【新基準6.2号機】『Sパチスロうしおととら雷槍一閃JH』適合!!【有利区間3,000G対応機】

ホール導入はマジハロとどっちが先!?

パチンコでは約3年半前に登場した、人気マンガコンテンツ「うしおととら」。
(※本記事サムネイルに使用した画像は「極閃ぱちんこCRうしおととら」のもの)

極閃ぱちんこCRうしおととら 3200ver.(Daiichi/2018年)
極閃ぱちんこCRうしおととら 3200ver.(Daiichi/2018年)

今度は、この「うしおととら」をモチーフにしたパチスロ機が適合した、という情報が入ってきた。

メーカーのリリースによれば、

”本機種は、パチスロの新基準である有利区間3,000Gに対応したものとなっております。
業界初の6.2号機として、現市場の商品とは一味も二味も違う楽しさを、多くのお客様にいち早くお届けできる準備を進めております。
お客様待望の新基準6.2号機『Sパチスロうしおととら雷槍一閃JH』にどうぞご期待ください。”

とのことで、有利区間3,000Gとして話題の新基準6.2号機での登場となることを明らかにしている。

気になるのは『業界初の6.2号機』の文言。

先に発表された「マジカルハロウィン~Trick or Treat!~」とどちらが先に市場に投入されるのか?

こんな点にも注目が集まる。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー