ヘソタイプとハカマタイプ、どっちが良い?【Pニュートキオ】

ヘソタイプとハカマタイプ、どっちが良い?【Pニュートキオ】

トキオシリーズの最新作がもう間もなく導入される。今作は2種類あり、違いについて書いていこう。

Pニュートキオ ハカマタイプ
Pニュートキオ ハカマタイプ
Pニュートキオ ヘソタイプ
Pニュートキオ ヘソタイプ

この2つが同時導入される予定。

さて、この2機種だが、どこが違うかわかるだろうか。

ゲームの流れは両方とも「トキオスペシャル」と変わらない。

そしてハカマタイプの場合は「トキオスペシャル」と釘の配列も大きくは変わっていない。

 

ハカマタイプ ハカマ部分
ハカマタイプ ハカマ部分
ハカマタイプ ヘソ部分
ハカマタイプ ヘソ部分

基本的にハカマ部分から入賞してハネが開くことが多い(ハネ1開放)。ヘソ部分から入賞した場合は2開放となるが、入賞しにくくなっている。これが従来通りのトキオ。

ヘソタイプではこれが逆になっている。

ヘソタイプ ハカマ部分
ヘソタイプ ハカマ部分
ヘソタイプ ヘソ部分
ヘソタイプ ヘソ部分

ハカマ部分は釘の本数が増えて入賞しにくくなっていて、ヘソ部分は普通のパチンコ機と同じような釘配列となっている。

ハカマ部分は入賞すればハネが2開放となるが、かなり入賞しにくい仕様。ハカマ部分に玉が侵入しにくく、侵入したとしても入賞口の上にある釘ではじかれる可能性が高い。

逆にヘソ部分からはかなり入賞しやすい。しかもヘソ入賞部分は保留機能があり(1個)、今までのトキオのような2つ入賞しても1回しか開かないという「無駄玉」の発生が少ない。

高スタートに期待できるが、ハカマタイプに比べハネ開放時間は若干短めとなっている。

共通で変化したところは?

共通で変化したところは2つある。一つ目が天釘部分。

ニュートキオ 天釘
ニュートキオ 天釘(templa)

従来なら天釘部分はすべて釘が配列されていたが、今作は強化プラスチック「templa」を搭載した。

トキオの場合は玉を打ち出す部分は皆ほぼ一緒。盤面真ん中に打ち出す時は多少なりとも強めに打つことが多い。そのため釘の劣化が早まり折れることを無くすため、強化プラスチックに変更した。

メーカー広報担当の人が「このプラスチック部分にちゃんとtemplaって書いてあるのがお気に入りです」とカワイイ笑顔で言っていました。←若い女性です。

2つ目は可変式スロープ。

可変式スロープ
可変式スロープ

動き方が少し変化。前作よりもイレギュラー入賞が少~し多くなっている模様。たしかに前作は傾斜となっているスロープが上下に動くものだったが、今作ではシーソーのような動きをする。そのため玉に勢いを付けることが可能となり、V入賞の可能性が高くなったような……気がする。

ここら辺はまだデータを多くとっていないためはっきりとは言いにくいが、「前作よりは良くなった」と覚えておこう。

打つならどっちが良い?

迷うところではあるが、正直好きな方を打てば良いと思う。今まで通りの攻略をしたいならハカマタイプ。スタートを上げてチャンスをいっぱい味わいたいならヘソタイプ。

でも導入台数的にはハカマタイプの方が多いらしい。そのため「打てる機会」に出会える確率は明らかにハカマタイプが多いだろう。

導入は6/21から。初日は甘く扱ったり、間違って(?)ものすごく良い台があったりするかもしれないので、狙ってみる価値ありだ。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー