歴代牙狼シリーズを担当してきた人間の目線から見る 『実機を実際に見て、本気で楽しみになった』演出は…!!【P牙狼 月虹ノ旅人】

歴代牙狼シリーズを担当してきた人間の目線から見る 『実機を実際に見て、本気で楽しみになった』演出は…!!【P牙狼 月虹ノ旅人】
P牙狼 月虹ノ旅人

ついに正式発表があった「P牙狼 月虹ノ旅人」! 細かい演出解説はパチマガスロマガモバイルを是非見ていただければ。

パチマガスロマガモバイル「P牙狼 月虹ノ旅人」特集ページはコチラから!
↓ ↓ ↓ ↓

そんな中で、パチマガスロマガFREEでは歴代牙狼シリーズを担当してきた人間の目線から見る『実機を実際に見て、本気で楽しみになった』部分をピックアップしてご紹介していきたいと思います!!

「VFX予告」が復活!!

P牙狼 月虹ノ旅人 黒ノ列車予告

牙狼といえば、突然の図柄全消灯から牙狼SPリーチに発展してビックリ大当り! ……てのが好きだったという方。朗報です!
前作ではなくなってしまっていた「VFX予告」が今回は「黒ノ列車チャレンジ」として復活しております。

しかも! 黒い炎と共に消灯する図柄、ボタン連打でパネル昇格を狙うドキドキ感。そして牙狼カットインからの金枠昇格。安心してください、すべてあります!

個人的に一番継承していて欲しいのは「保留3個以上からの消化時に図柄消灯発生=ガセなし」の部分です。
突然の牙狼SPリーチ発展は前作もありましたが、やっぱりこの演出パターンあってこそ「牙狼打ってるなぁ」って感じがするんですよね。

牙狼SPリーチで「ギミックを操作しないと倒す映像がしっかり流れる」!

P牙狼 月虹ノ旅人 牙狼SPリーチ

パチンコ・原作共に牙狼ファンなので、やはり「牙狼がホラーを倒すシーン」はグッとくるものがあります。

ここ数作では「ギミックを操作してもしなくても、F.O.G.作動→決めセリフ」となっていましたが……今回は「ギミック操作→F.O.G」「ギミック非操作→間のホラーを倒すシーンの描写がしっかりある」!

すんごいマニアックな部分でスミマセン……。でも、打ち込んでくるとこの「細かな描写」が非常に嬉しいんですよ。「あ、今回は押さずに映像見たい」的な選択ができて。

しかも! 今回は同じ牙狼SPリーチでも「絆図柄の有無」で映像が違うので、さらに楽しみは倍増!
取り敢えず、全牙狼SPリーチパターンを携帯動画でコンプするのが密かな目標であります。

出るだけでアツいが「牙狼」の予告の素晴らしさ!

P牙狼 月虹ノ旅人 G-PUSH

牙狼の良さの1つに「出るだけでビクッ」となる予告が突然出ることだと思っています。あまりにまどろっこしい煽りが苦手なんですよね……。

そして、今作でも「出るだけでビクッ」は強化されています! その代表と言えるのが「G-PUSH」。変動中に突然発生する激アツPUSH演出で、出てくるだけで
「P.F.O.G.」or「牙狼SPリーチ最後のデバイス」に直結! GARO保留といい、この突然の強予告が煽り演出が増え続けるパチンコにおいては最高すぎる瞬間……。


バトル勝利で「次の大当り」の安心感はやはり格別♪

P牙狼 月虹ノ旅人 魔戒チャンス

ベタですみません……でも、やっぱりここを語らないわけにはいかない!!

昨今はSTスペックが続いた牙狼シリーズですが、初代は今回のような「すぐに大当りしてラウンド中バトルで決着」で、空前のヒットとなりました。

それを継承しているのだから、面白くないワケがない(笑)。シンプルだからこそ、嬉しい瞬間が一足先に分かる。コレ、パチンコで凄く気持ちいい瞬間だと思います。

しかも、今回は気分にあわせて「3種類の演出パターン」が選べる! 継続したときは出玉1500発(払い出し数)をGETしつつ、皮算用ができるワケですよ。最高すぎる至福の瞬間!!

また「復活」の瞬間も溜まらないんですよ。リザルト画面が出て、絶妙な間からの「プチュン」!
これ実際にホールで体験したら「あ、好きっ」てなることは間違いないです。
例え、「大河開眼」画面でも(笑)!!

P牙狼 月虹ノ旅人 大河開眼

他にも「ワクワク感がマシマシになる効果音」だったり、バーサライターと連動する「M.F.O.G.」だったり、復活した「エンブレム役モノ」だったり。今回ならではの「三騎士での鎧召還だったり」と、見どころはあり過ぎるのですが……。

あ、何気に今回から演出カスタムやオートボタン機能が搭載されているのもポイント高いです。

今回はこの辺にしておけとのお達しが(笑)。スペックの時点でも相当な話題となっている本機ですが、演出面でも「ヤバいくらい楽しい」のは間違いないと思います。

取り敢えず、「保3以上のタイトル予告でガセなし」が継承されていれば、まずは合格と思っております!!

新台導入カレンダー