【週替特集・遊タイムマシンパチンコ/2020年9~10月導入編】PフィーバークィーンⅡ

【週替特集・遊タイムマシンパチンコ/2020年9~10月導入編】PフィーバークィーンⅡ
筐体

JBが放つシリーズ9作目のフィーバークィーンは遊タイムを搭載! 基本的なゲーム性は大当りでST+時短に必ず突入する安定・安心のスペック。ST中+時短でのTOTAL引き戻し率は約66.5%!

スペック

当選確率 約1/99.9→約1/12.0


賞球数 3&2&4&13


大当り出玉(8C・賞球13個) 10R…約950個 4R…約380個


ST突入率 100%・8回転まで継続【ST継続率約50.2%】


大当り終了後の電チューサポート 40回転or100回転


遊タイム発動条件 低確率292回転消化で時短100回転

内訳

遊タイム

遊タイム

本機の遊タイムは時短100回転。大当り期待度は約63%と、突入=ほぼ大当りではない点に注意。その分、遊タイム突入直前の台が比較的見つけやすいという利点もある。

「パチマガスロマガモバイル」では遊タイムの平均収支早見表を公開中!

パチマガスロマガモバイルサイトはコチラ!
※コンテンツを読むには有料会員登録な必要な場合もあります。予めご了承下さい。

本機の注目ポイント

シンプルながら飽きの来ないゲーム性

注目ポイント

本機の魅力は9作続くほど「シンプルなのに、飽きることなく打てるゲーム性」にある。先読み予告やリーチ時予告に一喜一憂できる『クィーンモード』。予告がほぼない分、リーチ成立がアツい『クラシックモード』の2モードを搭載。

クラシックモードは初代からおなじみのBGMに連動しつつ、中リールが図柄揃いに近づくほど期待できる「シンプル・イズ・ベスト」な楽しさの究極形と言える。

クィーンモードは激アツパターンの「赤」が信頼度60%OVERと、しっかり大当りを射止めてくれる期待度の高さ。加えて、それがなくても大当りする意外性。このバランスの良さが歴代シリーズを経てもしっかり継承されている。

意外に「出る」スペック

大当りはすべてST+時短に突入。10R大当りが13%、4R大当りでも電サポ100回が3%あり「TOTALで16%が電サポ100回(電サポ100回のST+時短TOTAL継続率約80.2%)」。
10R出玉+高い継続率が絡みつつ大当りが続いたときの一撃性は、甘デジスペックとしては破格となっている!

嬉しい「演出法則」が満載

ST中には「出現=ほぼ大当り」となる演出法則が豊富に存在。
1.保留変化発生で大当り濃厚
2.ST1回転目のリーチ成立で大当り濃厚
3.強先読み予告や変動中の強パターン出現で信頼度97%OVER

この他にも、10R大当り濃厚パターンなどがとにかく多彩!

多彩な演出法則&信頼度を「パチマガスロマガモバイルサイト」で完備!

長年愛され続ける「演出法則」はもちろん、「詳細信頼度」もパチマガスロマガモバイルサイトではバッチリ公開中!

パチマガスロマガモバイルサイトはコチラ!
※コンテンツを読むには有料会員登録な必要な場合もあります。予めご了承下さい。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー