ボッタ店が超優良店に昇格した瞬間【第87回・SLOT魔法少女まどか☆マギカ編】

高設定を使っている…ような気がする

パチスロ攻略マガジン内企画「ヘミニクのスロかつ!」2014年4月号より順次転載

→過去の記事はコチラから

 

都内某所にとあるホールがあった。

そのホールは都内ではボッタ系列店として有名で、パチスロの上手なスロッターは近寄ろうとしなかった。

でも、「もしこのホールが高設定を使っていたらオイシイな」 的な思いで、ホール回りの際にはちょくちょく足を運ぶようにしていた。

ただ、稼働がほとんどないため、高設定を使っているかどうかの確証はなかなか得られない(なお自分では打たない)。

それでも、スランプグラフなどを見る限りでは、ベタピン営業をしているようには見えなかった。

なんとなくだけど高設定を使っている…ような気がする。

そんな思いでホールのチェックに勤しみ続けて1ヶ月が経った頃、撒いた種がついに花開く。

サラリーマンが回していたエヴァ魂を繋ぐものを休憩所で眺めていたらば、REG中にカヲル君が出現したのだ。

例えるなら埋蔵金を発見したような感覚、世界中でこのホールが設定6を使っていることを知っているのは自分一人だけ(あとサラリーマン)。

ボッタ店が超優良店に昇格した瞬間であった。

それから何日かは競争率ほぼゼロで高設定を狙えたけれど、都内のプロと現代のソーシャルネットワークはそんなに甘くない。

拡散に次ぐ拡散で、あっという間に抽選は100人を超え、ピンの人間が打てる状況ではなくなってしまった。

SNSを制すものが都内を制す

とまあこのように、今の都内は情報拡散スピードがとてつもなく早い。

ツイッター、LINE、各ブログなどなど、SNS恐ろしやである。

特に最近は登録すれば明日の取材等が入っているホールを全部載っけてくれたりするLINEアカウントもあったりするので、何の苦労もなく優良店の情報が知れたりする。

なんて便利な時代だろうか。

が、前述したように、万人に知れ渡った後のホールは真にアツいホールではない。

むしろ競争率が高くて旨味が無い場合がほとんどである。

本当に勝てるホールとは、自分の目と足を使って見つけたホールなのだ。

…などと言ってみたけれど、最近は情報の知れ渡るスピードがさらに加速しており、自分だけが知ってる優良店なんてのはもうほぼ無いです。

完全に「SNSを制すものが都内を制す」という状況になっています。

なので、SNSを上手く利用して使えるホールを集めることが都内で生き残るにはめちゃ重要と言えます。

ただそれでも、実戦データに載せたホールのように、競争率10人程度で特定日にはほぼ各機種に設定6を使ってくれるようなホールも存在します。

この日はSLOT魔法少女まどか☆マギカを打ったらば、早い時間でプチボーナス中にキュゥべえが降臨してそのまま閉店まで打ち切ることが出来ました。

重要度の割合は変化したけど、足と目を使ってホールを探すこともやっぱり大事。

まあ、ここもすぐ知れ渡ってしまいそうだけれど。

ああ、SNSが存在しない世界に行きたい…。

 

 

SLOT魔法少女まどか☆マギカ

総ゲーム数…10167G
ボーナス合成出現率…1/167.51(35回)
総投資金額…4000円
総獲得枚数…2175枚
総換金額…3万8500円
収支…+3万4500円

 

 

現在のヘミニクから一言!

このコラムは5年くらい前のものですが、立ち回りにSNSが必要な時代はまだ続いていると思います。

というか、それが当たり前になっていますね。

明日行くホールの名前をTwitterで検索すれば、設定の入れ方などをまとめたアカウントがわんさか出て来る。

それはもはや皆が知っていて当然のレベルです。

ただ、パチスロってのは全員が勝てるようには出来ていないので、その情報だけで生活するくらい勝つことは難しい。

いつの時代も他者を出し抜く力を持たないと勝てないのは変わりません。

面白コラムから機種攻略まで…パチマガスロマガモバイルでは楽しさと最新情報を随時発信中!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー