大量負債の夕方から始まった18連で……!【Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱/パチンコ連続実戦②】

大量負債の夕方から始まった18連で……!【Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱/パチンコ連続実戦②】

1回きりの実戦でコレはハードル高すぎだろ……

この難易度……人でなしにはわからない! 逃亡願望生物メシUMAです。

待ち待った導入となりましたねえ、『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱』。もちろん私メシUMAもプライベート稼動では打つ気満々……でした。

「どうせ打つ気なら、参加しちゃいなよ?」……だってさ。仕事で打つのも、もちろん全然嬉しいんですけど……縛りキツくね!?

最上位RUSH『70億の絶唱FEVER』って、電チュー保留で
①小当り経由大当りの約0.6%を引く
②直撃大当りの約50%で良い方を引く

これだけ。正直無謀だとは思いますが……まぁ打つからには目指すとしましょう。


■実戦ルール

【1】実戦機種は『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱』!

【2】実戦時間は特に指定なし。収支も基本的には関係ナシ

【3】本機最大の連チャンモード『70億の絶唱FEVER』を出せ!

【4】誰か1人が『70億の絶唱FEVER』を引くまで……延々続きます(←マ?)

まずはハイライトの前に展開をざっくりと

実戦したのは導入初日。普段はぜっ~たい新台確保が容易なのに、この日は別。みんな顔に「シンフォギアァァァァ!!」って書いてるもん。(←完全に座りたいオーラを感じる……ってこと)

結局そんな状況なもんだから、朝イチは台確保失敗。それでも、12時くらいに空き台が1台出来て、運良く座れました。

そんな途中からシンフォギア3。

▲計9回当たってた▲
▲131回転目からスタート▲

ハイライトまでの結果をざっくりいうと……

【初当り①】通常時200回転(投資1万1500円)→単発
【初当り②】通常時181回転(再投資7500円)→単発
【初当り③】通常時269回転(再投資1万2000円)→単発

初当り3回目に1個だけ響パネル(赤)が出た以外、な~んにもチャンスアップはなし。今回、もしかしたら出づらい……?(←最後の方で考察しまーす)

【初当り④】通常時2回転(持ち玉)→8連(10R×4、4R×3、初当り6R×1)
【初当り⑤】通常時8回転(持ち玉)→2連(10R×1、初当り6R×1)
【初当り⑥】通常時293回転(持ち玉)→2連(4R×1、初当り6R×1)

▲初当り5回目まで▲
▲【初当り⑥】通常時293回転▲
▲そして2連……出玉数ショボw▲

この時点で投資は3万1000円で持ち玉は4000個を切るくらい。……夕方6時でこれは「持ち玉ノマれたらヤメ」でしょうなぁ……(´Д`)ハァ…

しかし、こんなこともあるからパチンコは最後まで分からない……ッ!

一撃18連で収支も目的も……!?

「あと1回引ければ良い方」な通常時64回転目。

【先読みチャンスモード】
白保留+響シルエットランプ(白)+原画カットイン前兆予告(←多分)

を皮切りに……

▲緑保留変化、響シルエットランプ(赤)に昇格▲

7図柄テンパイ「激アツ」アイコン→信頼度60%「アクシアの風リーチ」

で最後のチャンス、頂きました!(←7図柄揃いはシンフォギアチャンス黄金に直行)

▲だと思ってタヨ……▲

ところが本日は珍しく違った。大当りの一部の実質次回大当り濃厚パターンをここで掴んでいたみたい。

挙動としては前作と同じで「最後の残保留消化で右上のミニ図柄が止まらない→アクシアの風ステージに一瞬移行→ロゴ落下で告知」といった流れ。

こういうときは流石にその後……

▲「Vストック×2」が出たり……▲

選択キャラ「響」で確定バトルが出たりと、無双状態。

ちなみに、赤系予告やリーチ濃厚予告もなく最終変動で出たので、強い予告じゃなくても出る可能性はあるっぽいです。

そしてついに待望の直撃大当りがお出まし。

▲右上の6Rなのに出玉がショボいのに注目▲

「大当り直後に絶唱図柄変化」がなかった時点で、「Vを狙え」が出なければ直撃の6R濃厚……? 1番ヤレなきゃいけないところでコレかぁ……。

10R×10回、4R×6回、ヘソ・直撃6R×2回の18連!

一撃1万6740個で初打ちとしては出来過ぎなパターンで実戦終了となりました。(←時間が20時過ぎてたもんで……疲れてきた)

収支や連チャンには大満足も『70億の絶唱FEVER』は出せず。収支で勝ってルールに負けた……ってところですかね、コレ。


■実戦結果

総投資金額■3万1000円

出玉■2万25個

交換額■7万2000円

千円あたりの回転数■17.5回転

収支■+4万1000円

最終決戦「バトルタイプ」考察

さてさて。先読みチャンスモード、演出バランスなどなど……色々語りたいことはありますが、全部語りだしたら、恐ろしいほど長くなってしまう。(←書くのが面倒ってのもある)

なので、メシUMAは皆が1番力が入ると思う「最終決戦(バトルタイプ)」について、数値上だけでは分からないことを考察していきたいと思います。

①実戦上の突破時のパネルパターン

▲初当り4回目▲
▲初当り5回目▲
▲初当り6回目▲

【初当り4回目】
「どうせオールクリスを翼あたりが出てダメにするんだろうな……」と思っていたら、絶唱パネル。パネル昇格は発生せずこの形で、絶唱パネルのみ大当りでした。

【初当り5回目】
2つ目の響はパネル昇格、3つ目は最初から出てきた。2つ目のハズレ後にアダムのカラーカットのチャンスアップ→3つ目パネルの当落分岐時にレバブル発生で大当り。

【初当り6回目】
最後の響パネルで一切チャンスアップなしで突破。何もナシからでも当たることがあるのがシンフォギアの良さ!

……といったところ。ここまでからだと
・今までより「パネル昇格」は起きにくい印象
・最初のパネルパターンが期待薄だとダメなことが多い
・当たるときはアツいパネルが最初から出るケースが増えた!?

という印象。ちなみにですが、「ちゃんとオーバー入賞させていて、時間ギリギリに変化した場合はアツい」ってのは今回もありそう。隣の方がそのパネルで大当りしてました。

②テンパイ図柄

現段階で今作は「突破するときでも奇数テンパイはレア」な印象です。

【偶数図柄テンパイ】
基本パターン。数字ごとの差は現時点で不明ですが、ハズれるときも突破するときもメイン。

【奇数図柄テンパイ(3図柄以外)】
たま~にテンパイするものの、単独ではアテにならず。出現割合を考えると、信頼度アップとなるのは間違いないのでしょうが、大勢を影響するほどではない。

【3図柄テンパイ】
相当レア。自身では「絶唱パネルのテンパイ図柄」が3図柄でした。前作同様、高信頼度なのでしょう。

【7図柄テンパイ】
周囲でも見たことなし。虹パネルが今回もあるっぽいので、その時に出る?

チャンスアップ

前作にあったものを加味して、現状はこんなところ。

【実戦で出現したチャンスアップ】
・リーチハズレ後の「カラーのアダム」
・各パネルの演出開始時「レバブル」
・当落分岐前「勝機をこぼすな~」文字・赤

【前作であったが、現状未確認】
・保留入賞時の「レバブル」
・アクシアフラッシュ「赤以上」

「現状未確認」はまだ未見なだけで、ありそうなんですけどね……。ちなみに、新規パターンとして「保留入賞時にアクシアの風が発動」することもあるようです。(←流石に大当り濃厚でしょう)

チャンスアップなしでの突破も周りで複数確認していますが、基本は「1つはチャンスアップが欲しい」ところ。複合は今まで以上にレアな分、ハズしたくない!


『最終決戦』のように、個人的にはシンプルながらも奥深いってのは大好物。まだまだ打ち込んでみたい一台なのは間違いなかったです!

企画としてはまぁ……失敗なワケですが、自分は四天王(←?)の中でも最弱。後に続く人が誰か引くことでしょう! ……また順番回ってくるとか、ナイよね!?

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー