初代ガメラを7インチ液晶でリニューアル!!【ぼくらのガメラvol.3「オオガメラ・4号機」】

初代ガメラを7インチ液晶でリニューアル!!【ぼくらのガメラvol.3「オオガメラ・4号機」】

激甘スペックはそのままに迫力をUP!!

ロデオの処女作にして大ヒットを記録した「ガメラ」を復活させたのが今回紹介する「オオガメラ」だ!!

ガメラとの変更点はパネル色と液晶サイズのみ!! 激甘スペックは7インチにサイズアップした液晶で大迫力のバトルを楽しめる様になったのだ。

つまり、編集部目線でどこが甘いとか、どこがアツいとか書いても『原点にして頂点!【ぼくらのガメラvol.1「初代ガメラ・4号機」】』の記事と同じになってしまう。なので、今回は視点を変えて実際に当時実戦していたライターに思い出を書いて貰うことにした。

天香膳一、オオガメラについて語るってよ

編集「オオガメラって打ってましたか?」

天香「・・・オオガメラっすか? 4号機の?」

編集「そうです!」

天香「また偉い懐かしいですね(笑)。打ってましたけど、なんかあるんですか」

編集「実は6号機ガメラの導入に合わせて、パチマガスロマガFREEでガメラ特集WEEKをすることになりまして…。そこで、当時オオガメラを打ってた人に思い出を書いてもらいたいなぁ~、と」

天香「なるほど、そういうことですか! それなら協力させていただきます!!」

編集「ありがとうございます!! 明後日までによろしく!!」

天香「明後日!? めっちゃ急ですね(笑)。了解しました!!」

こんな感じで突然、編集部員から連絡が入りました。

「オオガメラ」打ってました?って…いや、懐かしすぎてマジで一瞬戸惑いましたわ。4号機世代って今のスロッターでどれぐらいいてるんでしょうかね。
当時はすごい時代でしたよね。BIG711枚が1G連する時代。今では味わう事が出来ないほどアドレナリンが出まくってました。

 

設定6ツモった日にゃ万枚貰ったも同然!

では本題のオオガメラについて書いていきましょうか。

BIGは平均600枚オーバー獲得できて、設定6の機械割は驚愕の151%(設定6)。しかも、ボーナス中のリプレイハズシが簡単で、逆押しすればJACを持ち越してくれるという打ちやすさ。それなのにペイアウトは151%ってゆーのが凄かった。

ただ、間違って順押しすると持ち越さずにJACインするので獲得枚数が激減してしまう。まあ、それさえ注意しておけば問題なかったんで、注意することはないに等しいんですけど。

ボーナス中のハズレで設定も推測できるし、簡単すぎると言っていいほど簡単なのに、スペックは甘い、フル攻略できれば設定1でも105%ありましたからね。そりゃ流行るのも頷けますわ! ちょっとボーナス連なんかした日には2000枚なんてすぐ突破。設定6なんて打とうもんなら万枚だって狙えるってレベル。

通常時の打ち方も各リール毎に面白い打ち方が出来て、左から押してたら上の画像のようなリーチ目を見ることもできましたが・・・

自分はもっぱら逆押し派。なぜなら成立役もわかりやすくてボーナス察知も簡単。赤7が上下段に止まって小役がハズレればボーナス。通常時も簡単なんてホンマ素晴らしすぎる!

設定推測もしやすくて破壊力も抜群。とにかくあらゆる面から見ても激甘だったと言っていいでしょう。4号機時代で良い台、思い出に残ってる台は沢山ありますが、オオガメラで良い思いをした人・好きだった人も多いんじゃないでしょうか!

ホンマ、楽しい台でしたね!!

6号機ガメラも甘さは継承

天香曰く甘くて打ちやすかった良台「(オオ)ガメラ」のアマい部分や打ちやすい部分を継承した「6号機ガメラ」は6/7導入予定。

【6号機ガメラの機種情報は下記でチェック可能!!】
パチマガスロマガモバイル機種ページはコチラ
パチマガスロマガFREE機種ページはコチラ

【ぼくらのガメラ】
vol.1「初代ガメラ・4号機」はコチラ
VOL.2「CRガメラS」はコチラ

ライター紹介

  • 天香膳一
    パチマガスロマガ専属ライター
    天香膳一
    旅打ち企画「決死のパチスロサバイバル9」を制覇してライターデビューを果たす。高設定狙い・ハイエナの両方をそつなくこなし、歴代2位のプラス収支で旅打ちをクリアした。ライターデビュー後の現在は、実戦企画や機種ページ制作を中心に活躍。ライター歴はまだ浅いが、年齢的にはおっさんライターの部類に入る。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー