裏技? ガセネタ? 一部で噂の「魔戒チャンス突入確定打法」を検証!【P真・牙狼2】

裏技? ガセネタ? 一部で噂の「魔戒チャンス突入確定打法」を検証!【P真・牙狼2】

『魔戒チャンス』突入確定……ってホント!?

オイシイ噂となれば、仕事をすっぽかしてでも打ちに行く。ダメ人間確定生物メシUMAです。

別格レベルの甘さで連日フル稼動となっている『P真・牙狼2』。(←もちろんホールによるんでしょうけどね……)

そんな真・牙狼2に、にわかには信じがたい情報が舞い込んできました。何でも「ある打ち方」をすると、本機の『プレミアムフラグ』魔戒チャンスの直行が確定するらしい。

いやいやいや。いくら何でも、そんな都合の良い話があるワケない。

そんなワケで「そんな嘘を暴いてやろう」って心意気で、すぐさまホールに直行しました。

平日でも10台の真・牙狼2は満席でしたが、少し待つと1台だけ空き台が出来たのですぐさま着席。さて、舞台は整った。噂の真偽を暴いてやろうと思います!

第一条件が「3000大当り」を引くこと……

意気揚々と打ち始めたは良いものの、回転率は千円15回を割るレベル。……ボーダーの甘さゆえ、厳しいのはわかっていたけど。……酷すぎ!

それでも、噂の真偽を知りたい。「せめて確率くらいは回さないと恰好が付かない」そう思いながら回すこと、9000円は130回転目。

3Dトライアングル先読み(緑→赤)+タイトル予告(翼人牙狼)+ガロフラッシュ・赤(リーチ時)→扉演出(烈火炎装・再点火)→F.O.G.(金色、赤色エンブレム)→ハンプティマグナ(緑タイトル、スタイリッシュパート)

予告でガロフラッシュ・赤。リーチ中にスタイリッシュパートと強演出が揃っただけに、可能性はあるかな……と思いつつ。

無事ハンプティマグナを撃破し、3000大当り!

これにて、舞台は整った。あとは……結果だけ!

魔戒チャンスを選べる……はマジだった!

さて、重要なのはここから。この検証には以下の手順が必要となります。

【検証手順】
①3000大当りを引く
②最初の10R(1500×1回)を消化
③次の10R大当り時(7図柄揃い)に「V入賞」をさせない

コレが条件らしい。こ、怖っ! もしコレがまがい物の情報なら……最低1400発損をする。投資が安くすんだだけに「もう、ダメでもしょうがないや……」と思いつつ実行。

▲もはや恐怖しかない……▲

V入賞をさせなかった後、最悪通常時に叩き落されるのを覚悟していたのですが……無事「右打ち」指示が出つつ、電チューサポートは継続

こうなれば、あとは大当りするまで待つだけ。

青図柄揃い後、本当に「バトルボーナス」になりました!

ここで薄~い魔戒チャンス即終了を引いていなければ……

無事、実質次回大当り濃厚となる魔戒チャンス突入となりました。

つまり、ですよ?

【3000大当り時限定の裏技】
・2回目の大当りでV入賞させる……STタイプのRUSHに突入
・2回目の大当りでV入賞させない……次の図柄揃い時にV入賞させると、バトルボーナス(ループタイプ)に突入

簡単に言えば、自分でRUSHタイプを選択できる仕様になっていたのです!

どっちを選ぶのが「お得」なのか!?

実際に試してみて、右打ち中1回V入賞をさせない……ってのはかなり不安になりましたが、噂通り魔戒チャンス突入となりました。

先に挙げたように、STタイプRUSHと魔戒チャンス……最初から選択できるワケですが、ここで誰もが気になるのが「じゃあどっちを選ぶのが良いの?」って部分かと思います。

そこで、STタイプRUSHと魔戒チャンス。初回10R大当り後にそれぞれ選んだ場合の「平均連チャン数と平均出玉」を算出してみました。

【STタイプRUSH選択時】
6.18連チャン(平均8539個)

【魔戒チャンス選択時】
6.17連チャン(平均8511個)

※どちらも「初当りが3000大当り」「電サポ中の玉減りなし」の場合

正直、ほぼ気にしなくても良いレべルの差でした。

ただし、魔戒チャンスを選択すると「STタイプRUSH」は次の初当りまでおあずけ……となる点は覚えておいた方が良いかもです。

なんでこんな「仕様」になっているのか……独自分析!

ここからは、少~しマニアックなお話。あまりそう感じないよう工夫はしますが……こうした話が好きな方向け。

まずは、下の図を見ていただきたい。

まずは牙狼の話に触れる前に『Pフィーバーからくりサーカス』を例に「連チャンの流れ」を説明します。「なにゆえ?」と思うかもしれませんが、まぁ後々必要になってくるのでね……。

からくりサーカスは基本的に「下位RUSHに突入→3000大当り後、上位RUSH突入→残保留4回で引き戻せると下位RUSHの振り分けで大当り」という仕組みになっています。

んで、『P真・牙狼2』の「連チャンの流れ」。

「3000大当り→STタイプの下位RUSH突入→時短1回+残保留4回で引き戻せると上位RUSH(バトルボーナス)突入』ってイメージですよね?

それではこうして並べて、ある部分を囲んだ時……どうでしょう? 囲んだ部分がソックリだと思いません?

つまり、P真・牙狼2は

『3000大当り→STタイプの上位RUSH突入→時短1回+残保留4回で引き戻せると下位RUSH(バトルボーナス)突入』

ということだと推測。真・牙狼2は最初から上位RUSHに突入している……と仮定します。

V入賞大当りを引けずに上位のSTタイプRUSHが終了→残りの時短(1回転)+残保留4回が下位RUSH(バトルボーナス)突入抽選

コレは普通ですよね?

時短1214回転中にV入賞大当りがパンクし上位のSTタイプRUSHが終了→残りの時短(普通に行けば1000回転以上)+残保留4回が下位RUSH(バトルボーナス)突入抽選

ということかなと。からくりサーカスのように、「上位RUSHでV入賞できず(またはパンク)→電チュー残保留で下位RUSHの振り分けになる」という機種は存在しましたが、逆パターンは存在しなかったので。

この辺は「2種時短スペック」を自分が完全に把握できているワケではないので、どうして「こういう仕様なのか」を完全には説明はできませんが……結構良いセンをいってる推測なんじゃないかと思っています。コレ以外にどうもしっくりくる説明がないので!

ちなみに、コレが合っているとした場合、時短70回のSTタイプ中も同じことが通用すると思いますが……残り時短回数が少ない(当たらず抜ける可能性がある)ため、試すデメリットの方が大きいかと……。

最終的には……「気分」で選ぶがヨロシ

検証した結果、3000大当り時ならリスクなしでRUSHタイプを選択可能……ということがわかりました。

どちらを選んでも「ほぼ出玉性能に差はない」と言えるレベル。ゆえに「気分でRUSHを選択する」のも一考かと。

例えば、1回目にSTタイプRUSHをスルーしたとしましょう。次のRUSHで「スルーが怖いから……」という理由で魔戒チャンスを選ぶ。コレも全然アリな選択かと思います。

すんごい個人的な話をすれば「次回1500発が約束されている安心感」は凄く偉大。その心持ちが良かったのか……

電サポ中の止め打ち、大当り中ワンツー打法込みで出玉は2万2500発を超えました。

この連チャン自体は本当にたまたま。ですが、この選択をしたからこその出玉数とも言えます。(←あくまで結果論です)

選択の自由があるからこそ、そこで悩み楽しむこともまた一興かと個人的には思います!

P真・牙狼2関連記事

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー