『パチスロ モンスターハンター:ワールド™ 黄金狩猟』スペック&ゲーム性の詳細が判明!!

『パチスロ モンスターハンター:ワールド™ 黄金狩猟』スペック&ゲーム性の詳細が判明!!

10月21日。フィールズの上野ショールームにて「パチスロ モンスターハンター:ワールド™黄金狩猟」のプレス発表会が開催!

パチマガスロマガからはトニー・りんか隊長・タイラの3名が参加してきたぞ。早速、試打でわかった本機のゲーム性をお届けしよう!

 

■■PVはコチラ!■■

初当りまでの流れは前作を踏襲!

通常時は研究基地からスタートし、クエストを受注して狩猟に出発。そしてモンスター討伐に成功すれば「歴戦王クエスト」確定だ。

研究基地は前作でいうアステラのような存在で、通常時の狩猟パートが有利になる大タル爆弾を獲得できる可能性がある他、今作では他のアイテムや仲間ハンターの獲得抽選も行っているようだ。

今作も狩猟パート突入のカギはハズレ目との事。やはり高設定ほど狩猟パートの当選率が高い?

押し順で装備を生成して歴戦王を討伐!

歴戦王クエストはAT突入をかけたCZ的な存在。

まずは加工屋にて装備を決定するのだが、どの装備が選ばれるかはベルの押し順がカギとなっている。

ちなみに各武器の特徴は以下のとおり。

■ハンマー
ベルが連続すれば大ダメージ!?

■ガンランス

リプレイを回避するほど大ダメージのチャンス!?

■双剣

バランス型

装備決定後はいよいよ歴戦王クエストへ。ここでは「ネルギガンテ」「クシャルダオラ」「ナナ・テスカトリ」のいずれかの討伐を目指し、討伐できればAT「エルドラドボーナス」突入だ。

4回の部位破壊成功で剥ぎ取りGOLD突入!

AT「エルドラドボーナス」は1セット20G継続。純増はパチスロモンハンシリーズ史上最速となる6.7枚/Gとなっている。ゲーム数は短いものの、コインがガンガン増える爽快感を味わうことができる。

そしてセット消化後は「マム・タロト狩猟」へと突入。

マム・タロト狩猟中は部位破壊に挑戦し、見事成功すれば再びエルドラドボーナスへ移行。まずはここでのループで出玉を増やすのが目標だ。

【マム・タロト狩猟の基本ルール】
■1セット目 4つある部位のいずれかを破壊できれば成功
(チャンスは4回)
■2セット目 3つある部位のいずれかを破壊できれば成功
(チャンスは3回)
■3セット目 2つある部位のいずれかを破壊できれば成功

(チャンスは2回)
■4セット目 残り1つの部位を破壊できれば成功
(チャンスは1回)

セットが継続する毎に部位破壊にチャレンジできる回数は減っていくが、AT中に痕跡を見つけることで部位破壊率は上昇。4セット目の部位破壊チャンスは1回のみだが、それでも成功の可能性は十分あるぞ。

「大団長からの挑戦状」クエスト成功で完走目前!?

4回の部位破壊成功後は「剥ぎ取りGOLD」へ突入! 剝ぎ取りGOLDは1セット10G継続し、ストックによる継続もあり。さらなる出玉増加に期待できる。

なお、剥ぎ取りGOLD中にベルを60回獲得した際は、「大団長からの挑戦状」クエストが発生。このクエストでは5G以内にレア小役を引ければ完走の期待大!?

これがプレイヤーが目指す最終目標と言えるだろう。

天井の詳細も判明!

本機の天井は2種類。

①通常時800Gハマリで歴戦王クエスト当選
②AT間2500GハマリでAT当選

既存の高純増AT機では、大ハマリ⇒CZ失敗⇒大ハマリ⇒CZ失敗…など、展開次第では数千ゲーム間ATを体験できないケースもあったが、本機にはそんなマイナス面を補う天井も搭載されている。これは有利区間3000G対応となった6.2号機ならではの救済機能と言えるだろう。空き台のデータ履歴をチェックすることで、意外なお宝台を発見できる可能性もありそうだ。

 

その他の最新情報はパチマガスロマガモバイルにて随時更新予定なのでお見逃しなく!

モンハンワールド 黄金狩猟の最新情報はパチマガスロマガモバイルをチェック!

ライター紹介

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー