【最速レビュー】マガ激推しの最新役モノ機! ドテチン&永浪が「P天龍∞2」の注目ポイント(第一感)を語る!

【最速レビュー】マガ激推しの最新役モノ機! ドテチン&永浪が「P天龍∞2」の注目ポイント(第一感)を語る!
P天龍∞2筐体
P天龍∞2(マルホン/2021年)

役モノガチ勢の男たちは、「P天龍∞2」のココに震えた!!

今春登場するパチンコ機の中でも、ニッチで濃厚なパチンコユーザー「役モノファン」の魂を最も熱く奮わせているのが、マルホンから登場する「P天龍∞2」。

役モノマシンをこよなく愛し、役モノマシンで勝ち続けているライターも多いマガFREEのイチ推しマシンだ。

そこで今回は、先日マルホンから発表された公式PVを、パチマガきっての役モノガチ勢、通称「マガの役モノ四賢人」が見て、その第一感から沸き立った本機への期待と興奮を語った。

 

前編の今回は、「役モノを愛し、役モノに愛されない男。役モノ探訪人」ことドテチンと、「打つパチンコはほぼ役モノ機。孤高の役モノプロ」こと永浪が登場!

ドテチン「ホール内の設置バランスが崩れるくらい導入されて欲しい!」

ドテチン

良い意味で期待を大きく裏切られた!

あの、怪物マシン天龍インフィニティに待望の後継機が登場するらしい。この役モノ機枯渇の時代の救世主と成りうると思うと高揚感が半端ない。

ただ、進化・継承と謳っているが、正直、初代の完成度が恐ろしいほど高いゆえ、あまり大きな変化は必要ないのではないかと思っていた。

しかし、PVを見ると、クルーンの数がひとつ増えて4つになっているじゃないの!

何となく開発陣が、「3連クルーンを越えるのは4連クルーンしかないっしょ?!」とか言っている光景が見えて、思わず笑ってしまったが、これこそがマルホンイズム。冗談のように思える理想を具現化してしまう勢いが素晴らしい。

 

初代天龍で残念だったのは、せっかく用意されていた2つのゲーム性、「天の道」と「龍の道」。これが活かされる状況がほぼなかったこと。これが継承されているのは、さすがマルホンさんだ。

天龍∞2 天の道
上ルート<天の道>
天龍∞2 龍の道
右ルート<龍の道>

ホールもなかなか大変だとは思うが、この2通りの楽しみ方を上手く扱える環境をどうにか作って頂きたい。メーカーもその願いが強いってことだよね。

 

そして、大当り後の第4のクルーンを使った「闘龍門」。これは、初代にはなかったおかわり演出。一撃6000個が倍の12000個になるってんだから否が応でも力が入るわな。

天龍∞2 闘龍門
天龍∞2、第4のクルーン<闘龍門>

まだ、情報も限られていて未体験な状況だが楽しみしかない。初代のように、ホールのシェアバランスが崩れるくらい導入される事を今から願うばかりだ。

永浪「(僥倖です!!︎)」

永浪

今度の天龍∞は連チャンする!

天龍が3年振りに復活という事で、まずはおめでとうございます!

6000発(払い出し)との出玉性能を一見して、天下一閃7000やスーパーコンビのアナログ一発系大量出玉タイプの難しさ(流行らなさ)を汲み取って、少し大人しい仕様にしたのかな、と思ってもう一度よく見たら…なに?連チャン!?

いやー、ぶったまげました。おかわりのおかわりは無いみたいですが、これおかわりクルーンのクセ次第では、一気に現役最強機種に躍り出ちゃうんじゃないですかね?

おかわりおかわり言っていたら、餃子の王将7000を忘れていた事を思い出しました。あれも息の長い機種ですね。やはり適度に役モノの中に玉が入る事が重要なんでしょうか。似た様な割数にしても、餃子とコンビじゃ客付きが全然違いますもんね。

 

無限回廊と名付けられた新しい上役モノは、台毎のクセは出そうな気がしますが、ちょっと起こしたくらいでは大幅な変化は無さそうな気もしています。動画を見る限り、大量に役モノに玉が入ると、イレギュラーでクルーンへ行く確率が上がる様にも見えます。もしそうだとすると餃子要素も入ってくるのでしょうか…そうだとしても結果的になので、似ているとは言えませんが。

天龍∞2 無限回廊
天の道、最初の新関門<無限回廊>

クルーンは実機を見ない事にはなんとも言えません。これは実戦する時の楽しみに取っておこうかと思います。ただ下段クルーンと連チャン用のクルーンが別、というのは少し気になります。連チャン用のクルーンは元々の角度を少し起こした設計にしておかないと、とんでもないモンスター台になってしまう様な気もするのですが…まあ少し起こした角度だったとしても、それでも十分ですね。

まあなんにしろ楽しみです。ホールにも相当に期待しています。ハード面でのセキュリティは若干心配ではありますが、勿論ちゃんとされているのでしょう。時勢に合っているのかよくわかりませんが、目指せ鉄火場!

次回、マガの役モノ四賢人 P天龍∞2<後編>には、「虚心坦懐」「緑山淳」が登場!

大・大注目の最新役モノパチンコ「P天龍∞2」! 名作だった初代ゆえ、ハードルあがりまくった中で、満を持しての登場となる本機ですが、役モノガチ勢は大興奮! 前作からの変更点も歓迎されている空気と熱量が伝わってきます。

 

次回更新では、マガが誇る役モノ四賢人の残る2人、「虚心坦懐」「緑山淳」が登場!

 

独自の見方で天龍∞2を斬る!!

 

お楽しみに!!!!

ライター紹介

  • ドテチン
    パチマガスロマガ専属ライター
    ドテチン
    長年に渡って活躍しているパチマガスロマガの看板ライター。無類のアナログパチンコ好き。映像でもその実力を発揮し、CSパチンコ番組、メーカーWEB動画等を中心に多数出演中。分かりやすく楽しい機種解説やMCを織り交ぜたトークは、ライターの中でもトップクラス! タクシードライバーも兼業し、プライベートでは子育てに頑張る二児のパパ。ちなみに、パチスロも大好き(好みはノーマルタイプ)。
  • 永浪
    フリーランスライター
    永浪
    パチマガライター最強の攻略職人にして、飽くなき探求心で技術向上を追う求道者。特に役モノマシン攻略には強いこだわりを持っており、日々、「玉の動き」と格闘を繰り返している。また、マガ勢随一のリリシストとの呼び声も高いが、稼働にあぶれた日は昼から酒に浸ってしまう、瘋癲な一面も併せ持つ。我が拳は我流、我流は無形を体現する、「永」遠の流「浪」人。

新台導入カレンダー