【パチスロガメラ】ウド茂作が最速実戦!

【パチスロガメラ】ウド茂作が最速実戦!

早速打ってきました!

先日、6月導入予定のパチスロガメラを試打してきました。実戦の詳しい様子や差枚数なんかはパチマガスロマガモバイルサイトの超速ニューマシン実戦記に掲載されますので、ぜひそちらをご覧ください。

さて、このページではウド茂作が独断と偏見で考える「パチスロガメラの面白いところ3選」をご紹介させていただきます!

あくまで独断と偏見、そして半日足らずの短時間実戦での結果なので、予めご了承ください~!!

面白いところ①…通常時の逆押し

ガメラは順押しするか、逆押しするかで通常時のゲーム性がガラッと変わります。

順押しするとバトル目から発展する「大怪獣バトル」がメインのゲーム性。

逆押しすると確定役がほぼ見抜けるリーチ目メインのゲーム性となります。

そして半日打った結果、逆押しの方が面白いと僕は感じました!

液晶でのバトルでガメラを応援することも、もちろん楽しいと思うのですが、やっぱりリーチ目が出現した瞬間のトキメキには代えられません。

小役orボーナスで小役がハズレた瞬間には日常から非日常への扉をくぐったかのような、無重力空間へ突入したかのような得も言われぬ気持ちよさがあるんですよね~!

なので僕は逆押し推し!!

 

面白い所②…【BIG中の対戦キャラ】

まず、BIG中のゲーム性を簡単に紹介します。BIG中はJAC待機とJACを行き来するゲーム性で、JAC中(最低5回・純増約90枚)は「大怪獣バトル」が発生します。バトル勝利でJAC自体を上乗せです。

さて、JAC待機中は液晶右上に次回のバトル相手が表示されているのですが、特定演出発生時に中リールの赤7を上段か中段に目押しすることによって、バトル相手が「必ず」1段階昇格します。

では、実戦上のバトル勝率をご覧ください。
※対戦相手は上から下へ昇格していきます。

ジャイガー:0%(0勝1敗)

バルゴン:9.09%(1勝10敗)

ギロン:10.00%(1勝9敗)

ギャオス:25.00%(3勝9敗)

ジグラ:100%(2勝0敗)

バイラス:100%(1勝0敗)

サンプル数が少ないのですが、現時点ではジャイガー、バルゴン、ギロンの勝率がかなり低くて、ギャオスでチャンス、ジグラから大幅に跳ね上がっています(バイラスは文字がレインボーなので勝利濃厚かと!)。

つまり、ギロンまではかなりキツい。ギャオスはチャンスだけど正直厳しい。ということは、次回バトルの相手がギロンやギャオスというタイミングでの目押し成功がめちゃくちゃ大事ということになります。

さらにいうと、技術介入役(赤7を狙う演出が発生するやつね)を引くことが大事。

実戦上の技術介入役出現率は約1/4.7。JAC INは約1/4.5と、比率はほぼ1:1なので、決して不利な勝負ではありません。

なんならジグラだって勝利確定ではないでしょうから、次回ジグラ時の技術介入が最もアツいと言えますね。

ちなみに、同BIG内であればバトルに敗北した際でも対戦相手が引き継がれるので、チャンスは継続しますよ!

面白いところ③…通常時の押し順当て

通常時にリールが逆回転すると押し順当てチャレンジの合図です。

逆回転が継続するほど押し順の択が3択→2択→1択と昇格していきます。

見事押し順を正解し、ギャオス(青い怪獣)が揃わなければボーナス確定! …なだけではなく、なんと実戦上BIG濃厚なんですよね。

本機のBIGは平均560枚獲得という高性能になっております。あえてハッキリと言うと、20円スロットなら1万円分のコインが出てくるということですね。

そんなBIGが、最低でも1/3で当選するという状況がアツくなくて、なにがアツいかって話ですよ奥さん!

さらに昇格すれば1/2で1万円分のコインって…アツすぎ~!!

以上が、ウド茂作がオススメするガメラの面白いところ3選です。もちろん、本機の面白いところは他にもたくさんあるでしょうけどね。

しかし、初打ちの際などにこの記事が参考になったら嬉しいです!

リール配列

新台導入カレンダー