1%の全回転はフリーズから発生!【Pガールズ&パンツァー 劇場版】

1%の全回転はフリーズから発生!【Pガールズ&パンツァー 劇場版】

導入後、ファンから支持されていて稼動もついているPガールズ&パンツァー 劇場版を紹介。

ガルパン筐体
2021年5月導入/平和

まずは簡単なスペック紹介を。

■当選確率
1/199.8

■右打ち中実質確率
約1/7.2

■大当り出玉
約900個~約360個

■戦車道突入率
約54%

■戦車道継続率
約83%

■電チューサポート
1or6or200回転

■遊タイム突入率
低確率時500回転消化で時短200回転作動

■初回時短突破時の平均連チャン数
6.73連チャン(平均4327個)

■ヘソ入賞時の内訳(カッコ内は電サポ回数)
10R(200回)…1.0%
10R(6回)…2.0%
4R(1回)…97%※
※電サポ中の当選は時短6回

■電チュー入賞時(カッコ内は電サポ回数)
10R(200回)…15.0%
10R(6回)…35.0%
9R(200回)…1.0%
9R(6回)…4.0%
8R(200回)…1.0%
8R(6回)…4.0%
7R(200回)…1.0%
7R(6回)…4.0%
6R(200回)…1.0%
6R(6回)…4.0%
4R(200回)…3.5%
4R(6回)…26.5%
※V当り・直当り共通


良い所は遊タイムまで500回転で辿り付けるということ。ライトミドルとは言え、500ハマリぐらいなら珍しくもない。そして遊タイムが強力で、実質大当り濃厚(時短200回+残保留4回で約1/7.2を引けば良い)となっている。

もうひとつは、当選時の振り分けでこの実質次回当選までがあるということ。右打ち中なら、これが22.5%もある。理論上、5回に1回は当選する確率。そのため継続率が高い。

逆に悪いところは、出玉が少なく感じるところ。10Rに当選しても約900個。最近の台でも10Rでもだいたい1200個から1400個近く獲得できるはず。しかし、継続率が高いのためしょうがないと言えばしょうがない。

あとヘソ賞球が1個。このため回らない時は恐ろしく回らない。大事に扱ってくれるホールならボーダー程度ならちょくちょく見かけるが、遊タイム付&導入台数的に優秀台を探すのが若干難しい。

全回転からのみ次回当選を確認!

前作の全回転はパチンコ史上最長(キュイン・ウォーで6分以上)を誇る長さで有名だったガルパン。今作でも長いのかと思ったらそうでもなかった。そんな全回転は2種類ある。「キュイン・ウォーⅡ」と「トランスファー・ウォー」だ。

ガルパン キュイン・ウォーⅡ
キュイン・ウォーⅡ
ガルパン トランスファー・ウォー
「トランスファー・ウォー」

滅多に見ることができないこの2つ。今回は「トランスファー・ウォー」を画像ではあるが、ほぼノーカットで紹介。

ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転 ガルパン 全回転

という、各図柄が一旦停止し、その図柄関する生徒たちが登場していく全回転。劇場版の映像がそのまま使用されている。今作では全回転映像発生から図柄揃いまで約2分31秒だった。

でも前作は「キュイン・ウォー」が長いと有名だったことを考えると、もしかしたら「キュイン・ウォーⅡ」が長いのか……。まだ編集部も見たことがないので不明である。

ちなみに「トランスファー・ウォー」の発生契機は特殊で、フリーズ演出から。どんなフリーズかというとこんな感じ。

ガルパン 全回転
何の予告もなく「7・6・7」が同時停止
ガルパン 全回転
こ、壊れた!? ( ゚Д゚)
ガルパン 全回転
ブラックアウトからボタンが出現
ガルパン 全回転
え? ……ハズレなの?
ガルパン 全回転
保留が減らずに変動開始!(゚∀゚)
ガルパン 全回転
「待ったぁ!」のボイス発生で全回転!

平和の全回転は予告が無く発生することが多いため、ビックリさせられる。

最終決戦は長い……かも

ストーリーリーチの最終決戦リーチはTOTAL信頼度91.7%。ハズす方が難しいレベルである。

ガルパン
最終決戦リーチ

編集部員でも3回の目撃証言があるが、ハズした人はいない。というか、ハズレと大当りの分岐点すらハッキリとはわかっていない。

最終煽りというものが無く、大当りも平和お得意の「またぎ演出」で開始する。これが初見では長く感じた。試しにリーチ発生から大当りまで時間を測ってみると約3分29秒。……長いような気がする。

おそらくこれはクライマックスをフルでお届けしたいという開発チームの想いなんだろうと思う。

ガルパン 最終決戦

リーチ中盤のこのシーン。ココがハズレor大当りの分岐点で、右からクマが出現しなかった場合がハズレではないかと編集部では睨んでいる。ちなみに、最終決戦リーチでの大当りは実戦上すべて10R大当り(時短6回)となっているぞ!

一発告知からのボイスが長め

一発告知と言えば「キュイン!」などが一般的ではあるが、平和の一発告知は……例えようが無いのでみんな想像してくれw

お馴染みの平和の一発告知なのだが、その後「おめでとう!」というボイスが発生する。このボイスが主人公の西住みほが言うものだけだと思ったら大間違い。

なんと31人のキャラが順番に「おめでとう!」と祝福してくれる。ただし、ボイスのみでカットインなどは無く、予告やリーチはいつも通り流れている。31人分のボイスが流れるため、リーチ中すらも「おめでとう!」と言われ続ける。ちょっとした羞恥プレイに近い。

そんなガルパンだが、戦車同士で戦うようなリーチは少ない。楽曲系リーチが強かったりする謎の台である。つい先日も保留1個を残して席を立った人が居たが、まさかの楽曲系リーチ(EEM楽曲リーチ)で当り。

ガルパン EEMリーチ
EEMリーチ

その後、左右の安全確認をし、編集部員が美味しくいただきました。

遊タイム1回転前は必ず戦車道リーチ

「あと少しで遊タイムだったのに!」と苦い経験をした人も多いだろう。

本機はなんと500回転目に必ずリーチに発展する。しかも、激アツの「戦車道リーチ」に発展してしまうのだ。平和の嫌がらせか? 嫌がらせなのか!?(;゚Д゚)

でもほとんどハズレ。ラスト1回転で大当りになるほうが珍しい。ではなぜラスト一回転でそんな激アツリーチにするかと言うと……復活演出のようにして遊タイムに突入させたいからだ。

ガルパン 遊タイム

もし最後にブラックアウトしてこの画像の演出ではなく、金の扉が出現した場合は本当の復活大当り。そんな超不幸? な人が居たら教えてほしい。取材したいぐらいレアの体験だと思うぞ!

 

結論:ガルパンはおもしろい!

ネット上では「出玉が少ない」や「右打ち中があまり……」など批判的な意見が見られたが、打ってみて思ったのはそれでもそこそこ楽しいと感じた。

ライトミドルとはいえ、キツい時もあるが、それも補える連チャン性能。Vストックの連打も多いので、10連チャン程度ならそんなに珍しい話でもない。

演出カスタムもできるため、ストレス軽減(先読みのガセなど)もできる。楽曲も良いものが多く、通常時から変動BGMをカスタムできるぞ!

さりげないアンコウランプによる一発告知もあるし、詳しく調べたらまだまだ法則なども見つかりそうだ。もし追加で判明したことがあれば、パチマガスロマガモバイルサイトで追加していくぞ!

ガールズ&パンツァー 大洗女子学園フラッグ 90×64cm インテリア 公式 COSPA コスパ

価格:2,750円
(2021/6/5 14:55時点)
感想(0件)

UDF ガールズ&パンツァー 最終章 シリーズ2 ケイ フィギュア メディコム・トイ

価格:1,440円
(2021/6/5 14:56時点)
感想(0件)

新台導入カレンダー