スロマガアベンジャーズ Phase2 ~ヘミニクside~

<4人目>ヘミニク視点をお届け!!

スロマガアベンジャーズ発足から早や3年。単発企画から始まり、誌面レギュラー、映像化、メンバーチェンジ、そして戦場だった誌面が休刊。色々あったけど、私たちまだ生きています。でも正直、スロマガアベンジャーズは誌面と一緒に消えるものだと思っていました。しかしまさかの生き残り。言うなれば一度死んだ命、ドーンと挑戦していきます。

常連さんが走る先にあったのは設定6でした

抽選を受け、店内に入店すると、私の五感に飛び込んできたのは 「全台系」の匂いだった。この直感に従うか、それとも無難に攻めるかという選択を迫られたが、私は直感を信じた。道しるべがあるのならばそれに沿って行くべきだろう。すぐさま立ち回りを全台系があるかもというムーブへシフトした。

まずは全台系狙いのセオリー通りに、少数設置かつペイアウトの低い機種から攻めてみる。しかしどうにもレスポンスが悪い。一旦席を立ちホールの状況を見て回っていたその時、事件は起きた。常連さんの一人が猛スピードでホール内を駆け巡っているのだ! 瞬間、私は理解した。恐らく何かの機種で高設定確定演出が出現して知り合いに伝えたのだろう。私はその常連さんを追った。そしてその先で見た物は、バジ絆2の設定6確定画面だった。

わっ! と一斉に抑えにかかる常連さんたち。設置6台のバジ絆2はあっという間に全埋まりとなり、私はというとギリギリで一台を確保することが出来た。さあ後はこのシマが全台系かどうかを判別するだけだ。

セオリー通りの立ち回りだった…と思う。バジ絆2からは他の台からも456確定が出ていたし、自分の台は青BCに思いっきり寄って設定3or5濃厚、全台系なら5である。しかし結果は大敗。正直、3か5で言ったらかなり3っぽい挙動だった。そしてバジ絆2は全台系ではないっぽいのだから始末に困る。

6確定、456確定、3or5濃厚台が存在するバジ絆2のシマ。私は全台系のフェイクシマと予想します! …いや、ホールの設定配分を予想する会じゃないんですけどね。勝たねば意味無し。

~個人戦績~

  • 投資金額 3万4000円
  • 獲得枚数 55枚
  • 収支   -3万3000円

~チーム戦績~

  • 総投資金額 12万9000円
  • 総獲得枚数 3378枚
  • 収支    -6万5000円

全台系に絡めたのは一人だけ

結果的にこの日全台系っぽい機種はひぐらしのなく頃にとサンダーⅤライトニング。ひぐらしは銀太郎が潜り込めたので何とか一矢報いたという感じでしょうか。サンダーに関しては、割と早い段階から常連さんで埋まってしまったので手も足も出なかった。ただ、バジ絆2のシマにピンの6と456があったことを確認出来たのは収穫。次回に活かします。

【今回のアベンジャーズの戦いはコチラから!】

<1st Battle> 銀太郎

<2nd Battle> ガンちゃん

<3rd Battle> くまちゃむ

<4th Battle> ヘミニク

<5th Battle> わるぺこ

(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion
[Music] Licensed by Aniplex Inc. Licensed by SACRA MUSIC
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT
(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
(P)KING RECORD CO.,LTD.,
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

ライター紹介

  • ヘミニク
    パチマガスロマガ専属ライター
    ヘミニク
    パチスロに対する豊富な知識量を誇り、高設定を狙って良し、ハイエナして良しの高いパチスロ力と高い文章力を兼ね備えるガチプロライター。先輩はもちろん、後輩からもイジられるキャラは愛されている証…? 後輩の面倒見もよく、企画「スロマガアベンジャーズ」では皆をまとめ、勝利へ導くキャプテンとして頼りにされている。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー