【Pだるまっしゅ2(パチンコ)】ST継続率約91%×リーチの「必中」感が楽しい一台!

【Pだるまっしゅ2(パチンコ)】ST継続率約91%×リーチの「必中」感が楽しい一台!
Pだるまっしゅ2

本日から「7月4日から全国導入が始まるパチンコ新機種」のオススメポイントをご紹介!

今回紹介するのは『Pだるまっしゅ2』

CZ(チャンスゾーン)搭載機で「何だかわからないことがある機種は怖そう……」って思う方もいらっしゃるかと思います。

が、ヤメ時・攻め時が明確で普通に打つうえで影響はほとんどないです。そんな本機はどこが魅力となるのか……コレを解説していきたいと思います。

▲注意するのはCZ「だるま爆発モード」でヤメないこと……これだけ!▲

本機は通常時の当選確率約1/225.98の抽選と同時に『抽選確率約1/208.21』で20回転のCZ「だるま爆発モード」に突入します。

だるま爆発モードは20回転限定のモードで、このモード中に図柄揃い大当り(当選確率約1/225.98)できれば、実質ST突入濃厚となる「時短10000回転」に突入します。

早々都合良く引ける……とは限りませんが、この20回転中に大当りできればその恩恵は絶大なだけに、このモード中はヤメない方が良いのは確か。

この他にも、突サポ(C時短)に1/1279.0で突入するのですが、画面上でキチンとナビが出るので気にしなくて良いでしょう。

ちなみに、CZと突サポは通常時(ヘソ入賞時)のみ発生する可能性があります。

先読み演出のガセは多いものの……
図柄揃い煽り演出に発展すれば……
「必中ですか!?」ってくらいテンポよく当たる!

それらを経由し突入する継続率約91%STは2モードから選択可能で、変動中にいつでもモード変更が可能。

といっても、「先読み演出→煽り演出→図柄即揃い」という流れは同じなので、好きな方を選択しましょう。

このST中が他の高継続率STと比較して個性的。

先読み演出は「3連続→4変動目でガセ」ってパターンが結構あります。コレだけ聞くとえぇ……ってなるかもですが、先読み3連続でもガセが平気であることには理由がある!

ST中の即図柄揃いに直結する「リーチ演出」のハズレが本当に少ない。24連中リーチ演出のハズレは2回のみでした。

特に、「赤エフェクト」の出現はレアですが極端にアツく、ほぼもらった……と言って良い。

『リーチ演出に発展した時点で喜べる』STスペックは、これまでにはちょっと他には思い当たらないです。


▼この辺りのゲーム性の動画解説も用意させていただきましたので、是非ご覧いただければ!▼

新台評価

通常時の注目演出は「スーパー発展時」
だるまギミック爆発で「信頼度約62%」!

【新台評価 ★★★☆☆(★2.5)】

当選確率1/225.98で初当り後は時短100回転で、突破すればST継続率約91%。同社の『CR 009 RE:CYBORG』と同じような性能。

ここに、CZや突サポなどのチャンスが拡大するゾーンを付けたようなイメージです。メイン出玉が約400個と、最近の高継続率&即当りメインの機種では比較的出玉が多い部類なのはプラス材料

比較機種にもよりますが、平均連で1000発くらい変わってくるので。

先に挙げたように、ST中は図柄揃いの煽りまで発展すれば、気持ち良いくらいポコポコ当たるので「短いSTでようやくリーチなったのにハズレばっか……」ってのが苦手な人にはうってつけではないでしょうか?

弱点を挙げるとするなら、通常時。

ニューギンマシンらしい賑やかなのを想像していると、ちょっと面喰うかもしれません。金系演出がアツいのは同社の他機種と変わらないのですが、出なくても大当りするケースが結構ある分、赤系演出すら出ないときは出ないので比較的静かな感じでした。

版権モノではない……ということもあり、だるまギミックの動きや表情の変化を楽しみつつ打てるか否かで好みが分かれそう……ということでこの評価とさせていただきました。

ちなみに。電サポ中のヘソ保留当選ですが……
【時短中】時短10000回転
【ST中】時短500回転

と、リスクが軽減されているのも地味に嬉しい部分。


▼その他のアツい演出の解説や1000円あたりのボーダーラインは『パチマガスロマガモバイル』にて公開中!▼

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー