マジハロシリーズにも撤去の波が! 「マジカルハロウィン5」【撤去目前マシン特集⑱】

シリーズの中でも特に人気だった「マジハロ2」の正統後継マシン!!

2007年の初登場以降、高い人気を保ち続けている「マジカルハロウィン」シリーズ。その中でも人気の「マジハロ2」を踏襲し、人気マシンとなったのがこの「マジカルハロウィン5」だ。そしてこの機種もまた当然のことながら、間もなくホールから撤去されてしまうこととなる。

その気になるXデーは…2022年1月31日(「東京都」のスケジュール)。

シリーズ人気の理由の1つはやはり魅力的なキャラクターとそれに伴う演出の数々だろう。しかし、それ以上に人気なのがそのゲーム性! 出玉増加のメイン契機であるART「カボチャンス」に加え、本機にはスペシャルARTとなる3つの「カボチャンス」が搭載されており、それらが絡み合うことで大きな出玉を獲得することが可能となっている。

まだ「マジハロ7」や「Trick or Treat!」でシリーズ機を遊ぶことはできるが、「マジカルハロウィン5」を楽しめるのはあと約1ヶ月。高設定はあまり期待できないかもしれないが、ホールで見かけたら最後のカボチャンスに挑戦してみては!?

大きなハマリもなく安定した挙動で出玉獲得! EXミッションからの一撃1000枚超も!!

こちらは設定6の実戦データ。一撃数千枚とはならなかったものの、安定した出玉の伸びを見せての快勝!! 実戦中にも出現した「EXミッション」の他、「キングカボチャンス」「悪カボチャンス」「SUPERカボチャンス」が絡めば、これ以上の猛爆も期待できるのが本機の魅力の1つ!!

【未練打ちに備えて再チェック!!】マジハロファン必見! ちょっとマニアックな小ネタ集!!

基本はえらい順にストックを消費していく

ストック消費順は上記の通り。ただしスーカボ消化後の結界防衛ゾーンや、結界防衛ゾーンストック複数所持時の2回目以降は見た目上普通のカボチャンスとなる場合がある(性能は結界防衛)。このため、カボチャンスの後に悪キンカボが出てくる場合も存在する。

特殊ARTのストックは次回正解まで減らない

前日特殊ARTで終了しストックが切れた場合、リセットしていなければ翌日のボーナス後自力押し順正解で前日の特殊ARTに突入する。

主に悪カボストックを見抜けなかった場合に発生

詠唱チャレンジに戻らないART継続演出中に内部SPミッションクリアで悪カボを獲得した場合や、内部クロニクルバトルで悪カボをストックした場合にカボチャンスから昇格演出が発生する場合がある。

上記以外のチャンスパターンは、最初の2G連続で敵攻撃なら勝利確定+継続率50%以上。3G連続で敵攻撃なら勝利確定+継続率80%確定。また、3G目にカウンター発生でも勝利確定となる。バトルのパターンは覚えておくとよりアツくなれるだろう。


▼その他の機種の撤去日はこちらでチェック

さよなら名機2021_2022関連記事

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー