【3日目】パチンコがヘナヘナならパチスロ! 『ハナハナホウオウ-30』で設定5を狙う!!【リアル実戦1週間(パチンコ)】

狙えるホールがない=指名嬢が出勤していないキャバクラ

本日で3日目となる本企画。虚心的には非常にテンションが下がる日。もうホント、指名嬢が出勤していない日にキャバに来ちゃった的な感じです。それくらい、狙えるホールがない。

そんな中でもなんとか実戦できそうな候補店は、パチンコは源さん超韋駄天と沖縄5がやや良化するも、期待時給は1000円を超えないレベル。パチスロはジャグラーシリーズやAT機に設定4、ハナハナシリーズに設定5がチラホラ入る。

と、いった感じ。夜に元指名嬢の娘さんにオンライン家庭教師で受験勉強の指導があるため、それまでは安い台でも打って時間を潰す……に近い立ち回り。

早速いつも通り整理券なぞとらずに入店し、源さんのシマを見るもヘソが板1枚分(0.25㎜)は足りない。沖縄5も同様。しかし、沖海5で奥ネカセの台を発見したため、打ってみることに。

【沖海5の収支】
投資■4000円
回収■1万1200円(2800個)
収支■+7200円

打ってみると、奥ネカセとは思えないほどステージがカラい。玉の動きからもこれ以上の回転率は見込めないと判断しヤメ。


ここで『設定5狙い』でパチスロへ!

そこで、気は進まないがここでパチスロのハナハナシリーズで設定5を探すことに。機械割は107%と虚心的には美味しくないので、ちょいと席に着いたヘルプ嬢と同様、帰宅したい時には未練なく捨てられるので都合が良い(笑)。

今回は稼動の良いツインドラゴンやプレミアムより、稼動のやや落ちるホウオウを狙うことに。過去の経験から、必ずここに設定が入ると予測済み。早速、テーブルチャージ料を支払い稼動開始!

パチマガスロマガモバイル『ハナハナホウオウ-30』の情報はコチラ!

虚心的にハナハナシリーズを打つ際に見るべき数値の重要度は
①小役重複のボーナス確率
②BIG中のスイカ確率
③パネルフラッシュ出現率
④レトロサウンド出現率

の順番といった感じだ。実際に正解のわかる台を何度か稼動したが、小役やボーナス確率は早い段階では全く当てにならない。

実際、小役確率やREG確率が良くて追ったら、ハナハナどころかヘナヘナになった人をよく目にする(笑)。

REGの1/500~1/300は、パチンコの1/500時代を経験したことがあればわかるように、終日で2000回転くらいまでのハマリ台がシマには存在していた。つまり、これだけでわかるハズがない。キャバ嬢の盛っている谷間と同じくらい、真実は謎なのである。

早速打ち始めて2回目のBIGでスイカ重複が出現し、かなり期待が持てる状況に!! 虚心的には1/2000くらいを目安に判断基準の1つとしている。

【ハナハナホウオウ-30の収支】
投資■9000円
回収■6800円(319枚)
収支■-2200円

出玉の方は全く伸びないものの、これは設定5だろうと確信。3000ゲーム近く回したところで、家庭教師用の予習もしなきゃ! ……ということで実戦終了。

パチスロのフル稼動は、翌日の肩こりによるマッサージ代も考慮すると110%は超えない。虚心的には無理なお年頃なのであった。

実戦結果【3日目】

【3日目のTOTAL収支】
投資■1万3000円
回収■1万8000円
収支■+5000円

ライター紹介

  • 虚心坦懐
    パチマガスロマガ専属ライター
    虚心坦懐
    限りなく漆黒に近いグレーパーソン。しかし、その知識は半端なものではなく、怪しい噂のある「攻略」は大抵知っている。アナログ系の役モノパチンコにも強い。ちなみに、真性のキャバクラ好きで、10割がキャバクラ攻略の話……らしい。まさに、攻略特化型なライター。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー