【P激デジ真・牙狼】甘くなり過ぎてどうしよう

【P激デジ真・牙狼】甘くなり過ぎてどうしよう

新台の「P激デジ真・牙狼」が導入されました。

牙狼

スペックは

■当選確率
1/77.74→1/72.73

■時短
50回転

■ST
100回転

■時短引き戻し率
51.1%

■ST継続率
77%

■大当り出玉(右打ち中)
900個(25%)
360個(50%)
180個(25%)

大当り確率は右打ち中でもほぼ変わらない、時短突破型の台。パッと見でもそこそこ甘そうな感じがしますね!

唯一不安なのが、ヘソ1個賞球ということ。それ以外はあまり弱点の見当たらない台です。それに遊タイムも付いています。発動条件は、低確時230回転消化で時短295回転発動。

さらに突サポ(C時短)もあり、残保留で1/319.68を引くと時短230回転へ突入します。現実的には大当りを引く方が多いですけどね。

それでもかなり甘い台になります。なんと等価ボーダーは15.0! 3.57円交換でも15.6! 甘すぎですね!

 

ホール扱いは?

これだけ甘いとさすがにホール側も甘くないのでは? って、思うじゃないですか? まさにその通り、そんなに甘くはありません。調べたところボ-ダーを超えるような台を設置しているホールはほぼ無かったです。

ヘソ1個賞球なので、回っていない時は本当に辛い時間……。

で・す・が!!

実は攻略打ちをすれば、ボーダーを大きく下げることが可能! 甘すぎてさすがにホールからすぐに無くなってしまうんじゃないかって心配になるぐらいです。

しかも、この攻略法が意外なほど簡単。特に電サポ中の止め打ち手順はひとつしかないので、誰でも可能です。

電サポ中の止め打ちは、打ちっぱなしとの差が100回転で60個つきます。一日打ったら……5000円ぐらいの差は全然ありそうですよね! といっても、右の状態も重要となりますが。

それでもかなり甘くなっちゃうのは事実! その肝心な攻略法は……パチマガスロマガモバイルに掲載してますよ☆

どのくらいボーダーが下がっちゃうか気になる方は、ぜひアクセスしてみてくださいね!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー