【東京/大阪/兵庫/京都】(4月28日追加更新)緊急事態宣言で休業要請に応じたパチンコ店を数えてみた【ゴールデンウィーク】

▽コチラの続き

※追記3※
読者様より「アミューズメント ヴィーナス(東京都昭島市)」が4/25より営業自粛中との情報提供をいただきましたのでリストに追加しました。(4月28日10時現在)

※追記2※
パーラーサンラッキー三ノ輪店(東京都)、堺店(大阪府)、向日町店(京都府)、二条店(京都府)が4/28より営業自粛をするとホール情報サイト上で発表がありましたので追加しました。(4月27日17時現在)

※追記1※
続報記事【大阪/兵庫/京都】のホール営業情報調査結果を追加しました。(4月27日13時現在)

東京で休業してる(する)店……3軒だけっ!!!!????(4/28 10時現在 パチマガスロマガFREE調べ)

4/25より、東京/大阪/兵庫/京都の4都府県に緊急事態宣言が発出されたのはご周知の通り。

緊急事態宣言下では「1000㎡を超えるパチンコ店=休業要請」「1000㎡以下のパチンコ店=休業の協力依頼」が出されており、大型連休となるゴールデンウィーク直前でもあるタイミングだけに、書き入れ時のホールも、打ち倒したいパチンコ・パチスロファンからも悲鳴が上がっています。

 

さて、ところで。

緊急事態宣言発出後、この「休業要請」「休業の協力依頼」に、どれほどのホールが従っているのでしょうか。

パチマガスロマガFREE編集部ではホール情報サイトから、営業情報を調べてみました。

※パチマガスロマガFREE独自調べ。
※情報は4/27現在のもの。
※店舗の広さは確認が困難なため、1000㎡の線引は行っていません。
※一部、情報が誤っている可能性や、のちに変更されている可能性があります。ご了承下さい。

 


 

すると、東京で休業を確認できたホールは、東京都庁の御膝元、新宿西口に構えるホールと、下町三ノ輪に構えるホール、郊外昭島市に構えるホールの3軒のみという結果に!!!!!

東京都の休業店、営業時間変更ホール一覧

【休業ホール】
・カレイド新宿店(新宿区) ※4月25日~
・アミューズメント ヴィーナス(昭島市) ※4月25日~
・サンラッキー三ノ輪店(荒川区) ※4月28日~

【営業時間変更ホール】
・パーラー富士(豊島区) ※4月29日~5月9日 ※約2時間の時短営業
・ゆたか雪が谷大塚店(大田区) ※1時間の時短営業
・プラザ西台(板橋区) ※1時間の時短営業
・スロットスタジアムウイング(北区) ※1時間の時短営業
・キングス(北区) ※1時間の時短営業
・AQUA(中央区) ※15分の時短営業
・AQUAミッドタワーグランド店(中央区) ※15分の時短営業

その他のホールではこれまで通り、もしくはこれまで以上の対策を施し通常営業となっているようです。

京都府・大阪府・兵庫県の休業店、営業時間変更ホール一覧

【休業ホール】
・四海樓 HEP FIVE店(大阪府大阪市) ※4月25日~
・四海樓(大阪府大阪市) ※4月27日~
・ダイアナ香里店(大阪府寝屋川市) ※休業延長
・サンラッキー堺店(大阪府堺市) ※4月28日~
・サンラッキー向日町店(京都府向日市) ※4月28日~
・サンラッキー二条店(京都府中京区) ※4月28日~

【営業時間変更ホール】
・パーラーダイアナ八幡店(京都府八幡市) ※2時間の時短営業
・ランドマークEX (兵庫県姫路市) ※1時間の時短営業
・AiSEN(兵庫県明石市) ※3時間の時短営業
・ルネッサンス(兵庫県加古川市) ※1時間の時短営業
・EARTH21 高砂店(兵庫県高砂市) ※3時間の時短営業
・丸三 高砂店(兵庫県高砂市) ※3時間の時短営業
・C-RIZE 高砂店(兵庫県高砂市) ※30分の時短営業
・TOON PARK 大蔵谷店(兵庫県神戸市) ※30分の時短営業
・ミリオン総本店(兵庫県神戸市) ※3時間の時短営業
・パーラー三田城(兵庫県三田市) ※1時間の時短営業

【県外客入店禁止】
元町会館(兵庫県神戸市)

休業および営業時間変更としているホールは東京と同等、もしくはそれよりも少し多い印象。その他のホールではこれまで通り、もしくはこれまで以上の対策を施し通常営業となっているようです。

広告規制、20時ネオン消灯ホールは多数

前述のように営業状況自体には現状、緊急事態宣言前とあまり大きな変化は見られませんが、「拡大予防ガイドラインの徹底」「広告宣伝活動の自粛」「20時以降のネオン・看板照明の消灯」に関して改めて実施を謳うホールも多数確認できました。

1年以上続くコロナ禍、三度に渡る緊急事態宣言で、経営的に限界にきているホールは多数あると聞かれます。休業要請に完全に従えない苦しい時ですが、各ホールともできる限りのことを最大限に行っていると言えるでしょう。

 

宣言が出てまだ日が浅く、この後どのような状況となっていくかは予測できませんが、業界にとって大打撃とならない手段を探りつつ、コロナ終息へと向け進んでいければと願ってやみません。

 

※ホール営業自粛関連のニュースは情報を入手次第随時更新予定ですが、掲載中の情報がすべて最新のものとは限りませんのでご注意下さい。最新情報は、ホール情報サイト等でご確認下さい。

新台導入カレンダー