パチンコの2代目ガメラは超個性派! アナログ大当り連発が楽し過ぎる一台!!【ぼくらのガメラVOL.5「CRガメラ エクストリームバトル」】

パチンコの2代目ガメラは超個性派! アナログ大当り連発が楽し過ぎる一台!!【ぼくらのガメラVOL.5「CRガメラ エクストリームバトル」】

ハネモノ大当りで連チャン! 平均出玉は約8000発の暴れん坊!!

パチンコ・パチスロのガメラシリーズをすべてまとめて紹介していく「ぼくらのガメラ」企画第5弾! 

2006年4月、Sammyから登場したパチンコガメラの第2弾が「CRガメラ エクストリームバトル」。

昨今の機種とは違い、シンプルな盤面構成ながらスペックは超個性派! 「当選確率1/258.4のデジタル大当り」と「当選確率1/170.1のハネ開放からV入賞で大当りとなるハネモノ大当り」の2ルートの大当りを搭載した1種2種混合タイプ。

連チャンモード「ガメラチャンス」突入はデジタル大当りの3回に1回突入で、実質的なガメラチャンス突入率は「1/775.2」!!

しかしその分、出玉は約820個で継続率は約90%。とんでもない荒波マシンとなっていた。


連チャンモード「ガメラチャンス」は敵怪獣を倒すと継続!

ガメラチャンスは時短100回転以内にハネに玉を拾わせて、V入賞したときに敵怪獣を倒せば継続大当り……という仕組み。

時短100回転をスルーすることはまずない仕様で、モード終了の契機となるのは当選確率1/170.1の「2R(出玉なし)」から……いう流れになる。

2R当選時はガメラがバトルに負けて終了となる。機会としては多くないが、デジパチ大当りで偶数図柄が揃って終了する可能性があった。アナログ大当りでひたすら伸びる連チャンが、目で楽しみつつ安定した出玉を得られる爽快な一時だった。

通常時は当たる当たらないのメリハリがハッキリ!

宇宙ステージ移行(信頼度約43%)、G図柄テンパイ(信頼度約50%)、レギオン襲来リーチ(信頼度約64%)。この辺りが出現し大当りするケースが大半だった。

「エクストリームバトル」は、敵攻撃の回避を任意で選択するという斬新な演出で、★の数が多い演出があるとたまーに当たることも。(結局はハズレだとどれを選んでもハズれる)

本機は図柄揃い大当り(デジパチ大当り)でも「奇数図柄」になるかが非常に重要で、ここが失敗続きだと初当りはやたら引いているのに、何故かアホほど負けている……という状況をよく目にすることに。

その分、一撃2万発クラスはザラで収支の浮き沈みが激しい台だった。アナログ大当りの連続が楽しすぎる一台……だったんですよね。

ちなみに、当時のパチマガ誌面では機種の特殊性もあってか、実戦記事で扱っていた程度。(←編集部的には見覚えありすぎる人が実戦人だった)

パチンコ攻略マガジン 2006年5.27号より。ちなみに、この実戦で沈々に負けている人は現在パチマガスロマガのエライ人。時代は流れるもんですねえ……。

まもなく導入となる『パチスロガメラ』! こちらも要チェック!!

新台導入カレンダー