閉店迫る中でのロングフリーズ【第110回・SLOT魔法少女まどか☆マギカ編】

また打つ頻度が増えてきた

パチスロ攻略マガジン内企画「ヘミニクのスロかつ!」2019年掲載号より転載

→過去の記事はコチラから

 

最近主に打っている機種は 「SLOT魔法少女まどか☆マギカ」 シリーズです。

ええ、まだ打っています、この子たちを。

『2』 なんかはここに来て増台するホールもあったりして、また打つ頻度が増えて来ました。

増台はそのシリーズ全体の稼働促進に繋がるのが、ホール側にとっての利点だと思います。

この日は朝イチの抽選をスカして、数日前に 『まどかシリーズ』 を増台した某店へ。

打ち始めると良好なモード移行と弱チェリーが高設定を感じさせ、しばらくするとART直撃も確認出来きてひと安心。

最低でも設定4はある、あとはまどかちゃんの気分次第。

まどかと戯れる楽しいひとときはあっという間に過ぎ、時刻は21時を回った頃でしょうか。

さてそろそろヤメ時を探らねばなるまいな。

天国も抜けそうだし、ここらが切り上げ時だろう。

ん…? 穢れ中演出が発生。

おやおや、穢れ90pt以上ですか。穢れMAXの可能性もあるので一発当てるまで追いたいところだが、時間的にそんな猶予は無い。

ならばここから200のゾーンまでの間、毎ゲーム液晶パネルをタッチするとしよう。

それで黒セリフが出ればめいいっぱいまで続行、出なかったらそこでヤメ。

それがこの場の良い落としどころってもんだ。

いつもの1秒と価値が違う

えいっ、えいっ。

毎ゲーム、サブ液晶にタッチし続ける僕。

うーん、黒セリフが出ないなあ。

やっぱり穢れMAXではなかったのかなあ。

よし、ゾーンを抜けたらヤメよう。

えいっ、えいっ。

おや? 液晶が反応しないぞ?

バグかな?

あれ、下パネルが消えている。

これは…!?

閉店1時間半前、ロングフリーズ。

初代の総ゲーム数は70万ゲームを数えますが、これが初めてのロンフリ。

ヤメ時を探るモードから、即座に脳みそと姿勢をブン回しモードへスイッチ。

ここからの1秒は、いつもの1秒と価値が違う。

修羅の時間へ突入である。

アルティメットバトルは12連でプラス170G。

よし、これなら大丈夫だ。

このあと何事もなく穏便に済ますことが出来れば、ギリギリ取り切れるだろう。

だからね、ほむらちゃん。

そんなに頑張らなくていいんだよ、ほむらちゃん…!

思いとは裏腹に、先ほどのまどかの仇を打つかのようにほむらが躍動。

ワルプルギスの夜が立て続けにプラス266G、プラス194G。

あっという間に残りゲーム数は700Gにまで膨れ上がり、閉店取り切れず、確定である。

ART655G残し。

だが全く悔いはない。

自分が思うヤメ時を超えて打っていた訳ではないので、あの時点で追っていたのは閉店取り切れずを考慮した上での期待値。

それがたまたまロンフリだったということ。

「損した」 ことは何もないのである。

655Gを残したことを悔いるよりも、追加で3000枚増えたことを喜ぶべきでしょう。

もしくは今日一日の出来事を記憶から抹消するか。

それが精神的にも良い、大人なパチスロってやつだと思います。

そして叶うならば、私は後者を選びたい。



この日の収支

総ゲーム数…6553G
ボーナス出現率…1/189.77(26回)
ART直当たり出現率…1/2191.00(1回)
投資金額…150枚
獲得枚数…5923枚
換金額…11万1500円
収支…+10万8500円

現在のヘミニクから一言!

2019年は5号機もまだ全然残ってました。

あの初代まどかですらも。

というか5号機が完全に無くなったのは2022年の1月で、スマスロが登場したのが2022年の11月。

6号機オンリーの時代って思いの外短いんですよね。

まあスマスロも6号機なんだけれども。

6.5号機も爆発力はそれなりにあるので、完全6.0~6.4号機時代は6ヶ月くらいしかない。

個人的にはその2022年2月~2022年7月がパチスロ最大の冬の時期だと思っています。

 

面白コラムから機種攻略まで…パチマガスロマガモバイルでは楽しさと最新情報を随時発信中!

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー