【P頭文字D/偏愛機種解説Episode2】史上最強の「時短突破」スペック! 半分以上が時短200回転以上!?

【P頭文字D/偏愛機種解説Episode2】史上最強の「時短突破」スペック! 半分以上が時短200回転以上!?

学生時代は夜中に峠の頂上にある広場でドリフト練習。だいたい失敗してスピンする生物・メシUMAです。

Sammyから5月9日導入予定の『P頭文字D』

原作はスポーツタイプの車での峠バトルで知っている方も多いことかと思う「頭文字D(イニシャルD)」。自分は原作大好きっ子なので、パチンコになるってだけでもテンションアップなのですが……。右打ち中はあの『ぱちんこCR聖戦士ダンバイン』を超える内容って噂。

そんなワケで原作好きの方はもちろん、爽快連チャンが大好きな方にも見逃せない一台となっている模様です。

今回はST突入に突破が必須となる初当り後の時短『闘走MODE』に関連する解説となっています。

DON'T MISS IT!

ダンバインより間口が広がった「時短回数」

初当り後はRUSH突入チャレンジとなる時短「闘走MODE」突入がメイン。ST直行となる大当りも1%ありますが……そんなんは稀!

で、重要なのはここから。「ぱちんこCR聖戦士ダンバイン」では時短100回転のみ(1/256のスペック)でした。

が! 本機は時短200回転の可能性がある! コレだけ聞くと「どうせ数%でしょ……」って思うかもしれません。そんな本機の通常時(ヘソ)からの内訳がコチラ。

3R確変(ST直行)……1%
3R通常+時短100回転(引き戻し率約32.4%)……44%
3R通常+時短200回転(引き戻し率約54.3%)……42%
3R通常+時短65535回転(引き戻し率約99.9%)……13%

時短200回転以上の割合が「55%」もある。引き戻しが重要なスペックとしては、かなり慈悲深い!

時短消化「99回転目」「199回転目」に上記のような「長い時短でした告知」が発生する……ことがあるらしい。自身ではコレを見ることができなかったのですわ。

実質ST突入濃厚も結構あるし、間口の広さでは間違いなく「ダンバイン超え」していると思います!

時短の変動中は先読み予告メイン

保留変化、停止図柄、ロゴ落下エフェクトなどがあり、総じて「赤」でリーチ濃厚となるオーソドックスな感じ。

相手に追いつけばリーチ
「VS」が止まればリーチ
セリフ後テンパイ煽り成功でリーチ

先読み予告がそのままリーチ煽りになることもあります。当該変動予告でも「赤」が出るパターンもありました。

しかし、赤待ちかというとそうでもなく……

当該変動でギャラリーのコメント「緑」から……
リーチ成立も全然ありました。

赤エフェクトが絡めばもちろんチャンスですが、通常時と同様に「リーチ中のチャンスアップが大事になっている」印象。

つまり、リーチになればソコソコ期待できる感じでした。

通常時と同様「リーチ中」が重要

リーチ成立でバトルが発生し、その後相手を抜き去る方法が選択されるのですが……

ここが超絶重要。大当りしたときはすべて「赤エフェクト」が選択されていました。

以上のことから、予告がよほど強いパターンでもない限りはココが力の入れドコロ……と言えるでしょう。

選択されたエフェクト色がそのまま「相手を抜き去るまでの距離」と連動しているようです。

このとき赤エフェクトパターンだとハチロクのスピードが出ているときに鳴る「キンコン音」が連動。こういう芸の細かさはファンには楽しい限りなんですわ……。

抜き去り成功で大当り=ST突入!

ちなみに、対戦相手で信頼度が変わるかは現状不明なのですが……「庄司慎吾」が対戦相手となるパターンはもらったも同然となるみたい。抜き去る方法(エフェクトパターン)が決まる直前に、突然乱入してきましたわ。

そんな時短中をまとめると……

【変動中】
●先読みは青<緑<赤の順でチャンス。緑は保留変化ならアツそう。基本は「赤」ならアツい。
●変動中予告にも「赤」はあり。
●「赤」がなくとも、リーチになればワンチャンありな印象。

【リーチ】
●とにかく抜き去る方法で「赤」が選択されるかが重要。
●最後のボタン変化もある(激押しを確認)ので、緑以下でも諦めることなかれ。

こんなところ。至極シンプルな大当りまでのフローとなっています。回転数が限られているだけに、個人的にはあまり複雑すぎるよりはコレくらいがちょうど良いかと思います。

強いていえば、リーチ成立の失敗後にチャンスがあると良いのですが……ここは今のところ不明です。

どれだけの共感を得られるかはですが……個人的に嬉しいのは「打ち出さないと大当りが始まらない」この仕様

ほら。時短突入時だと「ここから頑張るぞ」ということで小休止したり、ST突入に成功した後は「ココでヤレるかがプラス収支になるカギ」って時点で一服したいもんじゃないですか?

「変動中に打ち出し止めたら良いじゃん」って言われたらその通りなのですが……「変動が始まったら席を立ちたくない派」には嬉しい仕様。(←オカルトでスマン)

何よりスピード感にベストマッチな「楽曲」が最高過ぎる

時短中やST中は楽曲を任意で十字キーを押すと変更できます。機能としてはあって当たり前レベルのものですが……ここで流れる楽曲が神過ぎる。

【右打ち中に選択できる楽曲】
Shining Speed
NIGHT OF FIRE
RUNNING IN THE 90'S
リザレクション
CRAZY FOR LOVE
around the world
Gamble Rumble

など16曲のユーロビートを収録。(←加えて、楽曲が切り替わっていく「ノンストップメガミックス」もある)

アニメ内でも流れたスピード感のあるユーロビートが流れるだけでも充分なのですが……ここにアニメの第一期OPの「around the world」と劇場版の第3期OP「Gamble Rumble」が流れるのが自分としては最高。

コレを聴きながら頭文字Dのパチンコが打てる日が来るとはなぁ……。(←学生時代の通勤途中でずっと聴いてた)


さて。間口が広がった時短突破……コレだけでも魅力的なのですが、次回は「継続率が約93%」と現役最高峰の『最速夢現RUSH』について語らせてもらいたいと思います!

P頭文字D関連記事

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー