【オール設定バトル】vsガルパン劇場版編・4th BATTLER角屋角成

要点まとめました。

打ってきましたガルパン劇場版。本機は左から押したときのベル揃いで、左のカウンターが進行するタイプ。おそらく内部的には押し順不問ベルですが、成立時に変則押しで揃ったとしてもカウンターは進みません。6.1号機の左1stタイプですね。

5号機のペナルティとは正確には違うのですが、中・右から押すとペナルティの対象になるという認識で大きな問題はないと思います。

なので、通常時は必ず左から押すようにしましょう。

6.1号機の初期に出た政宗3や北斗宿命は、押し順ナビによりコイン持ちを下げていますが、本機は中・右1stのベル比率を上げることで通常時のコイン持ちを下げています。今後は左1stのタイプが増えると思われますね。

ランダム打ちに対応するために押し順ナビ式を持っていったら、いやそうじゃないんだけど、ならランダム打ちなくすから左1stにしてよ。とか言う問答があったとかなかったとか…。

とまぁ細かい話はさておいて、今後は左1stの機種が増えていくので、それに慣れていきましょう。正確には「ペナルティ」ではないので、ペナルティ音が鳴らない点も注意が必要です。

双眼鏡→CZが重要そう

では、打感を振り返っていきますか。打つにあたっての要点を中心にまとめたので、初打ちの際に役に立てばと思います。

まずは覚えておくことは

・ベル5回ずつの周期でボーナスを抽選
・天井はベル25回で白7確定(AT突入率アップ)
・双眼鏡でCZの抽選
・双眼鏡以外のレア小役でボーナス抽選
・AT直撃もあり
・AT性能に設定差なし

設定差は
①最初のベル5回目の当選率
②双眼鏡からのCZ当選率
③レア小役からのボーナス直撃

この中で設定差のメインとなりそうなのは①と②でしょうか。特に②がサンプルも稼ぎやすく推測の肝になりそう。自分の実戦では16/55(29%)となりました。おそらく本前兆中の双眼鏡もカウントしてしまっているので実際に繋がった割合はもう少し高かったと思います。オール設定の他の数値を見てもらえばこれがどれだけ優秀かがわります。CZ回数に関しては内部データからも確認できるので活用しましょう。

①も大切なのはもちろんなのですが、当たりが軽いことが本機の魅力となるので設定問わずそこそこ当たるような気がします。

③も1度当たればアツいとかではなく、複数回の確認が必要そう。実戦では、24Gでの当選などもあり、早い当たりはレア小役から生まれます。やっぱ無抽選区間がないっていいよね。

ボーナスが軽い代わりに、ボーナスからATに繋げるのがなかなか狭き門な印象。赤7であれば約30%、白7であれば約50%の期待度となるので、白7確定となる25ベル天井は狙い目になりそう。ただとにかくボーナスは軽いので、赤7を数打ってATに繋げていくというイメージです。ボーナス中はレア小役とベルで高確に入れて、そこで7揃いフラグを引く。高確に入れるほどゲーム数も伸びるので枚数的にも得となります。この高確突入率が白7の方が高いという仕組みですね。なおボーナス中の2回目以降の7揃いはセットストックになります。これかなりデカい。

(これパチスロのVロゴ史上最も好き)

そして、晴れてATに突入すればAT性能には設定差なし。AT中は今までと同じベルゲー。ただとにかく相手が強いと言うか、人数が多い。絶望的な戦いを強いられることもしばしばありますが、1セットで獲得できる枚数が安定しているかつトータルで4戦なのでラストまでいける割合は今までと変わりません。継続期待度は約50%らしいですけど、50%ってね、貧富の差が最も生まれる確率ですから……。

実戦結果まとめ

■ボーナス確率・・・・・・・・1/178.89(19回)

■AT初当り確率・・・・・・・・1/679.80(5回)

■仮想投資金額・・・・・・・・・・・・・・・3万3000円

■獲得枚数・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・528枚

■収支(50枚貸等価交換)・・・・-2万2500円

終了画面まとめ

●あんこうチーム・・・・9回

●戦車前・・・・・・・・・・・・6回

●ゆかた・・・・・・・・・・・・4回

●愛里寿&みほ ・・・・・・5回

角屋角成の予想設定 「4」

ここまでで説明した内容から予想設定は4。ここではザックリと要点をまとめましたが、他の5人もそれぞれが考える推測要素や感想等書いてくれているので比べてみてください。

ホールではお姉ちゃんに大洗の制服着せちゃおっかな~。


交響曲ガールズ&パンツァー コンサート [Blu-ray]

価格:7,192円
(2021/6/4 11:19時点)
感想(0件)

ライター紹介

  • 角屋角成
    パチマガスロマガ専属ライター
    角屋角成
    かつてスロマガの看板旅打ち企画「決死のパチスロサバイバル6」を制覇してライターデビュー。現在は実戦企画や機種ページ制作を中心にライター活動を行っている。プライベートではジグマの立ち回りでパチスロメインで稼働。データを集めて狙い台を絞る能力に定評がある。無類の酒好きでビールが大好物。

新台導入カレンダー