ないほうがいい。

今回はここまで! 次回更新(8月25日更新)では、打つ前に見るべきポイントを各ライターが伝授! 役に立つこと間違いなし! 必読!!

ライター紹介

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー