【超絶お得!】初回BONUSで確実に3000個払い出させる方法【PF.蒼穹のファフナー3 EXODUS 超蒼穹3800ver.】

【超絶お得!】初回BONUSで確実に3000個払い出させる方法【PF.蒼穹のファフナー3 EXODUS 超蒼穹3800ver.】

POPダウンロードボタン

「Pフィーバー蒼穹のファフナー3 EXODUS 超蒼穹3800ver.」過去の記事はコチラからどうぞ!

※「敵を知り、己を知れば、百戦して殆うからず」。本機は少し変わったゲーム性ですので、まだゲーム性を把握されていない方は、まずはコチラの記事をチェックして、よく理解してから読み進めてください。

 

注目ポイント…【エグ過ぎ出玉力】初回大当りで3000個!以後3800個がループ!!

スペック&ゲームフロー…【初当り4回に1回は万発超え】出玉力最強のパチンコ最新機種続報

パチンコお宝情報スクープ!! 6月登場予定のファフナー3の激熱ネタが実戦から判明!

シリーズものの役モノ機としては、レジェンド的な人気と認知度を誇ってきた「蒼穹のファフナー」。

その最新作「Pフィーバー蒼穹のファフナー3 EXODUS 超蒼穹3800ver.」の導入が、いよいよ迫ってきた。

 

そんな中、パチマガの役モノ賢人ドテチンが、ショールーム試打の場で実戦時に皆さんに絶対にやって欲しいお宝スクープネタを掴んできたぞ!

 

ドテチン曰く、

・ある瞬間に打ち出しを停止しないと、本来獲得できるはずの大当りラウンドが減ってしまうことがある

・この時、減ってしまう出玉は「825個(3300円相当)~1650個(6600円相当)の払い出し出玉」と非常に大きなもの ※詳細は後述

・つまり、この情報をしっかり理解して実践すれば、その分、まるっとお得に出玉を獲得できる

手順は誰でもできる超超超簡単なもの

というもの。

 

一体、どんなネタなのか?

早速、見ていこう。

また、本稿の最後には、ドテチンが丁寧かつ分かりやすく解説している動画も埋め込んでいるので、そちらも合わせてチェックして欲しい。

Pフィーバー蒼穹のファフナー3 EXODUS 超蒼穹3800ver.(SANKYO/2022年6月)

タイミングは初回BONUS「超蒼穹FEVER」の1回目大当り消化後!

初回BONUSは約3000個濃厚、右打ちRUSH中は約3800個のボーナスがループするという型破りなスペックで登場する本機「Pフィーバー蒼穹のファフナー3 EXODUS 超蒼穹3800ver.」。

獲得ラウンド数が欠損してしまう危険性があるのは、そのうち初回BONUS 「超蒼穹FEVER」の1回目大当り消化後(1回目大当り消化後にラウンドが欠損してしまった場合は2回目大当り消化後も欠損の危険性がある)。

しかし、ここで今回紹介する絶対に得できる打ち方をすれば、初回BONUSでの獲得出玉を確実に約3000個にすることができる。

 

ではここから初回大当り獲得〜絶対に得できる打ち方の実践ポイントまで、流れに沿って紹介していこう。

①まずは初当りをGETする

決戦図柄停止で決戦Vチャレンジ突入
液晶の指示に従って盤面上部アタッカーに玉を入れる
盤面上部アタッカー
液晶に準備完了の文字が表示されるまで打ち続けよう
盤面下部から起き上がる役モノに玉が向かって…
見事V入賞で大当り!
超蒼穹FEVER獲得!(大当り3回1セット)

通常時のリーチに成功し、決戦図柄が停止(約1/99.9)すれば、決戦Vチャレンジに突入する。

決戦Vチャレンジでは、液晶の指示に従って右打ち。上アタッカーを狙う。

この上アタッカーは結構な玉を拾うので、液晶上に「準備完了」と表示されるまでは打ち続ける。表示されたら打ち出しを停止する。

役モノ内の玉の動きに注目! 見事、V入賞で初回BONUS「超蒼穹FEVER」獲得(決戦Vチャレンジ突入時の19.5%)となる。

 

本機の大当りは3回1セットのタイプなので、初回BONUS「超蒼穹FEVER」ではこれで

●1回目…約450個(ヘソ大当り8R)

●2回目…約1275個(電チュー大当り10R)

●3回目…約1275個(電チュー大当り10R)

の出玉獲得が可能となり、計約3000個の出玉の塊をGETできる。

②【重要】この「初回BONUS」の「1回目大当り終了後」が絶対に得できる打ち方の実践ポイント!

1回目大当り消化後のリザルト画面表示中は打ち出し厳禁!

ここが重要!!!!!!!!!!

 

上の画像のように、「初回BONUS」の「1回目大当り消化後のリザルト画面」表示中は、絶対に打ち出しを停止しよう!

 

絶対に得できる打ち方とは、ただコレだけ。

この簡単な段取りで、大当りラウンドの欠損を回避することが可能となる。

絶対に打ち出しちゃダメ!

その理由は、

 

ヘソ残保留で小当りに当選していた場合にそこでVに玉を入れてしまうと、2回目の大当りが「ヘソ」当選時の振り分けになってしまい、本来約1275個獲得できるハズの10R大当りが、約450個しか獲得できなくなってしまう

※1275個ー450個=825個の欠損。825個×4円(貸玉)=3300円相当の出玉の欠損

※同様に、3回目の大当りもヘソ残保留からV入賞させてしまうと、さらに825個の欠損。計6600円相当の出玉の欠損となる

 

から。なので、

 

ヘソ残保留からV入賞させないよう、一部タイミングを止め打ちするだけで出玉の欠損は回避可能

 

となる。

 

では、その打ち出しor止め打ちすべきタイミングの見極め方を紹介しよう。

<打ち出してOKなパターン>

液晶画面で「右打ち指示」が表示されたら打ち出してOK

ヘソに残保留がない場合、すぐに液晶に大きく「右打ち」と表示されるので、止め打ちしておく必要なし!

右打ちを開始して、2回目、3回目の大当りラウンドを消化しよう。

<打ち出し厳禁なパターン>

ヘソ残保留で小当りに当選した場合は、このリザルト画面のまま、上アタッカーがパカパカと開放する(※この間、液晶に「右打ち」指示は表示されない)。

上アタッカーがパカパカと高速開放!

この時、そのまま玉を打ち出して上アタッカーに玉を入れてしまうと、2回目の大当りが出玉の少ないヘソ保留での大当りとなってしまい、計3回の大当りを消化しても約3000個に到達しなくなってしまう。

 

なので、この場合は絶対に打ち出しを停止したままにしよう。

 

ヘソ残保留の高速開放をやり過ごし、ヘソ残保留を全て消化し終えると、そこでようやく液晶画面に「右打ち」指示が表示される。

その「右打ち」指示が表示されたのを確認したら打ち出しを再開してOK。

 

これで、2回目、3回目の大当りも電チュー保留で獲得することができ、確実に約3000個の出玉をGETできる。

2回目、3回目の大当りラウンド表示が10R(電チュー当選時のラウンド振り分け)ずつになっている

◎ファフナー3で絶対に得できる打ち方 手順まとめ

長々と詳細に説明を書いてしまったが、シンプルにまとめるとこういうこと。

「初回BONUS」の「1回目大当り終了後」は、液晶のリザルト画面に大きく「右打ち」指示が表示されるまで打ち出し停止。表示されたら打ち出しを再開

このポイントを守るだけで、初回ボーナスでバッチリ約3000個の出玉獲得が可能になる。

ホールで遊技する際は、是非実践して、ガッチリ出玉を勝ち取ろう!

◎ファフナー3導入のホール関係者様へ

今回の記事、並びに動画で解説しました、「Pフィーバー蒼穹のファフナー3 EXODUS 超蒼穹3800ver.」で初当り最大約3000個をより確実にする方法を解説するPOPをご用意しました。

是非以下リンクよりダウンロードのうえ、ホール内の掲示等にご活用ください。

POPダウンロードボタン


▼ドテチンが解説するこの動画で完璧手順をマスターしよう!




アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー