思考停止後に脳汁があふれ出す! 夢の一撃「フリーズ演出」の20年間に迫る!!【PLAY BACK/フリーズ列伝①】

1999年の2月に創刊されたパチスロ攻略マガジンの兄弟誌となるパチスロ攻略マガジンドラゴン。その20周年の特別企画として先週までお伝えした「爆裂の系譜」に続き、今回は同号に掲載された「フリーズ列伝」をPLAY BACK! 

誌面内容をWEB版として完全再現。週1回の更新で、各ライター陣のフリーズ体験談から1999~2019年までのフリーズ演出の変遷を紹介していくぞ。

あの衝撃の一瞬が、この記事を読むことで脳内再生されること間違いなし!!


パチスロ攻略マガジンドラゴン 2019年4月号

強烈な違和感に思考停止…そして脳汁が溢れ出す

「フリーズ」…世間一般的にはパソコンやスマホで遭遇するもの、もしくは何かが凍り付くさまだったりと、どちらかと言えばネガティブなイメージが湧く単語なのだが、我々にとっては180度違う。そう、フリーズとは灼熱なのである!

この演出が生まれたのがちょうど20年前の1999年、偶然にも本誌・ドラゴンと同い年。ならば一緒に20周年を祝っちゃおうと始まったのが当企画だ。まず、始めの第一部では、スロマガスタッフ陣が遭遇したフリーズ体験談を披露。そして第2部は今のホールで実際に引けるフリーズ群を恩恵・出現率・演出、全てのデータを網羅して紹介!

この一撃さえあれば設定なんて関係なし! 君の夢を叶える最強のプレミアム企画を堪能あれ!


様々な感情を呼び起こすロングフリーズの思い出を軍団・ライター陣が振り返る!

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2019年4月号

◆戦国コレクション2◆

確実に2000枚は魅力!

もちろん北斗や番長シリーズも考えたのだが…やはりロングフリーズが魅力的な機種と言えば戦コレ2だろう。

レジェンド役成立時の50%と発生率はかなり低めに抑えられてはいるが、引けた時は何と世界制覇2周(AT×16セット)が確定する。1周が最低でも約1000枚出るので、これを引いただけで約2000枚以上が確定。絶対に出ますっていうのは他にない魅力だろう。

ちなみに本機の初打ち時、すでに5000枚近く持っている状況でこれを引いた。しっかりと2周完走&上乗せを頂いて、トータルで約8000枚も出たのは良い思い出。

◆ミリオンゴッドー神々の凱旋ー◆

虚を貫いたアルテミスの矢

これだけ凱旋を打っていればガセかどうかは、当たる頃にはほぼほぼ把握できてしまう。前兆状態が16Gを突破すりゃ本前兆濃厚で、やがて始まる「決まる」瞬間も、手に取るように分かったりする。

そもそも虚を衝くことが、フリーズの魅力の大きな要素であるわけだが、その最も強烈なタイミングだった。本前兆を確信し、奇数テンパイが続く。ああ、ぼちぼちだというところで飛んできたアルテミスの矢。左に止まった7図柄に対して浮かんだクエスチョンマークを解決する前に、画面がブラックアウト。

第1停止フリーズのPGG、至高だね。

◆SLOT魔法少女まどか☆マギカ◆

◆快盗天使ツインエンジェル2◆

◆スナイパイ72◆

◆ウイングマン◆

◆政宗2◆

◆アナザーゴッドハーデスー奪われたZEUSver.ー


今回はここまで! ライター陣のフリーズ体験談「ロングフリーズ回想録」後編は来週(7月20日)更新予定! お楽しみに。

ライター紹介

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー