銀河に響き渡る「歌姫来舞」も間もなく終演!! 「CRフィーバーマクロスフロンティア3」【撤去目前マシン特集⑰】

人気シリーズ3作目! SANKYO最後の2400発搭載マシン!

2019年3月に導入されたのがこの「CRF.マクロスフロンティア3」だ。比較的最近の機種なので記憶に新しい人も多いことだろう。しかし残念ながら本機もXデーを最後に撤去されることとなってしまう。

その気になるXデーは…2022年1月31日(「東京都」のスケジュール)。

シリーズ機として人気を博しただけでなく、本機はそのアツいスペックも高稼働の一因に。SANKYO最後の2400発搭載マシンとして、一撃を期待して打っていた人も多いはず。また、液晶演出はもちろんのこと、搭載された楽曲も魅力の1つで、ファンならずとも聞き惚れたことだろう。

すでに撤去まで約1ヶ月ということで設置されているホールは減ってきてしまっているが、もう1度歌姫たちの来舞(ライブ)に酔いしれつつ、打ってみるのも一興だ。ちなみに「CRF.マクロスフロンティア3 Light Middle ver.」も同日が撤去期限日となっている。

 

ツボにハマればドデカルチャーな一撃も! 連チャンと引き戻しで34000発オーバーの出玉を獲得!!

投資1万円から途中引き戻しを含んでの16連チャン! その時点ですでに勝負アリだが、その後も早い初当りを引きあて、最終的には約35000発の出玉を獲得! 収支も10万円オーバーと「マクロス3」の本領が発揮された実戦データといえる。

【未練打ちに備えて再チェック!!】通常時を中心に知っておけばマニアックに楽しめる法則一覧を再チェック!!

クォーツは基本的にはタイマーが作動しないとアツくなく、またSPバトルリーチ・2ライン等の低信頼度・弱パターンでとってつけたように4個満タン(MAX)になっても期待薄なので注意。

通常時に出現自体激アツとなるのが上に挙げた3つの図柄。電サポ中は7図柄リーチが超激アツになるほか、3&5図柄リーチが確変濃厚になる。

例えば単機発進時のキャラフラッシュがルカなのに別のキャラのタイトルが表示された場合は、2ライン以上濃厚になる。最後のカットインが発生するか否かにも注目!

この特殊モード(通常時に約1/202.2で突入)は基本的に突入すれば20回転続くのだが、その突入1回転目でリーチになった場合は実戦上すべて大当りに結びついている。また、他にも上記のような法則がある。


▼その他の機種の撤去日はこちらでチェック

さよなら名機2021_2022関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー