【押忍!番長ZERO】初打ち前の予習! 必ず知っておくべきポイント一挙紹介!!【ゲームフロー解説】

【押忍!番長ZERO】初打ち前の予習! 必ず知っておくべきポイント一挙紹介!!【ゲームフロー解説】

大量出玉のトリガーとなる叩きドコロ! これを覚えて初打ちを熱く! 楽しく!!

どうも、ウド茂作です。いよいよ導入が迫ってきた『押忍!番長ZERO』ですが、今回は初打ちに向けて基本のゲームフローを紹介していきますね!

誰しもが注目する本機の「上乗せ特化ゾーン」も、もちろん解説! 本機の初打ちを熱く楽しむためにも、重要なポイントを予習しておきましょう!!

通常時は押忍ポイントを貯めてボーナス抽選!

まず通常時は右のシャッターに表示されている「押忍ポイント」を貯めるゲーム性。

ベル以外の小役成立でポイントを獲得し、規定押忍ポイントに到達するとボーナス抽選を行います。

内部モードによって規定押忍ポイントと、規定押忍ポイント到達時のボーナス期待度が変化。設定変更後・ボーナス後・AT後は「ZEROモード」確定となっていて、規定押忍ポイントが浅めかつ、ボーナス期待度が高いので狙い目です!

ボーナスは「番長ボーナス(BB)」「レギュラーボーナス(RB)」の2種類がメイン。ともに消化中はAT抽選を行いますが、BBの方が当選期待度は高めです。BBは前半20Gと後半10Gの計30G。RBはベルナビ8回まで継続します。

AT中にまず目指すべきものは…

ATは主に「頂ロード」「頂チャージ」にわけられますが、まずは頂ロードからスタート。

1セット30G継続し、消化中は通常時と同様に押忍ポイントを獲得します。また、レア小役で頂チャージを抽選しています。

頂チャージは1セット10~50G。消化中は押忍ポイントを毎ゲーム獲得し、レア小役成立時は頂チャージ自体をストックします。

頂チャージの連チャン中はコインを増やしつつ急激に押忍ポイントを貯められる訳ですが、999pt到達時は「初めての教育的指導」が発生し、BB以上確定となります。さらに頂チャージは4セット継続ごとに「鉄拳制裁クラッシュ」が発生し「20G以上の頂チャージ」or「頂チャージライジング」の恩恵を獲得します。

この鉄拳制裁クラッシュが大量出玉を呼び込む第一歩となることが多いので、AT突入時はまず頂チャージの4連を目指しましょう

頂チャージのストックがなくなると頂ロードへ復帰し、ゲーム数を30Gに再セットします。頂ロードはパチンコのSTのようなイメージです。

頂ロード中に規定押忍ポイントへ到達すると「零ヶ岳ステージ」へ移行し、ボーナスを抽選します。

頂ロードと頂チャージをループしつつ、ボーナスを目指すのがAT中の基本的なゲーム性となります。ここに大量出玉トリガーが絡むと2400枚完走も見えてくるという訳です。

大量出玉のトリガーとなるのはこの3つ!!

超番長ボーナス

番長シリーズと言えば「超番長ボーナス」。こちらは今作でも健在で、強弁当orフリーズを契機に当選します。

50G継続する擬似ボーナスで、当選した時点で「頂チャージライジング」が確定し、消化中は頂チャージ(ライジング)を抽選しています。期待枚数は2000枚以上!

頂チャージライジング

頂チャージライジングはBB中の青7揃いや鉄拳制裁アタック、超番長ボーナスから突入します。20G継続し、消化中は高確率で頂チャージのストックを抽選しています。

平均約5.7個のストックを獲得し、期待枚数は約1500枚!

絶頂チャージ

絶頂チャージはAT中のBB当選時の一部で突入。10G+α継続し、消化中はハズレを含む全役で「絶ナビ」を抽選しています。1Gあたり3~50個の絶ナビを獲得します。

絶ナビとは頂ロード中のベルナビ回数のことで、絶ナビ保持中は頂ロードのゲーム数を減らすことなく頂チャージやボーナスを目指すことができます。

ベルナビ上乗せだけだと地味に見えますが、絶頂チャージ突入時の期待枚数は2000枚以上と超強力です!

本機導入は1月31日から!

通常時からAT中、そして2400枚完走が狙える爆裂トリガーの超番長ボーナスなど、導入に備えてゲーム性をここでは解説させていただきました。

さらなる本機の情報、設定推測要素や各抽選値は、パチマガスロマガモバイルや当サイトで随時公開されていきますので、ぜひ立ち回りに役立ててくださいね!

『番長ZERO』の最新情報はパチマスロマガモバイルで!


アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー