【新台レポート】「大連チャンに夢と希望を抱いて打ち始めた瞬間に終わる絶望感」が無くなった!【P大工の源さん 超韋駄天BLACK】

【新台レポート】「大連チャンに夢と希望を抱いて打ち始めた瞬間に終わる絶望感」が無くなった!【P大工の源さん 超韋駄天BLACK】

今からちょうど2年前。パチンコ業界に速すぎるパチンコとして旋風を巻き起こした超韋駄天がさらに速く、もっと荒くなって登場するということで、超韋駄天に魅了された男・助六がさっそく新スペックの『P大工の源さん 超韋駄天BLACK(以下、BLACK)』を実戦してきました!

『P大工の源さん超韋駄天(以下、超韋駄天)』は個人的にも思い入れが強く、プライベートはもちろん始めたばかりのYouTubeやCS実戦番組など、あらゆる面で本当にお世話になった機種。

超韋駄天がなかったら大袈裟ではなく、パチンコやYouTubeに見切りをつけていたかもしれないくらい。転職で失敗続き(注・助六個人の主観です)で露頭に迷っていた源さんも救ったけど、パチカスの助さんも救ってくれた名機。それではさっそくスペック面から見ていきましょう。

通常時の変更点『メリット』

ヘソ入賞大当りからラッシュに突入した場合は全て1500発&時短127回。大量出玉+実質次回確定という強力な恩恵が得られることに。

これによって継続率93%なのに単発終了という絶望の可能性が99.99%……いや、もう0といっていいでしょう。宝くじ当てるよりスルーさせる方が難しいよ!? 超韋駄天では自分も何度か即スルー喰らったことあるけど、大連チャンに夢と希望を抱いて打ち始めた瞬間に終わる絶望感と恥ずかしさハンパないですからね……。

BLACKではそれが無くなったのは本当にデカい。

次回大当り濃厚はやっぱり精神的にラクですよね。(by担当編集)

通常時の変更点『デメリット』

突入率が10%低下して50.2%に。これは正直かなり痛い。

「その代わりにラッシュ突入時の恩恵は大きくなったでしょ?」ってことなんでしょうけど、元々ボーダーが辛めの台なんだからここは突入率60%、せめて55%ほしかったなぁと。あとは初当りの出玉が超韋駄天は6RだったけどBLACKは3Rに減少

ここの影響力は後述しますが、賞球が増えたこともあり丸々3R分減ってはいないので影響は小さめなのが救いです。

ラッシュ非突入だと超韋駄天より逃した魚がデカい……。(by担当編集)

超源RUSH『メリット』

超源BONUSの10R割合は20%→15%に下がったものの、通常時と同様に「1500発&次回大当り濃厚」となっているので、利点の方が圧倒的に勝ってるかな。

そしてスピード面で大きなメリットになっているのがアタッカーの賞球数。11個→15個に大幅アップしたことで時速出玉が大幅に上昇。超韋駄天だと時速5万発は厳しかったけど、BLACKでは実現可能になった1番の要因がここですね。

出玉的にも継続的にも10Rを取れたときの恩恵が大きい!(by担当編集)

超源RUSH『デメリット』(←かな?)

右打ち中の確率が若干下がったことにより、時短3回+1回時の継続率は約91.5%に低下。その分時短127回時ではほぼ100%を実現し、合算で超韋駄天と同じ約93%を実現しています。

これについては賛否両論分かれると思っていて、自分は超韋駄天のような常に93%の方が良かったなと思っています。127回のときに4回転以内で当たって、その次にスルーすると損した気分になりません? 器が小さいですかね?w

でも同じ考えの方もけっこういると思っています……。今まで「次回継続確定を加味した継続率約〇%」って台があまり大ヒットした印象がないんですよね。そこはちょっと不安要素。

コレは本当に気持ちというか、印象の問題ですね……。(by担当編集)

演出の99%がミドルと同じ。以上!!

これだと1行で終わっちゃうので自分が1日打った体感の話をしておくと、ミドルであったしょうもない順目や保留変化煽り、リーチハズレ後のドックン煽りなど、全体的にガセ頻度が減った印象でした。

でもほんとそれくらい。あと源さんの声だけ少し追加で撮り直してシャッターが変わったくらいかな? 元々通常時の完成度がかなり高かったのがウリでもあった機種なので、下手に変えて失敗するよりはこれでよかったのかなと思っています。

それでは実戦にいきましょう!

シャッターというか、アイキャッチが専用のものになっています。(by担当編集)

実戦

はい。いきなり通常大当り3連発という、さっそく1/2の突入率に翻弄される展開に。

超韋駄天だったら60%だから1回くらい入ってたんじゃないの!? BLACKの魅力を伝えたいんだから、デメリットはいいんだって! 味わいたい部分はここじゃないんだってぇぇぇ!!!

この願いが届いたのが4回目の初当り。ラウンド開始前のVランプ赤からようやくラッシュゲット!

長かった……一生入らないかと思った。1/2ってこういうネガティブになっちゃう要素あるよね。ラッシュ演出に成功したらそのまま10Rの大当りを消化。やっぱり初回から1500発貰える安心感はいいね!

そのままレインボーの豪華な背景に移行して次の大当りも確定♪

この勢いでサクッと大連チャン……

しませんでした……。悲しい恥ずかしい。でもこれが現実ですわ。平均14連だけど約2/3は平均連に到達しないんだから。

仕方ない……と自分に言い聞かせます。というわけで追加投資をしていると、全然当たらなそうな3テンパイ&リーチ中のチャンスアップなしで嵐を倒しちゃったよ!!

このサプライズ当選も超韋駄天の魅力を引き継いでるね!!

これで2回目のラッシュに突入。今回はこれが15%の10Rを絡めたりしながら、そこそこ伸びてくれて24連チャン達成

いやー、連チャン中のイケイケ感と出玉の多さを実感。速さは変わってないんだけど、アタッカーの賞球数が増えたのおかげで出玉の伸びが全然違う! 約12分で1万1000発ということは……5万発超えるペースなので、やはり時速出玉は上がっていますね。

そのあとは単発を引いて少し減らしたところで実戦終了。

■実戦結果

投資♦4万5500円

出玉♦7771個

収支♦-2万7500円

演出は超韋駄天と変わっていないとはいえ、完成度の高さから多くの人を魅了した機種だけあって、久々に打っても色褪せることなくめちゃめちゃ楽しかった。

元々爆発力には定評のあった機種が、「さらに現行機トップクラスの波の荒さと速さを備えて戻ってきた」という認識が一番しっくりくるかも。超韋駄天が好きだった方には違和感なく楽しめる機種だと思いますよ。

スぺック違いという位置付けで言うと初代北斗無双と月虹ノ旅人が苦戦しているように見える中、BLACKはどうなるか? 今後注目ですね!

この日の実戦の様子はコチラ!!

機種情報はコチラ!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー