「RUSH3モード」はそれぞれに〇〇がある!【P真・一騎当千 AB(Actual Battle)】

「RUSH3モード」はそれぞれに〇〇がある!【P真・一騎当千 AB(Actual Battle)】

『7500』表示を出せば優勝!

▲ハスキーボイスライター「助六」▲

初打ちで直営動画実戦をしてから右打ち中の斬新なゲーム性にすっかり魅了されてしまった『P真・一騎当千』。初陣は負けてしまったので今回はリベンジマッチ!! 高すぎる頂とはわかっているけど、目指すはもちろん「一撃7500表示」を達成しての優勝!!

先読みチャンスモードが個人的にベスト

本機を楽しむ上で、まずチェックしたいのが通常時のモード選択

 

ノーマル・先読みチャンス・シンプル・プレミアアップの4種類があり、最も顕著に差がでるのが緑保留。

10%ないのは物足りないけど、シンプルで55%はさすがにやりすぎな気がする……ということで、助六的に最も気に入っていて緑保留も20%にアップする『先読みチャンスモード』を選択。

変動中に気軽に変更できる(コレ大事!)ので全モード試してみたけど、打ち手のニーズに合わせてくれる絶妙な3モードだと思う。

ちなみに実戦している人を8人分チェックしたら、全員「先読みチャンスorシンプルモード」にしていましたよ。今の時代はカスタム必須ってことでしょうかね。

そんな先読みチャンスモードでの実戦は……

というわけで先読みチャンスに設定した初スーパーは17回転目。

先読みなし、赤セリフのみでドラゴンチャレンジ(信頼度9%)に発展。初っ端から完全ハズレスーパーきちゃったなぁ……と無の感情で連打していたら赤までいって……えっ、成功しちゃったよ!?

完全に油断していたため写真はこれが精一杯w この意表をつきすぎる当たり方すごすぎない?

しかし、真・覇王チャレンジは失敗してファイナルバトルへ。1回転で1/3.64は引けないよなぁと思いつつ、チャンスアップの赤文字出現(40%)。でもそこまではアツくないから期待しすぎず見守っていると……

引き戻したぁーーーー!!

ラッシュ直撃(ヘソ入賞時63%)に漏れても、1回転のチャンスがあるのはホントありがたいね。金狼や怪盗だったら普通に通常に落ちてるところだっただけに得した気分♪

そんなわけで、わずか千円で真・覇王演義に突入!! まずは3種類ある中で「蜀モード」を選択。1回転ごとの期待度が最もわかりやすいし、残保留の推測もしやすいから個人的には一番面白い♪

すると、最初の5回転で期待できる関羽や趙雲の姿はなし。即抜け覚悟で絶望していたものの、4人目の孔明がまさかの赤パネル昇格(期待度80%)!!

関羽なし&オール緑パネル以下だと助六的にはかなり厳しいと思っているので、もうここにすべてをかけるしかないっ!

そして助六の期待をすべて背負った4回転目の孔明が……

見事に大当りをGET!! この瞬間たまらないね!! シンフォギアが好きな人には間違いなくこれがオススメ!!

そして次のチャレンジで、一度10Rを引いたものの今回は4連チャンで終了。

10R×2回で4連しかしてないのにこの出玉。やっぱり小当りで毎回150発出るのは、お得感があって出玉の底上げにかなり貢献してるなぁ。

というわけで再び打ち込んでいくと、76回転目で本日初の先読み発生。

というか、これがほぼ大当り濃厚の龍玉保留……!!(←カスタムなしでも信頼度98%以上!!)

これはもちろん当たって、今回は覇王チャレンジが……

また失敗かよっ!!

でもこの台はノーチャンスじゃない。そう、1回転で引き戻せば関係ない。

はい、というわけでまた1回転で引き戻しちゃいました。ヒキうまーい♪

冷静に書いていますが、自分が一番驚いていますw

この展開で負けるとか……流石に、ね!?

そして今回は主人公の孫策が活躍する「呉モード」を選択

このモードは5回転を1回の演出に凝縮したバトル。勝てばラウンド数も一発告知するタイプなんだけど、ここで7500とか出したらめちゃめちゃ気持ちよさそう♪

個人的には出玉表示一番面白そうなモードですかな。順調に勝利を重ね迎えた4連目。曹操に勝利して表示は1650発。小当り→10R大当りの保留2個で終わりかと思っていたら、ラウンド中にVチャンスを2回も取って本日最大となる一撃3470発獲得!!

結果的に今回の内訳は4個の保留を使って『小当り→10R→3R→10R』

大当りが何回転目だったかを推測しながら消化するというのは、他の機種にはなかった見せ方でマジで面白い。連チャンはこの直後に終わってしまいリザルト画面の更新は失敗。次だ次っ!


今度は少しハマること222回転目。先読みなしで突如、金セリフが発生。

でも先読みないし、この台の金セリフってそんなにアツくないんだよなぁ……とか思っていたら、普段ガセが目立つ蜀メンバーの消灯演出が発生。「あれ、これって成功すればアツいんじゃない!?」と思ったら成功して桃園の誓い演出(信頼度74%)が発生!!!

これが灼熱の不屈解放予告(信頼度93%)も引っ張ってきて大当り!!

さらに3回目にして、初めて覇王チャレンジ突破!!

演出はまだ選んでなかった「魏モード」を選択

このモードは曹操が開眼すれば大当りという一発告知系モードなんだけど、「熱い予告出ろ→開眼しろっ!」って願う流れと間がたまらないのよね。

これが6連まで伸びてリザルトは9080発を表示。トータル出玉も1万4753個まで増やしたところで実戦終了です。

投資■1000円

出玉■1万4753個

収支■+5万6000円(3.91円交換)

最大一撃出玉■9080pt

助六の「ここだけは伝えたい!」

通常時はカスタムすれば、先読みのガセが減って力の入れどころがわかりやすくなるし、今回の実戦中みたいになくても当該変動で突然アツくなって当たることもある

ガセに惑わされなくなりつつ、なくても当たるというバランスがマジで良かった。というわけで「先読みカスタムオススメ」です!!

右打ち中のシステム部分は色々な人が触れていると思うので割愛しますが、一見複雑に見えるスペック&ゲーム性を巧みに生かして、3つのモードでまったく異なるゲーム性と見せ方を実現しているのがマジで秀逸!!

何も知らないで打てば、スペックが違うように錯覚させられるデキ。打ったことない方は、ぜひ頑張ってRUSHに入れてこの作りこまれたゲーム性を体験してほしいなと思いました。

いつか動画やTwitterで「一撃7500発画像」を撮ってバズらせることを目標に打ち込みますっ!!

P真・一騎当千関連記事

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー