【速報】東京都、パチンコ店に緊急事態宣言下の休業要請へ【ゴールデンウィーク直撃】

一体どうなる? GW中のパチンコ・パチスロ

※追記3※
続報記事【東京/大阪/兵庫/京都】緊急事態宣言で休業要請に応じたパチンコ店を数えてみた【ゴールデンウィーク】にリンクを貼りました。

※追記2※
記事アップ後の都の記者会見で、「1000㎡を超えるパチンコ店=休業要請」「1000㎡以下のパチンコ店=休業の協力依頼(都独自の支援金を支給)」と正式に発表がありましたので、原稿を一部修正しました。

※追記1※
15時40分にアップした記事では、休業要請対象店舗を「(1000㎡を超える)パチンコ店」と記載しておりましたが、その後のニュースで「店舗の広さに関わらず」という方向で調整中とのニュースが入ってきましたので、原稿を一部修正しました。

 


 

速報です。

新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、政府は「大阪」「兵庫」「京都」「東京」の4都府県に【4/25(日)~5/11(火)】までの17日間、3度目の緊急事態宣言が発出されることが決定しました。

緊急事態宣言下では、不要不急の外出や都道府県間の移動を控えるよう強い要請が出されることになります。

遊興(娯楽)施設には休業要請を含む号令が行政からかかることになりますが、「東京」においては「パチンコ店」もこの対象となり、「1000㎡を超えるパチンコ店=休業要請」、「1000㎡以下のパチンコ店=休業の協力依頼(都独自の支援金を支給)」と正式に発表がありました。

去年に続き、ゴールデンウィーク期間直撃となるこのタイミングでの休業要請となると、我々パチンコパチスロファンもショックですが、ホールにとってはあまりにも深刻な大打撃となってしまいますね、、、。

東京都遊技業協同組合(都遊協)ではパチンコ店を休業要請の対象に含めないよう要請をしていましたが、都から下された判断は厳しいものでした。もちろん、コロナ終息のために、国民が一枚岩とならねばならない時期。それは理解している一方で、やはりパチンコパチスロ業界も元気に盛り上がって欲しい気持ちです。

緊急事態宣言が発出される他府県がどの様な結論に着地するのかという点も気になります。また、東京のホールに休業要請がかかるとなると、近隣の県にも同様の動きがある可能性も否めません。そして、この一年で経営ダメージが蓄積され、既に限界域に達しているホールが、本当にこの要請に従えるのか否かも注目です。


続報をお待ちください。


 

▽続報はコチラ!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー