【P牙狼月虹ノ旅人】爆上げが止まらない! 中古機価格ド高値で安定!?

さらに大変なことに!!

先日、牙狼シリーズ最新作「P牙狼月虹ノ旅人」の中古機価格がとんでもないことになっているとニュースをお伝えしましたが、今回はその続報です。

前回調査時は1台約200万円だった中古機価格。当時はまだ関西地方のみの導入で、実際に積極的な取引が行われていたわけでもなく、正直言ってご祝儀相場的な意味合いもある値付けではないかと思っていました。

で、全国導入されてさすがに値段は落ち着いたのかな? と調べてみると……落ち着くどころか、さらに40%近く値上がりして約270万円になっているとか! ニッシーさんの数日前のコラムでは260万円とのことだったのでリアルタイムで値上がりが進行中みたいですね。

バカ高いと思っていた前回記事の時点で買って今売ったとしても1台あたり70万円以上の儲けですよ。買っておけばよかったー!と思っている店長さんもたくさんいるんじゃないでしょうか。もはやガロコインという名の仮想通貨の相場を見ている感覚です……。

しかも恐ろしいことに「普通に売れている」んですよね。不動産投資感覚で買っているのか、それとも普通に稼働させてじゅうぶん元が取れると考えられているのか。増産はしばらく無いのではとも言われているのでまだまだ値上がりする可能性もありそうですね。

来月あたりには270万円で買っておけば良かったー! と言わされることになるのでしょうか。

 

そして…中古を導入したホールの状況はどうなる?

実際にガンガン売れているとなれば、気になるのは中古で導入したお店の扱いや状況がどうなるのかということ。簡単に以下の2パターンが考えられます。


①大事に使う
270万円で買うほど欲しかった台をガチガチで営業して即客を飛ばしたら買った意味がないので薄利多売でコツコツ回収。牙狼単体で見たら商売としては厳しいけれど、現状では牙狼に座りたかったけど座れなかった客が他の台を回してくれているのでホールに活気も出る。

②まずは回収
270万円もしたんだから転売を視野にいれつつ稼働が良いうちはガッツリ回収。回さなくても打ってくれるんだから回す必要なんてナシ。客が飛んだら売りゃーいい♪


あなたの近所の中古導入店はどっちでしょう。よーく見極めて勝負したいところです。身もふたもないことを言うと、個人的には稼働がもう少し落ち着いた頃に、定価で買ったお店で打つのが無難に思えますけどね(笑)。

 

 


(以下、前回の記事となります)

お値段、ズバリ……!!

6月7日よりまずは関西方面で導入が開始され、超高稼働&圧倒的評価を得ている「P牙狼月虹ノ旅人」ですが、導入1週目にして早くも中古価格がとんでもないことになっているそうです。

独自取材によりますと、現在(2021年6月11日)の中古機価格は驚異の約200万円!だとか。新車1台買えてしまうっ!

この価格がどのくらい異常かといえば「源さん超韋駄天」や「ベルセルク無双」でもその4分の1程度。とはいえ「源さん超韋駄天」は一時それ以上の価格になっていたこともありましたが…。

来週から全国導入が進んでいくタイミングで価格はさらに上がるのか?  それとも無難なところに落ち着いていくのか? 出玉のスランプはもちろん、中古価格のスランプからも目を離せませんね。

とりあえず早く打ちたいッ!!

ちなみに…

となると気になるのが、パチスロの中古機価格状況。

こちらも1台だけ群を抜いて高値をつけており、他は一定のところで横並びといった様相に。

じゃあ、その1台とは何かといえば…

6号機の「アイムジャグラーEX」!!

これはまぁ予想通りといったところ。お値段は「P牙狼月虹ノ旅人」よりやや下回るものの、ほぼ同額の約180万円。こちらも車が買えてしまう!

もともと「ジャグラー」シリーズは中古機相場が高く、約300万円とかまで上がったシリーズ機もあったとか、なかったとか。

そして、この「アイムジャグラーEX」の価格は全国導入して約半年経過してのものなので、いきなり大幅に値段が下がることなく売買されていくと思われます。

はたして「P牙狼月虹ノ旅人」もこのような価格推移をしていくのか、今後も要注目ですね!!


信頼度も!遊タイムツールも!仕事量ツールも!パチマガスロマガモバイルで!


アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー