珍古台の聖地「エコー21(埼玉県本庄市)」さん閉店に寄せて【PLAYBACKパチマガ@2017】

埼玉の果てまで行って旧パチ!

パチンコ攻略マガジン 2017年8月24日発売号
パチンコ攻略マガジン(2017年8月24日発売号)

2021年3月28日、珍古台の聖地として全国的に有名だったパチンコ店、「エコー21(埼玉県本庄市)」さんが珍古台ファンに惜しまれつつ閉店しました。

公式Twitterによれば、

とのこと。長い歴史は、珍古台を愛する層だけではなく、地元のパチンコ好きからも支持されてきた証。

今までお疲れ様でした。

パチンコ攻略マガジンで訪店した際の実戦記をPLAYBACK!

パチンコ攻略マガジンでは、今から4年前の2017年に潜入取材実戦をしていました。

設置機種のラインナップは閉店時とは様変わりしている可能性もありますが、ここで当時の機種を回顧し、在りし日のホールを記録としてここに残したいと思います。

珍古台、FOREVER!!

1P目
連れ打ちしたのは毛玉3号とジャイロキャプテン(現ジャイロ)。
旧パチか、、、何もかもみな懐かしい、、、。
3P目
両替機も懐かしい。機種だけでなく、設備も珍古でした。
4P目
ジャイロの「羽根セブンのセグはいまだ記憶!」ってヤバいですね。
5P目
毛玉3号、10万負けてもプライスレスな遊技体験。

いかがでしたか?

収支度外視しても打ちたくなるような台が溢れてる、って「アソビバ」として素晴らしいですよね。「俺たちパチンコ大好きなんだな!」って実感できるホールでした。

楽しみをありがとう!

毛玉3号からの回顧コメント

毛玉3号「どうも、俺です★ 昨年を上回るペースでパチンコ屋が次々と閉店していますが、昨日『エコー21』というホールが無期限休業を迎えたというニュースをネットで見てビックリ!!

4年くらい前に誌面の企画で伺ったホールやん! 覚えてるよ、覚えていますともッ!! 珍古台を好き勝手打って2日間で10万近く負けたんやもん!

当時から珍古台の聖地として有名だったらしく、店内を飾る珍古台たちが煌めいてたなぁ。レトロな設備も多い中、めちゃくちゃ古い玉貸し機(タイムボカンの敵メカみたいな見た目)がオブジェで置かれていたのを覚えています。当時の誌面に使われてないところを見ると、たしか『玉貸し機』とは気付かずに写メを撮り忘れたんちゃうかったかな?

現在はYouTuberとして活躍しているジャイロさんも若々しいですね☆ ちなみにこの号を最後に、ジャイロの首が神楽坂をコロコロと転がっていきました★」

奇しくもこれが「ジャイロキャプテン卒業号」

上で毛玉も書いてますが、この記事のための取材旅後にすったもんだがありまして、何と掲載と同じ本号でジャイロキャプテンがパチマガを卒業……。

ジャイロキャプテン
右下の囲みに注目。

エコー21さんが閉店のタイミングで、YouTubeでの活躍が勢いを増しているジャイロ。

 

歴史のバトンタッチを予見していたかのような1号でもありました。

ライター紹介

  • 毛玉3号
    編集部
    毛玉3号
    常連投稿者からパチマガ攻略軍団を経て、現在はパチマガスロマガFREE編集部員となった未確認生物。顔出ししていないのをいいことに、機種の攻略要素を探るのが大好き。インスタントかつコンスタントに勝てる方法を日々模索している。

新台導入カレンダー