頼む、このまま閉店まで走ってくれ【第73回・ゴーゴージャグラー編】

やはり不安を感じてしまう

パチスロ攻略マガジン内企画「ヘミニクのスロかつ!」2014年4月号より順次転載

→過去の記事はコチラから

 

「なんだよ、ヘミもここ来たのかよ。皆行く店に困ってんだなあ」

朝、パチ屋の抽選の列に並んだ際、知り合いの常連Oさんに言われた言葉。

本日このホールはジャグラーが対象機種となる特定日で、先々月あたりまではジャグラーは3分の1で高設定くらいありそうな、なかなか良好な状況でした。

しかし、回数を重ねるごとに並び人数も増え、更に設定状況も徐々に悪化。

なぜ並び人数が増えるのに設定状況が悪化するのかというと、これは推測ですが、増えているのは金を落とさないお客(いわゆるプロ勢)ばかりなので、結局のところお店の利益にはならないからだと思われます。

良い状況のホールにプロがわんさか集まって状況が衰退していく、都内ではよく見る光景です。

そしてこのホールもそれに近い状態。

ただ、それでも僕は、まだギリギリいけるだろうと踏んでいました。

しかし、常連Oさんの口から出たのは冒頭の言葉。

行く店に困っているということは、即ちこのホールも今はそこまで良い状況とは言えないということ。

自分よりもホール状況を把握している人がそう言うと、やはり不安を感じてしまう。

ハマリの連発で合成はみるみる低下

一抹の不安を感じながらも入店、確保したのはゴーゴージャグラー。

通常ならばスペックの高いマイジャグラーⅢを優先するべきなのだろうけど、抽選番号が悪くて確保ならず。

これも打ち手のレベルが上がっていることを物語っています。

ただ、僕はゴーゴージャグラーでも全然良かった。

なぜなら、ホールの設定配分がマイジャグよりもゴージャグの方が優れており、スペックの差をホール側が設定で埋めてくれているような感じだから。

常連のOさんもそれを知ってかゴージャグを確保、ここまでの狙いは大丈夫そう。

打ち始めると序盤からボーナス連打で一気にアドバンテージを築く。

1500G消化の時点でボーナス確率は脅威の65分の1。

なんだ、やっぱりこのホール、まだやれるじゃないか。

早い番号の打ち手がマイジャグに走ってくれるので、遅い番号でもゴージャグに座ることが出来る。

つまり、抽選結果に左右されず狙い台が取れるということ。

それならまだまだ勝機はある。

このとき僕はそう思っていました。

しかし…。

「うーん、やっぱ今日もダメだな」

常連Oさんがそう言ってゴージャグをヤメ。

確かに突き抜けている台はいくつかあるが、全体的にベースが高いかと言ったらそうではなく、弱い挙動の台をいつまでも粘れるという感じではない。

頼む、このまま閉店まで走ってくれ。

そう願いながら打ち続けるも、2000G辺りから台が豹変。

ハマリの連発で合成はみるみる低下。

後半の5000G間はボーナス確率180分の1、設定1以下の確率で推移し、合成は中間設定程度へ転落。

ゴージャグにも中間設定が混じり、客層も厳しい。

やはり常連Oさんの言葉通り、このホールに頼っているようでは駄目なのでしょう。

4&5月は入れ替わりの季節なので、今後頑張るホールを早めに把握したいところです。

 

ゴーゴージャグラー

総ゲーム数…7175G
BIG出現率…1/311.96・23回
REG出現率…1/239.17・30回
ボーナス合成…1/135.38・53回
総獲得枚数…0枚
総投資額…9000円
換金額…0円
収支…-9000円

 

現在のヘミニクから一言!

いやージャグラー煽りで中間設定投入はきついっすね。

この際だから言っておくと、ジャグラーに限らず設定4はライトユーザーに厳しい設定だと思っています。

理由は設定判別が難しい場合が多く、機械割も低くて出玉推移は厳しい展開になってしまうから。

設定4狙いでも勝てる人はいます。

しかしそれはホールの傾向や台の知識をバッチリ掴んでおり、出玉の上振れ下振れに関して揺るぎないメンタルを持っている人、つまりパチスロが上手い人ってことです。

設定4を中間設定だと割り切った上で使うぶんには全然良いと思うんです、それはホールの自由ですから。

ただ、設定4を高設定、当たり台だと言うのはやめてほしいところ。

どっかで見たけど、設定4を高設定だと言うホールは一度自分で設定4を終日ブン回してみてほしいですね。

マジで苦行だから。期待値史上主義者しか粘れないから。

面白コラムから機種攻略まで…パチマガスロマガモバイルでは楽しさと最新情報を随時発信中!

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー