【伝説企画】裏ウラべっかんこ~! 第24回【ハローウイニング編】

〇パチスロ攻略マガジン1998年8月号より転載

「SPA!」の特集を見て、電化製品の進歩にビックリ! 電気がなければ、この世の中生きていけないね!


※裏モノとメーカーは一切関係ありません。

 

 

パチスロ屋ってそんなに儲かるの

次から次へと登場するパチスロ、う〜ん、あたしゃもう付いていけません。

つーか、全然付いていく気なんてないんだけどね。

ホールに設置してあるパチスロは、目まぐるしく入れ替わり、知らない機種続出!

特にスロマガの機種担当なんて無いから、結局打つことなく消えていく機種もたくさんあるんだよね。

パチスロってそんなに安いもんじゃないでしょ。

その分のお金は一体どこから?

みんな勝ってる?

様々な疑問が脳裏をよぎりますが、ハッキリと答えることは、パチンコ(パチスロ)屋って儲かるんだね。

 

パチスロが世に登場し、一体どれくらい経つのだろう。

なんか進歩しているようだけど、日増しに面白くなくなっていると感じているのは僕だけなのでしょうか。

光にしても、オリⅡのそれでいいよ。

いろいろなアイデアがあるんだろうけど、どれもこれも「う~ん」ってな感じですね。

僕的には。

 

なんていうのはどうでも良いんだけど、パチスロの進化よりスゴイのが最近の電化製品の進歩。

もう追いついていけません。

 

ところが、つい先日パソコン屋を覗いたとき、小学生がウインドウズをパコパコやっているのよ。

スゲー光景見ちゃったと思ったんだけど、それが普通なのかねぇ。

編集部もひとり1台のマックで、しかもパワーアップまでさせているし。

つい数年前まではポケベルが主流だったのに、今や携帯がアタリマエ。

インターネットやメールもアタリマエでしょ。

その内、人と会って話すなんてことしなくなる、なんて時代が来たらどうしましょ。

 

バカなこと書いてスミマセン。

ただ何となく思ったコトを書いちゃいました。

許してね。

 

さて、今回の実戦機種ですが、久しぶりに王道の裏モノを打った感じでした。

最近のモノって、チョットしょぼかったじゃないですか。

しかしハローウイニングは、あの無茶苦茶だった頃のパチスロのような素晴らしいゲーム性。

まるで源さんかの如く「確変に入らなければダメですよ」的なノリ。

マジでスゲーよ。

と、チョット昔の機種を打った気分でした。

おしまい(ウソ)。

 

 

ノーマルじゃなくて良かったね!

というワケで、ハローウイニングだ。

情報提供者はボス。

ボスも知り合いに聞いたらしいんだけど、確かな筋とのことだし、「あ~、あの店か」というような店なので確実でしょう。

がしかし、今回は一緒に行ってくれる人がいそうにない。

〆切の関係上、行けそうな人いないし、仕方ない。

ひとりで行きますか。

 

そこへ「あれ、うえはらさんどこ行くんスか」とちょも。

このコーナーの実戦日だということを告げると彼の血が騒いだのか、「うおー、そそられるー、行きてー」と吼えまくり。

彼がこうなったら、もう行くことは確定。

だってメシ1時間前に食っていたクセに、他の人が出前取るとなって「取る?」と聞くと、必ずこの状態に入ってから、必ず食っているからね。

良し、人員確保!

 

すると横で聞いていた拓プロは、「あの店か~、まだリッチマンあるかなぁ〜」と的外れな質問をしてくる。

しかし裏モノ打ちに行くときは人数が多い方が面白いので、「あ~、あるんじゃない」と言うと、どうやら気分は既にリッチマン。

3人目決定でしょう!

 

おい、ホントに来たよ。

みんな自分のページの進行は大丈夫なのかなぁ。

ま、いっか。

俺は順調に進行していることだし。

 

店は編集部からもそれほど遠くなく、30分ほどで到着。

設置も確認し、いざ打ち始めようとしたら、拓プロはホントにリッチマンの方に行っちゃった...。

でも、裏モノ打たせたら納得のいくまでブチ込むちょもがいるから、まぁ大丈夫でしょう。

 

すると3000円で引く。

が、連チャンせず。

追加投資となってもすぐに引き、のまれる。

周りを見てもそんな感じで、ちょもの台もそんな感じ。

コイン持ちも普通だし、ふたりして「こりゃ~ノーマルかもね」という方向になってきた。

大体、いくら何でもこんなに早く裏モノ化する方が考えにくいもんね。

 

が、ちょもの台の様子が一変。

クレジット打ち切るか打ち切らないかのプレイ間隔で連チャンし始めた。

それが2~3つだったらそれほどは怪しまないが、次々とボーナスを引いていく。

また、期を同じくして自分の台も同じ状態に突入。

ふたりして笑いが止まらない。

これは裏モノで確定でしょう。

もらったでしょう!

 

投資は結構かさんでいながらも、これほどの瞬発力を見せてくれるのであれば、十分に逆転は可能な範囲。

初当りもそれほど厳しくないみたいだから、ひょっとすると久しぶりに勝てちゃう...?

なみだなみだのカフェテラス!

隣同士で笑いが止まらぬハローウイニングコンビだが、拓プロはもっと笑いが止まらぬ様子。

「はははー、もうすぐ本日2度目の1000ハマリだよ!!」

って、いつもそうなんだけど、ハマっているときが一番好きな拓プロ。

あんた壊れてるって。

 

さて、このハローウイニングなんだけど、とにかくBIG主体というか、REGだとすっごいガッカリくるくらいの振り分けだな。

REGなんて考えてもいなかったが、連チャン中に1回入った。

ホント考えていなかったから、BIGを3回ほど狙っちゃったじゃねーか。

 

さて、持ちコインとなったのだが、事件勃発!

3つほど隣の席で連チャン中だったサラリーマンらしき人が、なんとクレジット落としてヤメてしまったではないか!

「おーい、ニイチャン、連チャン中だったんじゃないの?」

時間がないのかどうか知らんが、昼休みにパチスロを打つのであれば、裏モノなんだから多少時間に余裕を見ておいた方が良いよ。

 

さーて、どうしたことか。

ここでコインを持っていなければ確実にハイエナするんだけど、僕もちょもも持ちコイン。

ってことは拓プロの登場か...。

「ねえねえ、速チャン中にヤメていった台があるんだけどやる?」

「うるさいなー、もうすぐ天井なんだからほっといてよー」

はい、分かりました。

彼の頭の中にはリッチマンのことしかないようで...。

で、その後その台はどうなったのかというと、おばちゃんが座って見事3連チャンですがしていました。

良かったね。

 

さて、さっきの連チャンが7つまでいったので、当然追加投資はないだろうと思っていたら...。

どうやら僕の考えは甘かったようで。

どうやら天井と思われる700プレイ前後のハマリを計3回喰らいまして、あ~も~イヤだ!

その後はふらふらする次第で(結局、負儲を増やしただけ)、一体何をやっているんだか...。

連れスロ(パチ)の悪いところですね。

 

あれ、そういえば拓プロはどうしたのかなぁ。

「おかしいよあの台。6万5000円入れたのに、1回もタンクオーバーしないんだよ! しかも、横に流れる音もしないんだよ! マジで底無しでしょ!」

...3250枚か。

うん、たぶん裏から抜かれていたに違いないよ。

一体何やってんだか、トホホ...。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー