有利区間のゲーム数規制がついに撤廃!? 『メダルレス遊技機』の動向に注目!!

5月25日、回胴遊商の通常総代会が開催され、その中で有利区間のゲーム数規制や『メダルレス遊技機』に関する見通しについて語られた。以下、その要約。

●有利区間を3000Gまで伸ばした低ベース機が秋から冬にかけて登場

●有利区間のゲーム数規制を撤廃した『メダルレスの遊技機が来年の4~5月にかけて登場』するはず


有利区間の上限が3000Gへと延長になる事が決定したのは先日お伝えしたとおりだが、実際にホールに登場するのは秋から冬となる模様。

▼有利区間3000Gに関するニュースはこちら

さらに、来年の春にはメダルレス遊技機の登場と共に、有利区間のゲーム数規制も撤廃される可能性があるようだ。

さらなるゲーム性向上は間違いなし!

さて、ゲーム数規制が撤廃されたらどうなるのか…についてだが、以下のようなゲーム性は搭載しやすくなるかも?
※編集部の予想です

●ボーナスやCZを特定回数スルーすれば天井ATが発動
(特定回数のCZで必ずATに当選)

●初代沖ドキ!のようなモード移行システム
(通常Bからのモード転落なし)

実際にどんなマシンが登場するかは、これから各メーカーがしのぎを削ることになるだろうが、とにもかくにも6号機のさらなるゲーム性向上につながるのは間違いなし!

登場は早くても来年以降となるようだが、期待しながらその日を待ってほしい。もちろん続報が入り次第当サイトでも随時お伝えしていくので、こちらもお見逃しなく!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー