【新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~フェスティバル(第5戦)】アツい保留や先読みを減らした結果がもたらした意外性が飽きずに楽しめる!

【新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~フェスティバル(第5戦)】アツい保留や先読みを減らした結果がもたらした意外性が飽きずに楽しめる!

いまや看板機種となっているホールも多数存在する『新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~』。

台数が多いホールでも稼動がまったく落ちる気配が現状ない……本当に凄いことです。そんなエヴァ、流石にもう勝てる状況が増えてきたハズ……ということで、『実戦機種がエヴァのみとなるガチンコ勝負企画』開始!

今回は初代エヴァから打っている『助六』。素晴らしい着眼点を持っているので、どんな部分を楽しんでいるのか……注目です!

刮目ッ!
■実戦ルール

【1】実戦機種は『新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~』のみ!

【2】実戦時間は特に縛りなし。勝てる台なら打つでしょ普通?

【3】差玉で1番勝っているヤツが勝者!

毎変動最も期待できるミドルスペック!

エヴァ15は筐体の真ん中にハンドルを付けるという大胆な改革で話題を呼びましたが、実は「演出バランス面も意図的に大幅なメスを入れていたのではないか!?」と思っています。

それは「通常時に毎回転期待できるミドル機種」を目指した原点回帰という名の改革です!


本題に入る前に。エヴァ15は過去シリーズで最も保留変化に頼らない機種になっているという話をしますね。

赤保留は信頼度が90%あっても、数日打って1回出るか出ないかのような出現率だし、緑保留は相変わらず空気だし……良い意味で保留がどうでもいいんですよね。この保留軽視バランスこそが今回カギになってきます。

自ずと変動開始時にアツい瞬間が減るため、重要になるのが変動中演出。他の予告が絡みにくい代表的な演出がバラケ目エヴァ発進や最終号機リーチの発展煽り。

先読み経由もたまにあるけど自分の実戦上、半分以上は無演出からの突然発展。

ゼーレのSOUND ONLY演出やゲンドウ発言予告も「ハイハイ……」って思ってたら急にアツいセリフを発して当たる……ってパターンを皆さんも体験したことあるんじゃないでしょうか?

これらの演出は、全てアツい保留や先読みを減らした結果がもたらした意外性だと思っています。

普通は打ち込むほど大当りのパターンが見えて飽きがくるのに、エヴァ15は打ち込むほど図柄が止まる瞬間まで期待するようになっちゃうんですよね。これって何気にすごいなぁと。

初代からシリーズを打ち込んでるオールドファンからすると、変動開始時「次回予告」や「無演出から135図柄停止」など突然やってくる快感もパチンコ本来の楽しみだと思っていて。

原点回帰して再現したことこそ、エヴァ15が大ヒットした隠れ要因の1つだと思っていますよ。

筐体にしろバランスにしろ試みが斬新で、コケてまとめサイトなどでボロ雑巾にように叩かれる可能性もあったのに、それを恐れずに大改革して成功させた開発者の方には頭が上がりませんね。

これからも毎変動最も期待できるミドルとして楽しませてもらいます!

実戦は月イチ狙い目の日!

月イチの狙い目の日となるホールに200人ほど並ぶ中、抽選16番を掴み取りワープが良いエヴァの優秀台をGET!! 結果的にこれが21.1回転の優秀台でした。

どの機種よりも早々に全台埋まるエヴァの勢いは本物ですわ……。

実戦は朝から500ハマリスタートするもエヴァ15の真骨頂、無演出からのバラケ目エヴァ発進が成功し、これが激アツの加持+マステマを引っ張ってきて大当り!!

今回のエヴァはこれがあるから図柄停止の瞬間までわからないんだよね♪

このあともハズレ目からの最終号機リーチが当たったり、通常時演出を毎回転飽きることなく堪能。最終的に投資5万6500円まで膨れ上がるも、最後に6連して少し取り返したところで実戦終了。

実戦結果

■実戦結果

投資♦5万6500円

出玉♦8382個

交換額♦2万9500円(3.57円)

収支♦-2万7000円

1000円あたりの回転数♦21.1回転

負けてても取り返せる気がしちゃうスペックと通常時の捨て変動を極力まで減らした演出の完成度を再確認&堪能。回る台も打てて楽しい1日でした。

新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~関連記事

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー