高設定は30分でわかる!? 設定1実戦&設定差分析【SLOT STEINS;GATE 設定156実戦】

高設定は30分でわかる!? 設定1実戦&設定差分析【SLOT STEINS;GATE 設定156実戦】

▶設定5実戦の模様はコチラ!◀

▶設定6実戦の模様はコチラ!◀

みなさんこんにちは。千奈里です!

今回実戦する「SLOT STEINS;GATE」は、ゲームはもちろんアニメとしても人気が高い作品が題材! いわゆるタイプリープものですが、物語の構成がよく、都市伝説ネタや他のアニメのネタが入っていたりなど、個人的にも好きな作品のひとつです! 

この台もシュタゲの世界観をうまく活かしているとのことで、失敗した出来事をやり直しできる魔眼(リーディング・シュタイナー)システムがどのように活かされているのか楽しみです!

 

※EHはイベントホライゾン・SRはSTEINS;ROAD・DZはダイバージェンスゾーンを表す

実戦開始して数十分で高設定との差をかなり感じています。周期到達が遅く、また周期到達後のCZ突入率も悪いような…。設定56が1~2周期目からガンガンCZに突入する中、私の初CZは4周期目の442G

しかしながら、初のCZは上位の「ダイバージェンスゾーン」! こちらは突入した時点でボーナス確定となり、メーターを1%以上に出来たら、上位ボーナスに昇格するのですが……昇格することもなく単発終了…。

気分を切り替えて実戦を続けましょう!

その後は初めのような大きなハマリはなく、ようやく500枚、1000枚以上の出玉を獲得することが出来ました

これはボーナス高確率であるSR中に強レア小役を引けたこと。また、魔眼システムをボーナス中に発動させストーリークリア出来たためでしょう。

魔眼システムはボーナス中やボーナス高確率中に発動させるのが出玉増加のカギですね。ちゃんと活かすことが出来ると楽しい!

この時点で差枚数は-500枚付近。ここから逆転目指して頑張りましょう!

と、気合を入れて打ち続けたものの、最後の最後に大ハマリ。さらにボーナス中に時間切れという結果に…。残念ながら-821枚での終了となりました。

【トータルデータ】
■総ゲーム数 4177G
■通常時ゲーム数 2783G
■CZ当選率 1/1/154.61(18回)
■ボーナス初当り 1/278.30(10回)
■差枚数 -821枚

というわけで、これで設定156のデータが全て揃いましたので、設定別のデータを振り返ってみましょう。

150pt到達時のCZ当選率

今回の実戦でかなり大きな設定差が表れた部分です。

設定1は当選率が約58%なのに対して、設定6は80%以上! いきなり2~3スルーするようなら設定6の可能性は低くなるかと思います。

CZ「イベントホライゾン」成功率

こちらは設定6実戦でガンちゃんも触れていた部分ですが、設定別の結果はご覧のとおりとなりました。

高設定は150pt到達時にCZに当選しやすく、またCZの突破率も優遇されている可能性が高そうです。だけど、設定6はちょっと出来過ぎかも!?

終了画面の振り分け

※サンプル 設定1…9件 設定5…16件 設定6…16件

設定2以上が確定するパターンは設定5で1件のみ確認。出現率はそれほど高くないようです。現状では奇数or偶数の示唆はまあまあ参考なるかもといった感じでしょうか。

さらなる詳細はパチマガスロマガモバイルにて!

というわけで、設定156実戦はここまでとなります。

新たな解析情報はパチマガスロマガモバイルの方で随時公開されるそうなので、是非そちらもチェックしてみてくださいね。ここまで読んでいただきありがとうございました!

最新の解析情報はパチマガスロマガモバイルにて公開中!!

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー