ジャグラースペック徹底比較! 主な交換率別の平均収支を全網羅!!

ジャグラースペック徹底比較! 主な交換率別の平均収支を全網羅!!

ジャグラースペック徹底比較! 主な交換率別の平均収支を全網羅!!

一番勝てるジャグラーは? 低設定でも甘いのはどれ? 爆発力はどれくらい? そんなジャグラーシリーズの出玉に関連する疑問を、シミュレート分析から丸裸。それぞれの基本スペックと交換率&時間別の期待収支を大公開。どのジャグラーを打つか迷ったら、是非このページをチェック!

今回掲載するのは特に設置店舗数が多い、『5号機アイムジャグラーシリーズ』『マイジャグシリーズ』『ゴージャグシリーズ』の3機種。それでは早速ご覧ください。

【シミュレート条件】
●7000G×10万日試行(毎日据え置き)
●チェリーは100%獲得、ベルとピエロは取りこぼすものとして算出
●ボーナス成立後は1枚掛けで入賞させ、ブドウ成立時はブドウ奪取を優先
●投資金額に関しては1000円50枚貸し時のものを掲載

5号機アイムジャグラーシリーズ

アイジャグパネル

基本スペック

アイジャグ基本スペック

アイジャグシリーズは他に比べてスペックが低め。非等価交換ホールであれば設定6を狙うなど、シビアな立ち回りが必要となります。

平均収支と勝率

アイジャグ平均収支

47枚貸し→4.7枚交換の設定6であれば平均収支は+3万円弱といったところ。50枚貸しの5.6枚交換であれば、設定6狙いが望ましいと言えるでしょう。

マイジャグラーシリーズ

マイジャグパネル

基本スペック

マイジャグ基本スペック

シリーズ屈指の高スペックを誇るマイジャグラー。こちらは設定4以上からが狙い目で、特に設定6はペイアウト111%オーバーと非常に優秀! とは言え、それだけに設定6投入率は他シリーズに比べて低めとなっているようなので、その点を考慮してホール&台選びをしましょう。

平均収支と勝率

マイジャグ平均収支

設定6の勝率は超安定の90%オーバー! 50枚貸しの5.6枚交換でも7000Gブン回せば+4万円以上の収支が期待できます。

ゴーゴージャグラーシリーズ

ゴージャグパネル

基本スペック

ゴージャグ基本スペック

アイジャグシリーズよりも全体的にペイアウトが高く、高設定の安定度もアップ。低設定域の数値が甘めで負けにくいのも嬉しいポイントです。

平均収支と勝率

ゴージャグ平均収支

高設定域の平均収支&勝率は、アイジャグとマイジャグの中間といった感じの数値。それでも設定6の勝率は80%オーバーと、なかなかの安定度となっています。

爆発力があるのはどのジャグラー?

それぞれの基本スペックを見ていただいた後は、気になる爆発力について分析。早速、差枚数分布をご覧ください。

+2000枚以上突破率

+2000枚以上

2000枚程度のプラスであれば中間設定でも十分可能。最もカラいマイジャグの設定1でも、7000G実戦すれば22台に1台程度はプラス2000枚以上を達成できる割合です。

大量台数でフル稼働しているならホールなら、爆発している台のうちの何台かには、設定1が含まれていると思っていいでしょう。

+3000枚以上突破率

スペックが低めであるアイジャグでも、設定6ならならまずまずの突破率。しかしながら設定1~2で+3000枚を突破するのは、シリーズを問わず至難の業と言えるでしょう。

+5000枚以上突破率

最後は一気にハードルを上げて+5000枚以上突破率をご紹介。ここまでくるとさすがに設定6以外では達成しにくいラインとなっていますが、マイジャグの設定6であれば十分現実的とも言えますね。

AT機やART機に比べると、ノーマルタイプはまったりして遊びやすいなんて言われますが、こうして実際に起こる割合を数字で確認してみれば、爆発力もなかなかのものだという事がおわかりいただけたのではないでしょうか。これもジャグラーシリーズが愛される理由のひとつでしょうね!

仕事帰りにいくら勝てる?

ランプ

最後は学校や仕事帰りにジャグラーをたしなむ方々に向けた短時間シミュレートの数値をご紹介。ズバリ2000G実戦ではどのくらい勝てるのか? シリーズ別に見ていきましょう。

アイム2000G マイ2000G ゴー2000G

高設定域であれば2000G実戦でももちろん平均収支はプラスに。しかし短時間実戦では結果が荒れやすいため、勝率は終日実戦に比べてダウンする点は覚えておきましょう。

また、非等価交換ホールで実戦する場合は、極力貯玉を使用することでさらに収支をアップさせることができます。

打つべき台はホール状況を見て判断!

スペックだけを見ればマイジャグラーシリーズが圧倒的…とはなりますが、だからといってそればかりを攻めるのがベストとは限りません。自分が行くホールでは、どのジャグラーシリーズが甘く使われているのか? それをしっかり把握したうえで、最も勝ちやすいと思う台を選択しましょう!!



(C)KITA DENSHI

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー