【ニューゲッターマウス】通常時の1枚役奪取でさらに甘くなる! 【オール設定実戦×設定2】

【ニューゲッターマウス】通常時の1枚役奪取でさらに甘くなる! 【オール設定実戦×設定2】

▶設定6実戦の模様はコチラ◀

▶設定5実戦の模様はコチラ◀

 

夏の暑さに負けぬよう、日々筋トレを行っている男・菊丸です。

年々、身体は衰える一方ですからねぇ…。さて、今回実戦するのは5号機時代に破格なボーナス確率で話題になったゲッターマウスの後継機・ニューゲッターマウス。前作は知らない世代にも楽しめる「中押し」が流行りましたねぇ。

あの手順の作成に貢献できたことや、公式でも変則押しが推されていたことはライター冥利に尽きます! 今作ではチェリーに同時成立があるなど変更点はありますが、ノーマル機好きとして長く楽しんでいきたいものです。

すでに公開された設定5・6のデータを見て、ホール実戦への準備が整っていることかと思います。けど、忘れちゃいけません。この設定2がいかにクセ者かということを! このニューゲッターに限らず、ノーマル機を打った際に「結果、低設定でした~」なんて経験はいっぱいありましたよね? 得た高設定挙動を活かすためには、低設定も知ってこそです!

 

※実戦データ内の1枚役Cは「オレンジ・オレンジ・赤7」、1枚役Dは「スイカ・ネズミ・BAR」を表す

数百ゲームとはいえ、設定6を意識してしまう当りっぷり。厄介さが伝ってきますねぇ。よほど極端な展開とならない限りは短時間での判断はムリでしょう。

同じ偶数設定なのでREG中のサブロー示唆も似たような数値になりそうですし。序盤はガマン!

レバーでジロー点灯のアツさは健在!

ハマリが目立ってきたのもあって設定6ではないと感じられました。合成1/99.9はやっぱ別格。横で実戦していた天香は常に当たっている感じでしたし、設定6以外があの確率をキープし続けるのは難しいでしょう。

都市伝説級になりそうですが、設定6はボーナスだけでも判断できちゃいそうなレベル。でも、まだ設定5の可能性が感じられますね。さすが、クセ者!

REGがパンクした時は1枚役を取得した方が枚数的にはお得。と、1回だけ取得。

ところが、ハズすことで設定の示唆率がアップするメリットもあると実戦後に判明するという…。どちらを選ぶかは状況に応じて判断していきましょう。ちなみに、REG中の1枚役は高設定の方が出現しやすいって話ですよ! それにしても、獲得枚数が29枚っていうのはヒドくない?

■総ゲーム数…3120G
■ネズミBIG…1/624.00(5回)
■赤7BIG…1/520.00(6回)
■BIG合成…1/283.64(11回)
■REG…1/183.53(17回)
■ボーナス合成…1/111.43(28回)

■差枚数…-33枚

【通常時の推測要素】
■オレンジ合成…1/10.06(310回)
■チェリー…1/13.00(240回)
■スイカ…1/63.67(49回)
■「GET告知」…出現せず
■「666告知」…出現せず

【BIG中の推測要素】
■BIG中斜めオレンジ…1/10.04(23/231)
■終了画面葉月ちゃん…出現せず(0/11)

【REG中の推測要素】
■REG中1枚役…1/4.74(31回)

■REG中のサブロー示唆率…30.00%(9/30)

ボーナス合成の高さから設定5と言われても納得できちゃう結果。やはり、一筋縄ではいかなかったですね。空き台となっていたら座りたくなっちゃいますもん。

ただ、小役は正直! 特にオレンジやスイカが良くない。履歴での判断が難しいだけにカウントは必須と言えるでしょう。この原稿を書いている時点では不明ですが、きっとユニメモで対処できると信じています! なお、斜めオレンジや1枚役確率などは設定5や6と比較して参考にしましょう。ちなみに推測ツールの結果はコチラ。

そして、ほぼプラマイ0で終われたのは1枚役取得の多さ。ボーナス確率が高い上に当選契機の大半が同時成立。それだけに、取得することでペイアウトへの貢献はそれなりにあると思いますよ。

実戦上ですが順・中押しでの取得手順をモバイルサイトにて公開しているのでチェックしてみて下さい。

本機の持つアマさを活かしつつ、設定5・6を目指していきましょう!

ニューゲッターマウスの最新攻略情報はパチマガスロマガモバイルをチェック!!

ニューゲッターマウス関連記事

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー