業界の取り組みをモーション漫画化したパチンコパチスロ生活向上委員会にインタビューしてみた

やっほー! 仕事よりも遊びにマジメなチキショウ君だお☆ だからこの業界で仕事しているまである。遊び心が分からないと務まらないからね!

そんな俺だけど、今回は少しばかりマジメなお仕事を。

実は最近、パチンコパチスロ生活向上委員会(日工組)が業界の取り組みをモーション漫画化した。

なぜホールでクラスターが発生しないのか。その辺りを解説したのが、このモーション漫画である。

モーション漫画

こうやって今もホールはコロナ対策をしている。そんなモーション漫画を作成したパチンコパチスロ生活向上委員会に取材してきた。

ストーリーを楽しみながら伝えたい

では早速質問した内容を。今回は緊急事態宣言中だったので、メールでの質問にさせていただいた。

【1】初回のコロナ騒ぎでパチンコ店が叩かれた時、どう感じましたか?

「全国98%以上のパチンコ店が政府と自治体の要請に従って休業に応じたにも関わらず、一部の店舗のことを繰り返し報道されて非難されたことは非常に辛かったですし、悔しい思いでいっぱいでした」

やはりこの業界をいろいろと知っている人からすれば、辛いよね。確かに政府の要請に従わなかったホールがあったのは事実。ネタとして一般メディアからすればオイシイだろう。でもほとんどのところは従っていることについては何も触れていなかった。悲しいよね。

「報道ではパチンコ店は「三密状態」で、「コロナ感染のリスクが高い」かのように日々報じられていましたが、そもそもクラスターが発生していないことや感染対策を徹底して行っていたこと、全面喫煙可能に設計されているパチンコ店の換気性能が高いことなど数多くの業界の事実が伝わっていない状況でした。業界の事実を伝えるには、どうしたら良いのか、日工組として何ができるかを報道の直後から広報委員会を中心に議論を重ね、安全性をファンの皆様に継続的にお伝えする施策としてメーカー団体とホール団体の垣根を越えて、ホール様のコロナ対策まとめサイトを昨年の8月から開設いたしました」

それなら自分たちでなんとかするしかないっという思いで動いたんだね! ホールの設備って昔と違ってかなり高性能。空気だって今じゃタバコの匂いなんてほとんどしないほどキレイ。それにアルコール消毒もしっかりしているし、台間だけではなく景品カウンターもアクリル板を置いて飛沫を防いでいるところもあるよね!

【2】なぜ漫画にしたのか?←日工組は少し硬いイメージがあったので

「業界の取組みや事実を伝えていく上では、ただ単に文章を用意するだけではその内容は中々多くの方々には伝わって行かないので、まずは目に留めていただき、直感的に内容を知っていただけるツールとして幅広い世代に馴染みのある「漫画」で伝えるという選択を致しました」

文章で書き綴っても伝わらないのは確かにと思った。俺らもゲームの流れなどを言葉だけで説明するのは難しいもの。今回のコロナ対策をモーション漫画で見ると、わかりやすいと思った人も多かったはず。

【3】この漫画を通じて伝えたいことは?

「業界の様々な取組みと事実を、この漫画を通じて当業界に携わっている人々の思いとともにお伝えしていきたいです。全5話を予定していますので、第2話以降、パチンコを愛する主人公「日向(ひなた)まつり」が店長や同僚と様々な課題に取り組み、仲間と協力しながら、困難をどう乗り越えていくのか!? 熱血ストーリーを楽しみながら、業界の取組みを知っていただければと思っています」

きっと俺の知らない取り組みもあると思う。漫画を見ればわかると思うけど、初回でコロナに対する対策を紹介していた。もしかしたら全5話の中でそれ以外のことも!?

【4】今の業界をどうしていきたい?

パチンコ、パチスロが日常から離れて『大人が、夢中になれる時間』だなと思っていただけるように、そしてパチンコ店という空間が日常生活の中での『心地良い、もうひとつの居場所』だなと感じてもらえるように、パチンコの新たな魅力を継続して伝えていき、多くの人たちにとって、パチンコ、パチスロが娯楽の一つの選択肢となるように業界のイメージアップを図っていきたいです」

どうしてもパチンコって毛嫌いしている人も居ると思う。でもそれはそうイメージしているだけ。実は普通に楽しめるし、娯楽なんだよね! その辺りを理解してもらえるには時間がかかることだけど、諦めずに頑張ってほしい。

【5】もしまたコロナで色々あった場合、何か考えている施策はありますか?

「今後は、コロナ対策の情報発信はもちろんですが、地震や台風などの災害時の当業界の取組みや社会貢献活動などの情報発信を今回の漫画をはじめ、WEBやSNSを通じて積極的に行っていければと考えております」

ほんとね、皆が気づかないようなところで色々やっている。もう漫画の枠を超えてアニメでも俺は全然見てみたいと思う。

【EXTRA1】モーション漫画の制作秘話はある?

「漫画を制作していく過程で、当初は、ストーリーや登場人物、キャラクター設定などすべて異なる約10種類のシナリオ候補がありました。その中から検討と修正を重ねて、シナリオ完成後に、さらに主要な登場人物のキャラクターデザイン案を2案作成いただいて最終的に選定させていただきました。多くの人にこの漫画を見ていただきたいという情熱がたくさん詰まった作品になっております」

10種類!? それ全部漫画化しても全然良いよ(*´ω`*)
確かに熱い思いが描かれていた。熱すぎて俺はまつりちゃんの居るホールに行きたくなっちゃったよ~。どこに行けば会えますかね?←

【EXTRA2】CVは誰ですか?

【日向まつり役】 真野あゆみ  【花咲リコ役】 中野さいま

【左右田店長役】 左座翔丸   【とあるD役】 虎島貴明

この質問は編集部で気になったから聞いてみた!

真野あゆみさんは、俺の好きなFate系で出演したりしている。それだけで「え? 好き」ってなれるわ。他にも「ダン待ちⅡ」「五等分の花嫁Ⅱ」などに出演。

中野さいまさんは、「アクエリオンロゴス」に出演し、挿入歌も歌っている。それだけで「あ……好き」ってなれるわ。他にも「プリンセスコネクト!Re:Dive」「私、能力は平均値でって言ったよね!」に出演。

左座翔丸(ぞうざ しょうまる)さんは、これも俺が好きな「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」に出演。それだけで「うん、好き」ってなれる。他にも「ワンパンマン」「ダンベル何キロ持てる?」などに出演。

虎島貴明さんは、俺の大好物な「PSYCHO-PASS サイコパス 3」に出演。それだけで……あ、しつこい? 他にも「はたらく細胞BLACK」「呪術廻戦」などに出演。

と、声優さんたちも頑張ってくれたことに感謝! 

俺はこの業界を守りたい

俺はコロナでパチンコ店が叩かれた時、メディアとして何も反論できなかったことを後悔している。いつものように機種ページを作って、いつものようにコラムを書いて。

一般メディアに躍らせれている人たちを見ているだけの自分に腹が立っていた。なんのためにメディアで働いてるんだよって。でもあの頃は感情で言っても反論されるだけで……。

こうやって「パチンコ店はしっかり対策をしている。人が集まる場所ではあるけれど、ものすごく対策をしているんだよ」てことを伝えていくのって、俺ら専門メディアの役目でもあると思う。機種のことだけではなく、業界の取り組みを知ってもらいたい。そんな気持ちから今回は取材させていただいた。

パチンコパチスロを打たない人からしたら「だからどうした?」って思う人も居ると思う。でも俺はこの業界が大好きだし、仕事に生きがいも感じている。そんな大好きなことが叩かれて衰退していくのは嫌だし、黙って見ているだけなんてもうしたくない!

もし、パチンコパチスロを知らない人がこの記事を見て、少しでもこの業界を理解していただければと思う。

ライター紹介

  • チキショウ君
    編集部
    チキショウ君
    仕事があろうとなかろうと、暇さえあればパチンコを打ちに行ってしまう半社会人的な存在。上司に対して敬語を使うことを知らず、「仲間なんだから敬語なんていらねーだろ!」と、まるで自分が正義のように振る舞う赤ちゃん。パチンコ以外のことはからっきしで、総理大臣の名前すら知らない。しかし、ことパチンコに対しての情熱は人一倍すごく、編集部員の中でも一番打っている。そのため、ライターのように原稿を書くこともあれば、実戦企画にも参戦することも多い。現在は携帯サイト連載企画「遊タイマーズ」として毛玉3号と仲良く(?)過ごしている。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー