ビタ押し精度99%のモンスター! しのけんがその神髄に迫る!!

しのけん新企画『回胴ノンフィクション』始動!

パチマガスロマガモバイルサイトでは、しのけんの新連載がスタート! 今回はFREEをご覧のみなさんに向けて、冒頭部分を大公開! 全編はモバイルサイトで無料公開中となっているので、是非アクセスしてみよう!!


今現在パチスロで生活している打ち手の立ち回り論はもちろんのこと、そんな生活をしている事への素直な感情、また元スロプロが足を洗った経緯やその後の人生等、ちょっと特殊な生活に足を踏み入れたからこそ想う“今"を、しのけんが鋭く聞き出していく「回胴ノンフィクション」。今回は…。

 

 

ビタ押し精度99%の男! ウルフくん

ウルフくん

彼を始めて見かけたのは、約9年前、全台設定6シマの「エヴァンゲリヲン~生命の鼓動~」を打っていた時。たまたま自分の隣で打っていた彼の第一印象は、「とにかく早く回す子だな」。通常時はもちろんBIG中も、時に大雑把に感じる早打ちで、少しでも多くのゲーム数をこなしているのを横目で見つつ、「そんな早いと小役こぼしちゃうだろうに」と余計な心配を抱いていまして。

ところが。よくよく彼の打ち方を観察してみると、まったく小役をこぼしていない。フルウエイトで回しているにも関わらず、常に似た位置の停止形。スイカの払い出し枚数が10枚で、更にこぼしやすい配列ながら、閉店時には自分より500G近く多く回して小役こぼしはゼロ。この時「隣で面白い物を見せて貰ったなぁ」と思った事を強く覚えています。


そんな彼を再び見かけるようになったのは、2018年頃。たまたま足を運んだホールの「サザンアイズ」が設定Cで、それを打っていたのが彼でした。相変わらずの早打ちで、そして上手い。その後はサザンアイズ・バンバンクロス等の現代技術介入機のシマではもちろんの事、それら以外のシマでも彼を見かけるようになり、気づけば多少は話すように。


今回『回胴ノンフィクション』を始めるにあたり、真っ先に話を聞いてみたいなと思ったのが彼。今の時代に技術介入機を中心に立ち回っているその心中や、この生活への気持ちを率直に聞いてみました。自分もいちパチスロ生活者ではあるけれど、ライターとしての側面があるのも事実。この企画では、本当に“それだけしかない"パチスロ生活者の本音を、少しでも多くの人に知ってもらえれば…という思いでスタートさせていただきます。

対談風景

しのけん(以下:-)今日はよろしくね。

ウルフくん(以下:ウ)「はい、よろしくお願いします」

-知り合って数年経つけど、そういえばウルフくんって何歳なの?

「ええっと、1988年9月生まれなんで、33…32? あれ、何歳だっけな?」

-自分の15下だから32歳だね(笑)。

「では32歳です(笑)」

-って事は、ウルフくんを始めて見かけた時は僅か23歳だったのか。ちなみに結婚は?

「未婚です。パチスロばっかりやってると出会いなんて無くないですか?(笑)」

-まぁその通り(笑)。ヱヴァ生命で見かけた時も目押し上手いなぁって思っていたけど、ここ最近さらに精度が上がってない?

「どうなんでしょう。自身の目押し精度が上がっているというより、結局のところ、その台の打ち込み度で要領良く押せるようになるってのが正解かなと思います」

-ここ1年くらいはバンバンクロスの設定Cを使っているホールでよく見かけていたけど、今もバンバンクロスメインなの?

「もちろんCを打てる店あれば今も行っていますけど、最近はさすがに打てる頻度が減ってきましたね。1年前から半年前くらいまでは、それこそ月の20日くらいはバンバンそしてサザンアイズを打っていましたが」

-ちなみにあの携帯連動サービス「大都吉宗CITY」はやってたりする? やっていたらデータ見せてほしいかな。

「あ、はい。やってます」

 

-ゴメン、自分がバンバンクロスほとんど打っていないから分からないんだけど、これって全国1位って事?

「はい」

-はいって(笑)。凄くない!?

「稼働してたらそうなっていただけなんで。1位で賞金出るなら嬉しいですけど貰えないですからね(笑)」



(C)DAITO GIKEN,INC.

気になる続きはパチマガスロマガモバイルサイトで無料公開中!

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

新台導入カレンダー