【魂の100連投!】執念の懐パチ回想!ハッシュタグ「#打魂回想」がヤバ面白い!【マジキ.チ】

奏弥
パチンコだけでなくスポーツ、音楽と多ジャンルでカルトなマニアぶりを発揮する奏弥氏。

この男、どうかしてます。

「こちら現場のパチマガ吾郎です!」

かつてパチマガ誌上では、無数のマニアックな(無)記名記事やインタビュー記事などでひっそりと咲いてきたライター「奏弥」氏が、最近、Twitter上で独自に面白い取り組みを試みています。

 


 

奏弥氏は3月下旬頃より「#打魂回想」と題されたパチンコ回想録をTwitterで連投し始めました。2004年〜2008年の5年間に登場したパチンコ機を写真と所感で振り返っています。

その数、何と100機種!!!

まず約5年の間に登場した機種を100機種も振り返ること自体、骨の折れる作業ですし、そもそもそんなガラケー時代の画像をいまだに保有しているという時点でどうかしている彼のヲタク気質が存分に発揮されています。

 

関連ツイートをまとめます。

機種名だけでも懐かしいのに、写真と所感まで!

こちらが、本人のまとめた機種リスト。

昭和時代の激レア珍古台も確かに懐かしみがあってワクワクするものですが、多くのオールドファンにとって、リアルに機種名を見ただけでテンションがブチあがるのはこの辺のラインナップである気もします。

100投稿の中からいくつかのツイートをPICK UP!

いやー、厳選するのが憚られるほど懐かしいですね!

ライター奏弥氏の面目躍如なのであります。

さらに新企画も始動!?

さらに数日前より、彼がコレクトしている小冊子と所感からパチンコを回想する「#打奏狂想」「#打魂回想SSS」との新ハッシュタグが付けられた連載ツイートも開始された模様。

こちらも100投稿を目指して突き進んでいくのでしょうか? 御こだわり系ライター奏弥氏の今後の活動が注目されます。

「現場からは以上です。」

ライター紹介

  • 奏弥
    パチマガスロマガ専属ライター
    奏弥
    市場に導入されたパチンコは必ず一度は遊技、しかも機種の特徴をすべてデータベース化するなど、パチマガスロマガ屈指のこだわり系ライター。彼のこだわりの世界はパチンコだけにとどまらず、プロレスやサッカー、V系バンドをはじめとした音楽など、ヲタク的に多趣味多様な知識を持つ。その引き出しの多さから、インタビュアーとして活躍したことも。

新台導入カレンダー