約2ヶ月が最後の勝舞! 「北斗の拳 修羅の国篇」【撤去目前マシン特集⑩】

「北斗修羅」の他に複数の北斗の拳シリーズが撤去目前!!

パチンコ界でもパチスロ界でも不動の人気を誇る「北斗の拳」シリーズ。その中で2016年9月に導入された機種が「パチスロ北斗の拳 修羅の国篇」だ。しかし、その本機にも撤去へのカウントダウンが進んでいる。

その気になるXデーは…2022年1月31日(「東京都」のスケジュール)。

また「北斗の拳」シリーズでは、「A-SLOT北斗の拳将」「パチスロ北斗の拳 新伝説創造」も同じXデーで撤去となってしまう。

北斗の物語の中でも「修羅の国篇」にスポットを当てた演出となっている本機は、ART中の演出を3キャラから選択できるのが特徴。さらにこれまでのシリーズ機通り、「中段チェリー」への期待感や「北斗転生」から継承された「勝舞あり」など注目ポイントも満載!

そんな本機のポイントにアツくなりつつ、楽しめるのもあと約2ヶ月。高設定台をつかめるチャンスは多くないと思うが、最後の勝舞に挑むなら今のうちだぞ!

スロマガメンバーと「北斗修羅」の相性はいまいち!? 数少ない勝利データがこちら!!

スロマガの企画内で「北斗修羅」が実戦対象台になることは何度かあったものの、なぜか負けデータが多いという結果に! こちらはスロマガの人気実戦企画「ALL設定BATTLE」で掲載された数少ない勝利データとなっている。実際は設定2の台だったが、終盤の一撃1734枚により見事勝利となった。

【未練打ちに備えて再チェック!!】もう少ない好機を逃さないためにも高設定要素と立ち回りポイントはしっかり再チェック!!

低確or通常から前兆へのジャンプアップはアツい!

高設定はとにかく弱小役が活躍します。上記の他にも、高確中の角チェリーは0.01~2.50%で前兆に移行。こちらも高設定濃厚となる挙動です。

確定パターンは意外と出る!?

高設定確定パターンは出現する場面が少ない分、条件を満たせば出現しやすいイメージ。特に特闘の開始画面は、体感上5回に1回くらいは設定示唆になっていますよ。

本機の天井はART間1300Gハマリとなっています。当然、1000G近くハマっているような台があれば狙い目となりますよ。途中でボーナスを挟んでいてもOKです。


▼その他の機種の撤去日はこちらでチェック

さよなら名機2021_2022関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー