【オール設定バトル】vs政宗3編・1st BATTLERタイラ

旬な機種の挙動を最速でお届けします!

パチマガスロマガFREEでは初めまして、ライターのタイラです。元々雑誌で掲載されていたオール設定バトルに自分が初めて参加したのが約9年前。時の流れる速さには毎度驚かされますが、まさかこの企画をWEBで、しかも無料で読んでもらう時代が来るとは当時の自分も驚くことでしょう。

さて、そんな長い歴史を誇る当企画ですが、この度WEBへ移行したことで、我々ライターの心持ちにも若干変化があります。というのも、これまで決まったペースで発売されていた雑誌では、導入からしばらく経った機種で実戦することも多く、そのため所謂「読み物」を意識して書くのが基本でした。雑誌ってものは発売されるまでのタイムラグがどうしても出ちゃいますからね。それに対して、いつでも更新できるWEBでは「旬な機種の挙動を最速で知るツール」として利用される可能性が増えるわけで。

つまり、我々ライターの戯れ言よりも、設定毎の挙動をいかにピックアップできるかが重要。より役立つ情報をお届け出来ればと思います。あと、あれですね。雑誌と違って原稿の文字数が決まってないからダラダラと書かないようにしないと。すでに書きすぎているもの。…てなわけで、サクッと実戦どうぞ!

お決まりの高設定挙動!

いち早く実戦するということは良い事ばかりではないわけで。自分達も推測要素が不十分の中、予想しつつ実戦することになります。ただ、それでもこれはピンと来た。「大都機種でAT直撃」、これは高設定挙動と相場が決まっています。開始から1時間ちょっとでAT直撃したこの台の設定は何なのか。気になります…よね?

一撃性能に偽りなし

これまでの6号機であれば、ATが伸びたら低設定かも…と思うものもありましたが、本機はAT性能にほぼ差はないということでその心配なし。勝ち戦状態を5回継続させたこともあり、最終的に一撃1800枚を獲得しました!

ガチだからゆえに…

序盤から快調かと思いきや、真田丸攻城戦3連敗で失速…。なんと出玉もマイナス域に。コイン持ちの良い6号機に慣れているとビックリしますが、この波の荒さを世間は求めていたわけで。むしろワクワクするかもしれん。

見慣れない画面…これは!

真田丸攻城戦は失敗したものの、見慣れない終了画面が。周りの台が一度も直撃していないところを見るに(自分も序盤の一回だけだけど)、高設定を示唆しているのではなかろうか。何にせよ終了画面には要注目。これも大都お馴染みの流れ!

怒涛の連チャンで捲り成功!

このままでは負けるかも、という場面からATが伸びてくれてなんとか捲って勝利! 六文銭チャンスの2択を当てまくって13連させたのが勝因かな。様々なトリガーでATを伸ばせる可能性があるのも、本機の良いところですね。自力でやれないとツラいけど、やれれば楽しい…うん、これぞ政宗シリーズ!!

正直、このグラフを見て設定が何なのか全く予想できない…。でも、他の台もみんな似たような感じだし、これはこれで6号機時代が変わる予感に逆にワクワクする。まあ、設定は分からんけど。

予想設定…6

他にATが直撃している台が無かったこと、自分だけ出現した終了画面があったこと、これらを加味して強気の設定6予想で。現状知りうる情報だと正直推測は厳しいけど、直撃は強い要素だと思う。…どうでしょう。


(C)DAITO GIKEN,INC.

【今回のALL設定BATTLEの激闘はコチラから!】

<概要> 政宗3編・機種概要

<1st BATTLER> タイラ

<2nd BATTLER> 菊丸

<3rd BATTLER> 千奈里

<4th BATTLER> りんか隊長

<5th BATTLER> ウド茂作

<6th BATTLER> 天香膳一

<まとめ> 政宗3編・設定発表&データ分析

ライター紹介

新台導入カレンダー