【緊急寄稿】一部パチンコCR機、パチスロ5号機が、あとちょっとだけホールで打てる!【慶次漆黒/プレミアムハナハナetc】

慶次漆黒やハナハナ、ホールで見かけるけどアレって…良いの!?

皆さんご周知の通り、パチンコCR機パチスロ5号機の、いわゆる旧規則機は、2022年1月31日をもって完全撤去を迎えた……ハズだったんですが、

一部の限られたマシン、まだホールに残ってますね!!!????

大阪府では最長4月頃まで番長3まどか2が打てるというのは既報の通りですが、一部のマシンに関しては、2月2日現在、東京でも設置が確認されています。

今回は、この理由について、また、実際いつまで打てるのかについて、掘り下げてみます。

 

まず、前提として、業界13団体からなるパチンコ・パチスロ産業21世紀会の決議では、旧規則機(CR機、5号機)は2022年1月31日をもって100%撤去……となっています。ただ、いわばこれは団体による自主ルールでした。

一方で、今、ホールに残っている一部の旧規則機は、2022年2月1日以降に検定もしくは認定の満了日を迎える機種となります。検定機、認定機は、公安委員会からお墨付きをもらった機種……。

 

というわけで、恐らくホールさんが「『自主ルール』よりも『公的に認められた事実』が優先できるという解釈」で稼働させているのではないか、、、と思われます。

慶次漆黒、プレミアムハナハナはいつまで打てる?

ところで、これら一部マシンはいつまで打てるのでしょうか?

正確な調査は非常に難しい(都道府県ごとに検定・認定の日が異なるため)のですが、間違いなく言えるのは、どの機種も残りわずか、ということです。

以下に、検定or認定切れまで稼働させると仮定した場合の推定最終稼働日(※東京都の場合)をまとめますので、「最後の最後まで打ち倒したい!」って方はご参考にどうぞ。

◎パチンコ

◎パチスロ

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー