【オール設定バトル】vs鉄拳4デビルVer.編・6th BATTLER日向七翔

設定判別はおまかせあれ!

どうも! 久々のオール設定バトル参加となる日向七翔です。

こちとら毎日ホールに通い、色々な機種の設定判別をしているパチスロ生活者。初打ちとはいえ、オール設定かつ周りの挙動と比べながら判別できる本企画で間違えるわけにはいかない。余裕で設定を当ててやりましょう!

…いやこれで予想を外してたら恥ずかしい。なのでせめて設定の高低だけでも当ててみせます!(一応保険をかけとく)

高設定あるある

本機の通常時はデビルポイントを貯めてアイコンを獲得し、規定ゲーム数到達で当選するジャッジメントバトルにそなえるゲーム性。ジャッジメントバトルは最大3ラウンドの一八と平八の親子喧嘩となっており、平八に勝利すればAT当選。

アイコンは継続率UPやラウンド継続等があり、ジャッジメントバトル勝利を手助けしてくれます。

さて、僕の台はいきなり天井につれていかれるも継続率62%を突破してあっさりATに当選。これは若干良い挙動かな? こういうシステムの機種は、当たりやすいかつATに入りやすいというのが高設定あるある。天井とはいえ62%を突破できたのは、良い要素でしょう。

そしてATの性能には設定差がないと事前に聞いていた通り、このATにて簡単に1700枚獲得。やはり出玉がちゃんと出てくれるATは楽しいですね。6号機の高設定はATに入りやすいけど獲得枚数が少ない事が多いですから。

設定2以上確定

2回目の初当りも天井につれていかれるも、76%を突破してAT当選。さらにAT終了画面にて銅トロフィー出現で設定2以上が確定。うん、悪くないなぁ。

しかし、この時点で隣のjinさんの台の挙動が圧倒的に良い。ジャッジメントバトルの当選も軽くATにもコンスタントに入っています。

これはjinさんの台が高設定で僕の台は中間設定って感じか。僕の台はATには2/2で入っているけど、ジャッジメントバトルの初当りが重いのが少し気になりますね。

良い有利区間は高設定挙動?

ここで実戦終了。3回ATに突入させて、3回ともそこそこの出玉を獲得。安定挙動で快勝となりました。

1つ気になったのが3回目の有利区間。

3回目の有利区間は開始時のオープニングチャージのキャラが一美。さらにオープニングチャージ終了時に表示されるカードが赤枠。

この有利区間はジャッジメントバトル300G台→ATスルー→ジャッジメントバトル300G台→AT当選の流れでした。ジャッジメントバトルの当選が軽く、2回目のジャッジメントバトルは56%でATに当選だったので、ここは良い有利区間が選ばれていたのでしょう。

AT性能に設定差がないのならジャッジメントバトルorAT当選率に絶対設定差があるはず。

良い有利区間が1回選ばれていて、ジャッジメントバトル3/4でAT当選はさすがに低設定ではなさそうですね。

実戦結果まとめ

■ジャッジメントバトル出現率・・・・・・・・1/583.25(4回)

■AT初当り確率 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/777.66(3回)

■仮想投資金額・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1万5000円

■獲得枚数・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2436枚

■収支(50枚貸等価交換)・・・・・・・・・・・・・・・・・+3万3500円

グラフを見ても、THE・6号機の高設定というグラフ。これは設定4以上でしょう。逆にこれで低設定ならめちゃめちゃ打ち手に優しい機種な気がします。

日向七翔の予想設定 「4」

今回のオール設定バトルは3人ずつの実戦で、僕と同日に実戦したのはjinさんとウドさん。ウドさんの台が明らかに低設定でjinさんの台と僕の台が良挙動。

どちらかといえばjinさんの台の方が良いので、jinさんが設定6。そして同じ日に設定5と6はないというオール設定バトルのシステム上の予想も加味して僕の台は設定4予想です。

この予想は結構自信があります。

…ってかオール設定バトルのシステムまで考えて設定予想してて、外してたらめちゃめちゃ恥ずかしい(笑)。

当たってるよね? 大丈夫だよね? 当たっててくれ~~~~!


ライター紹介

  • 日向七翔
    パチマガスロマガ専属ライター
    日向七翔
    第7弾旅打ち制覇者で、歴代2位となる+300万超の収支を記録した猛者。ゴールした後はライターの道へと進み、現在もガチプロライターとして活動している。ライターイチのサッカーオタク(自称)で、フットサルチームにも所属している。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー