現役最高峰のミドルスペック……どちらを打つべき!?【P牙狼月虹ノ旅人】【牙狼ログ~ガチンコ実戦録~ 牙狼vs超韋駄天】

ハローワールド。『P牙狼 月虹ノ旅人』の実戦総括が終わったなか、残るお題は「今回の牙狼はミドルスペックを打つなら最強なのか?」のみ!

その性能は昨年頂点に上り詰め、現在もバリバリ現役稼動中の「P大工の源さん 超韋駄天」より上なのか……?

SNSでもたびたび話題に上がる「どっちが覇権か」論争。これをシミュレート分析から独自に決着を付けたいと思います!

まずは基本的な部分をおさらい

牙狼 実戦収支 実戦投資

最高モード突入率は超韋駄天が勝るものの、突入後の平均出玉数では牙狼が勝る。

しかし、最高モードに突入しやすい=持ち玉遊技になりやすいことにも繋がる。そういった意味ではパッと見、超韋駄天の方が良さそうにも思えてくる……。この表面上のスペックだけでは測り切れない部分をここから先はシミュレートにて分析していきます!

継続率は超韋駄天だが「1万発到達割合」が全然違う!

牙狼 連チャン分布
1万発超えの8連以上は、魔戒チャンス突入時の約3.5回に1回。現実的にはかなり起こりやすい。
1万発超えの連チャンは超源RUSH突入時の約4.9回に1回発生。牙狼よりも到達するケースは少ない。その分、RUSH突入率が高くRUSH挑戦回数で有利に立ちやすいのが魅力。

継続率に開きがある分、牙狼で20連以上することは2.26%(魔戒チャンス突入時の約44回に1回)と、到達することは稀。

しかしその分、継続時は約1400個の出玉が確約されるため、継続となった場合の重みが違う! そのため、◯万発到達割合では牙狼が圧倒的に有利となっていますね。

特に、3万発超えの出現割合は「牙狼が超韋駄天の約1.8倍」! SNS等での爆裂報告が非常に多いのも納得の結果となっています。

ちなみに、一撃5万発以上への到達割合も算出。超韋駄天の一撃10万発発生割合は、2020年の宝くじ1等当選確率(約2000万分の1)より上らしいヨ……。

牙狼は「一撃5万発以上」の出玉ですら、【現在の導入台数約3万台】【そのうちが一斉稼動した場合、半分が魔戒チャンスに突入(1.5万台)】【さらにそこから10台が5万発以上に到達】してしまう部分。

現役マシンの中でも、屈指の一撃出玉の可能性を秘めていることは間違いナシ!

魔戒チャンスは魅力なものの…現役マシンでもトップクラスに「荒れやすい」!

次は、「牙狼…千円あたり17回転」「超韋駄天…千円あたり19回転」の条件で、実戦シミュレートをやってみました。

どちらも「3.57円交換」「ボーダーマイナス2回転」と、割と目にするような条件です。

まずは「投資金額」から。普通ミドルスペックを打つ場合でも「3万円」が1つの押し引きのラインになるかなと個人的には考えており、投資上限は1回の実戦で「3万円」に設定。

そのうえで、持ち玉がある場合はひたすら続行。最大11.5時間実戦……という条件下で算出しています。

投資金額「3万円上限」の場合の分布

どちらも「3.57円交換のボーダーマイナス2回転」の条件なので、3万円上限ではほとんどの場合は全額なくなり、例え持ち玉になっても大半がマイナス収支計算になってしまいます。

それでも、投資金額に関しては「超韋駄天」の方が若干マイルドという結果に。

これは、「RUSH突入率」の差が想像以上に影響しているようでした。結局は展開次第ではあるのですが、「回らない」「右打ちモードに入らない」だとどちらの機種も勝つのはまず不可能……ですね。

では、こんな厳しい台でも果たして勝機はあるのか。勝つ場合はどれくらい勝てることが多いのかを見ていきましょう。

はい、当然ながらどちらを打っても、回らない台で1日打ってしまうとかなり厳しいです……。

特に、牙狼は勝てる割合が15.9%(約6.3回に1回)と「魔戒チャンス突入の有無が勝敗を左右する、スペックの荒さ」もあって、相当な運任せな打ち方になってしまいます。

それでも、どちらの機種も「5万円以上勝ち」が約10回に1回は存在する(勝つ日は半分近くが「大勝になる」)のだから夢があるとは言えますが……。

こうした回らない台で粘るくらいなら、まだ「一撃連チャン後即ヤメ」の方が賢明と言えるでしょう。(←当然すぎますよね……)

結論 右打ち突入時の安定感と出玉は「牙狼」!

超韋駄天を遥かに凌駕する「牙狼の〇万発到達割合」は驚異的の一言。しかし、魔戒チャンス突入率50%と初当りの少出玉の影響で、実際に体験済みの方もいることかと思いますが、決して「ド安定」で勝てる台ではありませんね。

どちらの機種も右打ちモードの滞在時間が短く(←つまり速いってこと)、「通常時を回すことになる機会」は確実に多くなっています。

特に、牙狼は「右打ちモード突入せず&少出玉」が超韋駄天より多くなります。回転率の影響は「超韋駄天以上に高い」ということも頭に入れておくべきかと思います。

一撃離脱戦法であれば、遅い時間から打てて夢が見られる楽しい機種なのですが……1日ツッパる場合は、それなりの台を打てないと超韋駄天以上に痛い目に会うことがある……ってことです。

「じゃあ結局どっちが良いんだよ?」って? まぁ……回転率の良い方を打つ……これはパチンコである以上、基本です(笑)。しかし、個人的にはミドルスペックを打つ意味というか期待するところ……。それはやっぱり「一撃〇万発」という爽快な勝ち方にあると考えています。

この意味で「牙狼」は確実に現役マシンNo.1と言えるでしょう!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー