【7日目】TAKAOや平和マシンは回転率の高い台をイチ早く確保しやすい!!【リアル実戦1週間(パチンコ)】

キャバクラでもパチンコでも、調子に乗ると大抵ロクなことにならない

遂に最終日を迎えたリアル実戦1週間。この日の候補は2店舗。

【候補①】狙い目の日で信頼度は高め! ライトスペックと牙狼シリーズが期待できそう! そして、真・牙狼あたりが呼んでそう(笑)。

【候補②】パチンコは論外の状況だが、パチスロに高設定が使われる傾向がある店。番長シリーズ、アクロス系が良い印象。


と、こんな感じだが過去の経験上、候補①のホールでほぼ落ち着くはず。最終日まであぶれたら「このおっさん、いったい何やってるの!?」って言われるだろうから、釘の妖精さんに祈りつつホールに到着。

そんなやる気を見せつつも、整理券はいつも通り確保しない(笑)。ゆる~く入店して徘徊をしてみると、良い状況の機種が数台。

ここで回転率の良い台をイチ早く確保するための重要な知識をご紹介! 

ヘソサイズが一律だった場合、基ゲージが甘い台ほど回る可能性が高い。メーカーごとに区分できる最近だと、TAKAOや平和は期待できる場合が多い。SANKYO系や京楽系はゲージがカラく、かなり見た目が良くないと回らない。

そんななか選んだ機種は「P真・牙狼」。サンセイR&Dも基本的にゲージがカラめだけど、牙狼に関しては別。同社の他機種に比べてやや甘めで、見た目が良ければ素直に回ってくれる印象。

実戦店を決める際の予想通り、釘状況はやはり良さげ(基ゲージは「P牙狼月虹ノ旅人」とほぼ一緒なので見慣れたもの♪)。自身の経験から23回転/千円くらいはあると予測し、早速稼動開始!

『P真・牙狼』の虚心的ポイント

《ゲージ》
普通→見た目が良ければ、しっかり回る。

打ち出してみるとかなり良い感じ。予想通り23回転/千円くらいはありそう。1回目の初当りは単発であっさり電サポ50回転を駆け抜けたものの、2度目の初当りは太くて堅いあれを何度も出し入れし13連! あっ! 牙狼剣の話ね(笑)。

そしてこの連チャン中に、筐体デバイスの牙狼剣のエンブレムが回ることをパチンコライターのクセに初めて知った……。

その後3度目の初当りもRUSHに突入し「大勝ち!」と浮かれていると、あっさり駆け抜ける……。キャバクラでもパチンコでも、調子に乗ると大抵ロクなことにならないという教訓も学んだ。

7日間の実戦を終えても探求は続く…

時間は16時過ぎ。次が遊タイムだった場合、通常時の消化に約6時間かかる。RUSHの消化時間を考えるとここがヤメ時となった。ちなみに虚心は「Pジューシーハニー3」からパチプラスをはじめたので、結果をパシャリ。

とりあえず、普段の稼動模様をお届けする7日間が終了。なんとか収支もプラスで終われて良かった……。

明日からは役モノ探索をはじめなきゃ。数軒チェックした際、気になった「Pスーパーコンビ」と「P天龍∞2」があったんだよなぁ。

実戦結果【7日目】

【7日目のTOTAL収支】
投資■4万5000円
回収■5万4600円(1万3679個)
収支■+9600円


そしてこの日は7日間の実戦を終えて、牡蠣のガーリックバター焼きで晩酌。皆さん、お付き合いありがとうございました!

ライター紹介

  • 虚心坦懐
    パチマガスロマガ専属ライター
    虚心坦懐
    限りなく漆黒に近いグレーパーソン。しかし、その知識は半端なものではなく、怪しい噂のある「攻略」は大抵知っている。アナログ系の役モノパチンコにも強い。ちなみに、真性のキャバクラ好きで、10割がキャバクラ攻略の話……らしい。まさに、攻略特化型なライター。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー