終日稼働で6000枚超! マイジャグV『こぜ6』データを大公開!!(角屋角成)

やったりました!

絶大な人気と稼働を誇った5号機マイジャグラーの後継機マイジャグラーⅤ。

終日稼働でなんと6000枚達成!!

6号機でもそのポテンシャルは健在でした。

まずはデータ履歴とトピックから、後半でデータの振り返りという構成になっています。

では、6号機ノーマルタイプの底力ご覧あれ!!

堅調な滑り出しの前半

投資200枚でREGを引き当て、そのまま順調に出玉を増やす。最初の1000Gで単独REGこそ2回だったが破格の14ペカリ(ボーナス合成1/71.4)とスタートダッシュに成功。

持論と言うか正直なとこジャグラーは立ち上がりが全て。立ち上がりが良ければ捨てないし、ここで大きくハマったら捨てる可能性も上がる。いくら根拠ありきで打ったところで立ち上がりが一番重要。前半ハマリに比べたら後半のハマリなんてかわいいもの。展開って大事。

4000G消化時点で3000枚オーバー

順調かと思った矢先に499Gハマリ。しかし、それを連チャンですぐに取り戻し、4000G消化でB24R16(合成1/100)と衰えを知らぬまま折り返す。これ7000枚とか目指せるやつですか?

半信半疑だったが、他にめぼしい台もないので、この辺から本格的に設定6を意識しはじめる。このペースでいけば6000枚も見える?

BIGは暴走しっぱなしだが…

6000G消化してBIGは38回(1/157.9)とぶっ壊れ気味で出玉も5000枚にタッチ。しかし、REGは22回(1/272.7)と少し設定6には足りない。

REGの内訳は

単独REG 15回(1/400.0)
チェリーREG 7回(1/857.1)

弱いと言うほどではないものの、5号機同様に最も設定差があると思われる部分が足りないのは若干の不安が残る。


この日はとにかくチェリーが大活躍。最終的なチェリー同時成立期待度は9.7%でした。

終わってみれば…

6000G~閉店までのデータは

■2681G
■BIG 9回(1/297.9)
■REG 21回(1/127.7)

一抹の不安を払拭するかのようなREG連打。最大17個の差があったBR比率は引き寄せられるように1:1に近付いていき、終わってみればREG確率も設定6を大きく上回る結果となりました。


このREGだらけの履歴でも出玉が増えた。

【最終データ】
■総ゲーム数…8681G
■BIG出現率…1/184.70(47回)
■REG出現率…1/201.88(43回)
■ボーナス合成…1/96.46(90回)
■投資…200枚

■獲得枚数…6008枚
■差枚数…+5888枚

■単独BIG…1/248.03(35回)
■単独REG…1/299.34(29回)
■チェリー+BIG…1/789.18(11回)
■チェリー+REG…1/620.07(14回)
■ブドウ…1/5.75(1508回)
■チェリー…1/33.52(259回)
※チェリーは同時成立含む

この日は設定6があると睨んで抽選から狙い台確保でした。おそらく設定6で大丈夫だったと思います。以下、実戦データ振り返りです。

ボーナス間ハマリで振り返る

これだけ光っていた中でキツい時間は果たしてあったのか。

ボーナス間の最大ハマリ…499G

300Gハマリは終日で4回、うち1回が499Gハマリ。ボーナス合成確率が1/96.4と甘デジみたいな当たり方でしたね。

前作のマイジャグラーよりも合成確率がアップしたので上ブレたときのボーナス確率は3桁を切ってくる。

BIG間の最大ハマリ…826G

この間にREGを6回引けていたのでBIG間のハマリをあまり気になることもなくクリア。5号機に比べてコイン持ちが良くなった分、REGさえ引けていれば出玉を維持できるのは精神的に楽ですね。

REG間の最大ハマリ…925G

これだけの確率で引けていても一日打てばBIGかREGが引けない時間は訪れます。今回の後半のREG連打みたいな展開もあるし、序盤はボーナスフラグの種類云々よりも、しっかりと光ってくれるかが重要になってきそう。

中盤からはREG確率や合成を気にしながら、シマ状況や根拠と相談。

迷いなく打ち切れた

今回はボーナスを理論値よりも14回多く引けるというヒキの強さ。今作のボーナス合成確率は1/114.6となり、前作の1/120.4よりも高くなっています。それよりも14回多く引けているので、それはもう光りっぱなしと言っても過言ではないくらいでしたね。

目立ったハマリもなく、ボーナスの偏りこそあるものの1000G単位だとしっかりやれている。迷うことなく打ち切ることができました。

はい、振っといてなんですがキツい時間はなしということで。

ブドウ確率で振り返る

今作はまだブドウ確率の数値は出ていません。個人的には設定差こそあるものの実用性には乏しいと考えています。

そもそも推測要素の少ないジャグラーの中で少しでも手がかりが欲しいという部分もありますが、ノイズになることの方が結果としては多くなってしまいそうです。

参考までに今回のブドウ100個(300個以降)ずつのラップを載せておきます。

8681G ブドウ1508個(1/5.75)

1/5.34 (300個まで)
1/6.24 (301~400個)
1/5.66 (401~500個)
1/5.59 (501~600個)
1/5.71 (601~700個)
1/6.42 (701~800個)
1/5.56 (801~900個)
1/6.01 (901~1000個)
1/5.51 (1001~1100個)

1/5.70 (1101~1200個)
1/5.31 (1201~1300個)
1/6.05 (1301~1400個)
1/6.35 (1401~1500個)

最終的に1/5.75に落ち着くまでにも紆余曲折ありました。ブドウ確率に関しては設定差こそあるものの、詳細数値が不明である。5号機マイジャグラーほどの設定差はなく低設定域でもそこそこ出現しやすいのではないか。この2点から、ブドウでの押し引きは現状難しいと考えています。

もしブドウ確率で押し引きをしてしまったら、間違って捨てたり、無駄に粘ったりが発生しそうな気がします。

正直なとこいっそカウントしないでボーナス確率や根拠とじっくり向き合う方が押し引きはしやすいかなと。

(※自分のカウントは推測のためというよりサンプルやネタとしての意味合いが大きいです)

6号機ジャグはこれからが狙い目

ここまで光るのは別の話ですが、ジャグラーシリーズは他の6号機と比べて5号機と遜色なく打てる部類だと思います。最近は夕方からの動きも良く、先行き不透明な6号機の中では確実に稼働を見込める数少ない台です。

年内に6号機ジャグラーがかなり甘めに使われる時期が確実に来るはずです。個人的には5号機撤去の2月以降“近隣店舗と差をつけたいタイミング”にジャグラーで還元するホールが増えると予想しています。

近所のホールの状況をチェックしつつ、甘くなるタイミングを見逃さずに攻めていきましょう!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー